サイゾーpremium  > ニュース  > 社会  > 国策捜査の闇【中編】「ムネオ事件」とはな...
ニュース
鈴木宗男氏の疑惑をあらためて解説

国策捜査の闇【中編】「ムネオ事件」とはなんだったのか?

+お気に入りに追加

【前編】はこちら

 北海道・沖縄開発庁長官や内閣官房副長官などを歴任した鈴木宗男氏は、自民党の実力者として政界で影響力を強めていたが、2002年、北方4島支援事業などをめぐる建設業者との癒着といった疑惑が浮上すると、東京地検特捜部の捜査が始まった。背景には、叩き上げの政治家として強烈な存在感を誇示していた鈴木氏が、小泉内閣が推し進めた「構造改革路線」の下で「旧来型の利権政治家」のレッテルを貼られ、世論の逆風にさらされていたことがあった。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

間違いだらけの10代ビジネス

間違いだらけの10代ビジネス

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ