> 検察の検索結果

検察 の検索結果

ニュース
検察ナンバー2が政界捜査を阻む!?

検察の権力闘争激化!――政界のウミ【大樹事件】捜査を阻むナンバー2

―― 2017年、細野豪志元環境相が、JC証券より資金提供を受けたことが問題となった。その背景には政財界に太いパイプを持つ大樹総研の存在があり、検察による捜査が進んでいるという。だが、検察ナンバー2の実力者...

検察の権力闘争激化!――政界のウミ【大樹事件】捜査を阻むナンバー2
ニュース
詐欺事件、留学生失踪、圧力電話……

疑惑のデパートなるか?――秋元司・内閣副大臣と「夜の業界」 危険な関係

―― 長梅雨が明け、蒸し暑い夏が戻ってきたある日の夜。都心の片隅で、生ビールをあおりながら至極ご満悦な50代の男性が目撃された。日頃、世間に姿を見せることのないこの人物。司法記者クラブに所属する事件記者たち...

疑惑のデパートなるか?――秋元司・内閣副大臣と「夜の業界」 危険な関係
ニュース
【premium限定ニュース】

誤送信されたマニュアル……家宅捜索のノバルティス「家宅捜索対応」の実態

―― 「会社の方針として、ずっと検察の捜査が入った事実を認めないでいくのかなど、後で今後のことについてご相談したいと思います」 「会社の方針として、ずっと検察の捜査が入った事実を認めないでいくのかなど、後で...

誤送信されたマニュアル……家宅捜索のノバルティス「家宅捜索対応」の実態
第1特集
4年ぶりのシャバを『ヤクザと原発』の鈴木智彦が聞く

"闇社会の守護神"田中森一、仮出所――「許永中を裏切るわけにはいかなかった」

―― 許永中や山口組大幹部ら、日本の裏社会を牛耳る人々との交際が厚かった元弁護士・田中森一が、12年11月に仮出所を果たした。自伝『反転』でも記された通り、裏社会の人間たちと相通じてきた田中は、4年の間に様...

ニュース
「小沢憎し」で、もう後には引けなくなった!?

“無罪”の小沢一郎を叩き続ける新聞社と検察のふしだらな関係

―― 沢一郎はなぜ、新聞各社に叩かれるのだろうか。「結論はシロだが、『潔白』ではなく『灰色』という司法判断だろう」(読売新聞)「証人喚問に応じ、説明責任を果たすべき。このまま政治的に復権することは許されない...

“無罪”の小沢一郎を叩き続ける新聞社と検察のふしだらな関係
ニュース
ここでも揺れた検察の地位──

気鋭の法学者・河合幹雄が語る「東電OL事件 DNA再鑑定 その裏にキケンな思惑」

――  1997年に東京電力の女性社員が殺害された、いわゆる「東電OL殺人事件」。その...

気鋭の法学者・河合幹雄が語る「東電OL事件 DNA再鑑定 その裏にキケンな思惑」
第1特集
賢人が薦める"業界タブー"を破った本【4】

元検事・郷原信郎が選ぶ「検察」の真実がわかる本──検察問題は繰り返されるのか? 最強捜査機関を蝕む組織の悪癖

―― (写真/磯部昭子 A/M)  まずは日本に2年間滞在したアメリカ人研究者が、日本...

元検事・郷原信郎が選ぶ「検察」の真実がわかる本──検察問題は繰り返されるのか? 最強捜査機関を蝕む組織の悪癖
ニュース
定年退職者が検事長に就任!

検事総長辞任で特捜は延命!? 民主に媚びだす検察の醜態

――  昨年、この国を揺るがせた重大スキャンダルといえば、厚生労働省元局長の村木厚子さ...

検事総長辞任で特捜は延命!? 民主に媚びだす検察の醜態
第1特集
名物編集長が教える"ウチのタブー記事"【1】

「週刊朝日」山口一臣編集長──タブー破りの"検事実名報道"で「週刊現代」にも怒られた!?

―― ──雑誌不況にあっても、いや、雑誌不況であればこそ、どの雑誌も、読者獲得のために...

「週刊朝日」山口一臣編集長──タブー破りの
第1特集
最高検とメディアの"不適切な関係"【2】

「東大・京大 vs 早稲田・慶応」がこんなところにも! 検察内部の醜い権力争いの歴史

―― ──どんな組織も内部に「権力闘争」を抱えているものだが、検察のそれは特にエグい。...

「東大・京大 vs 早稲田・慶応」がこんなところにも! 検察内部の醜い権力争いの歴史
第1特集
最高検とメディアの"不適切な関係"【1】

不適切な構図と問題は「調活費」!  FD改ざん事件は「検察不信」へのガス抜きだ!!

―― ──メディアはもちろん、総理大臣をはじめとする時の権力者でさえ恐れる日本最強の捜...

不適切な構図と問題は「調活費」!  FD改ざん事件は「検察不信」へのガス抜きだ!!
ニュース
捜査機関の内ゲバが検察崩壊を招く

尖閣問題のスケープゴート!? 大阪地検FD改ざん事件の真相

――  大阪地検特捜部主任検事によるフロッピーディスク(FD)改ざん事件は、発覚からわ...

尖閣問題のスケープゴート!? 大阪地検FD改ざん事件の真相
ニュース
話題の中心独り締め! 時事ネタ知数レベルアップ案内

動機は日本を守るため!? 国策捜査にデータ改ざん、失墜する検察の正義

―― ──「日刊サイゾー」で話題のあの記事をただ読む以上に、さらなる知識を知りたいそん...

動機は日本を守るため!? 国策捜査にデータ改ざん、失墜する検察の正義
ニュース
小沢疑獄は終焉するのか?

検察に"勝利"した 小沢民主党 決め手は「女性スキャンダル」!?

――  昨年3月の公設秘書電撃逮捕から1年。民主党の最高実力者・小沢一郎幹事長の立件...

検察に
ニュース
「検察リーク」に女性記者が暗躍!?

当局も頭を悩ますリーク問題"女性"を武器にする記者たち

――  民主党の小沢一郎幹事長を集中捜査していた検察当局をめぐり、取りざたされた「リ...

当局も頭を悩ますリーク問題
ニュース
終わらない「天皇陛下の政治利用」発言問題

検察を激怒させた小沢の一言 リーク元特定で民主も反撃へ

―― 「ここまで検察が本気だったとは……」。全国紙の司法担当デスクは、あの逮捕劇を目...

検察を激怒させた小沢の一言 リーク元特定で民主も反撃へ
ニュース
特捜、警察、公取......彼らは権力の手足なのか?

国策捜査の闇【後編】政府の意を汲み、標的を狙う!? 「坊ちゃん権力」化した捜査機関

―― 【中編】はこちら ──これまでの鈴木宗男氏と青木理氏との対談からわかるように、も...

国策捜査の闇【後編】政府の意を汲み、標的を狙う!? 「坊ちゃん権力」化した捜査機関
ニュース
〈緊急対談〉 いま検察と政治に何が起こっているのか?

国策捜査の闇【前編】 鈴木宗男[新党「大地」]×青木理[ジャーナリスト]

―― ──「国策捜査」と聞いて真っ先に思い浮かぶのは、やはり2002年に鈴木宗男氏と...

国策捜査の闇【前編】  鈴木宗男[新党「大地」]×青木理[ジャーナリスト]
ニュース
鈴木宗男氏の疑惑をあらためて解説

国策捜査の闇【中編】「ムネオ事件」とはなんだったのか?

―― 【前編】はこちら  北海道・沖縄開発庁長官や内閣官房副長官などを歴任した鈴木宗男...

国策捜査の闇【中編】「ムネオ事件」とはなんだったのか?
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー
    • 暴力団だけじゃない【反社】の定義
    • 【山口組分裂】報道の最前線
    • 【嵐】休止後の芸能界にタブーはあるか?
    • 本当の【氷川きよし】論
    • 【社会学者】きーちゃんを苦しめる疑惑フォーマット
    • 【湯山玲子】ミサンドリー時代に合った戦略
    • 【音楽学者】芸能の性別越境を回復する存在に
    • 【丸屋九兵衛】ヒップホップときよしの交差点
    • 【ANARCHY】初期衝動を落とし込んだ映画
    • 【SEEDA】ラッパーの禁忌な生き様を描く
    • 世界の過激な【保守派リーダー】
    • 【元芸人】が政治の世界に進出するワケ
    • 【アナ雪】ステマ問題ほんとの戦犯
    • 時代を先取りする【新・麻薬王】の肖像
    • 【医療観察法】の知られざる実態

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』