サイゾーpremium  > ニュース  > 社会  > 【秋元司】内閣副大臣と「夜の業界」 の関係
ニュース
詐欺事件、留学生失踪、圧力電話……

疑惑のデパートなるか?――秋元司・内閣副大臣と「夜の業界」 危険な関係

+お気に入りに追加

自民党議員の裏で新たな疑獄の火種

「週刊文春」(4月25日号)において、今年2月に発覚した東レの巨額不正取引事件に関する続報が誌面を賑わせた。自民党の秋元司衆議院議員が、この不正取引きに関与しているというのだ。この秋元議員、特捜部は別事件への関与も捜査しているとし、“疑惑のデパート”と一部では囁かれている。

疑惑のデパートなるか?――秋元司・内閣副大臣と「夜の業界」 危険な関係の画像1
日本ナイトクラブ協会のHP。

 長梅雨が明け、蒸し暑い夏が戻ってきたある日の夜。都心の片隅で、生ビールをあおりながら至極ご満悦な50代の男性が目撃された。日頃、世間に姿を見せることのないこの人物。司法記者クラブに所属する事件記者たちが徹底的にマークしているという。民放の司法記者が口を開く。

「東京地検特捜部長の森本宏さんです。7月の人事異動で、地方検察庁の検事正【1】に異動になるのではないかと臆測を呼びましたが、人事は先送り。少しホッとしたのか、リラックスしたかったのでしょう。年明けまで特捜部長、続投になりましたから」

 森本氏といえば、一昨年の着任早々から、スーパーゼネコンによるリニア新幹線談合の摘発をはじめ、東京医大の裏口入学をめぐる文部科学省首脳の汚職事件、そして日産ゴーン会長特別背任事件と、超弩級の事件を次々と手がけてきた人物として知られている。

 これを手柄に、検事正へご栄転してもおかしくないはずだが、森本氏本人の胸中は違うようだ。前出の司法記者が続ける。

「森本さんには、やり残したことがある。それは、政界ルートです。在任中にバッジをひとりでも挙げたい。それが彼の本音なんです」

 こうした中、現在司法記者たちの間で注目されている政治家がいる。政界屈指のスキャンダルにまみれている“疑惑のデパート”こと、自民党衆院議員の秋元司・内閣副大臣【2】だ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』