サイゾーpremium  > ニュース  > 社会  > 国策捜査の闇【後編】政府の意を汲み、標的...
ニュース
特捜、警察、公取......彼らは権力の手足なのか?

国策捜査の闇【後編】政府の意を汲み、標的を狙う!? 「坊ちゃん権力」化した捜査機関

+お気に入りに追加

【中編】はこちら

──これまでの鈴木宗男氏と青木理氏との対談からわかるように、もはや特捜検察が「正義の最後の砦」などではないことは自明であろう。しかし、このような状況は何も検察ばかりではない。警察などの捜査機関も似たような側面があるという。そこで、これまでに起こった具体的な事件を取り上げて、その裏に見え隠れする"歪んだ捜査"を明らかにする。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ