サイゾーpremium  > 特集  > 「東大・京大 vs 早稲田・慶応」がこん...

──どんな組織も内部に「権力闘争」を抱えているものだが、検察のそれは特にエグい。ヤクザ顔負けのヤルかヤラれるかの仁義なき戦いの構図とは──。

1012_cover_kensatsu2.jpg
検察庁の公式HPより。

【法務・検察主流派vs捜査派】

 これは、内部抗争の主要なケースだ。本文でも紹介されているように、99年の則定衛東京高検検事長スキャンダルが噴き出したのは、当時イケイケで鳴らした熊崎勝彦東京地検特捜部長が任期半ばで富山地検検事正に飛ばされるなど、捜査派の解体人事が強行されたことへの意趣返しだったといわれる。

「熊崎特捜部が切り込んだのは、旧大蔵省や日銀、旧防衛庁といった霞が関の聖域。法務官僚経験の長い則定さんの元には数多くの苦情が寄せられ、同じ官僚として捜査派を野放しにすることはできなかった」と法務省関係者。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』