> 村上春樹の検索結果

村上春樹 の検索結果

第1特集
マラソン好き【村上春樹】の耐えられない軽さ

「小説を書くことは、フル・マラソンを走るのに似ている」――巨匠・村上春樹とマラソン、その“むずがゆさ”を読解!

―― 2007年に発売された村上春樹のエッセイ『走ることについて語るときに僕の語ること』が、なんだか村上春樹すぎてどうにもこうにもムズがゆい。その名言の数々を、他の芸能人ランナーとの言葉になぞらえて勝手に分...

「小説を書くことは、フル・マラソンを走るのに似ている」――巨匠・村上春樹とマラソン、その“むずがゆさ”を読解!
連載
【最終回】サイゾー×プラネッツ『月刊カルチャー時評』VOL.58

『騎士団長殺し』――「論外」と評した『多崎つくる』から4年、コピペ小説家と化した村上春樹を批評する言葉は最早ない!

―― 2月24日の発売日には、またもや書店やメディアがお祭り騒ぎとなった村上春樹の4年ぶりの長編小説。だが、果たしてそこにあったのは、もはや顔を失い、読者も見失った、悲しき小説でしかなかった──。本連載最終...

『騎士団長殺し』――「論外」と評した『多崎つくる』から4年、コピペ小説家と化した村上春樹を批評する言葉は最早ない!
連載
フィクションで解剖――オトメゴコロ乱読修行【20】

【『ノルウェイの森』】村上春樹が「やれやれ」ぼやく文化系の股間を熱くする文学的な男女交際の末路

―― ここ数年、秋の風物詩といえば、村上春樹の「ノーベル文学賞とるとる詐欺」だが、今年も安定のスルー。そんな村上作品を1冊だけ読んでハルキストを気取りたいなら、とりあえず『ノルウェイの森』で間違いなかろう。...

【『ノルウェイの森』】村上春樹が「やれやれ」ぼやく文化系の股間を熱くする文学的な男女交際の末路
連載
サイゾー×プラネッツ『月刊カルチャー時評』VOL.26

『女のいない男たち』焼き直しのモチーフと繰り返される言い訳──村上春樹と日本文学の限界

―― 社会現象となった『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』から1年、村上春樹の9年ぶりとなる短編集が刊行された。書きおろし長編ほどは話題にならないが、ここには、近年の村上春樹が抱える問題と、残された...

『女のいない男たち』焼き直しのモチーフと繰り返される言い訳──村上春樹と日本文学の限界
第2特集
村上春樹"100万部超"の作り方【10】

【阿部真美子】多崎つくるは小田急電鉄に勤務?『電車でGO!』監修者が読むマニア度

―― “多崎つくるが何よりも好きなのは鉄道駅を眺めることだった”──。鉄道会社に勤務し、小さい頃から大好きだった駅を設計する部署に籍を置く主人公に、大ヒットゲーム『電車でGO!』の監修者が肉薄する!!!

【阿部真美子】多崎つくるは小田急電鉄に勤務?『電車でGO!』監修者が読むマニア度
第2特集
村上春樹"100万部超"の作り方【9】

【岩波 明】一貫して変わらない「サヨク的感性」と「自然志向」の裏にある春樹の空虚さ

―― 最新著作『精神科医が読み解く名作の中の病』(新潮社)において、数々の名作小説の登場人物を、臨床に携わる精神科医の立場から分析してみせた岩波明氏。国内外の多くの文学作品にも親しんできた氏は、話題沸騰の春...

【岩波 明】一貫して変わらない「サヨク的感性」と「自然志向」の裏にある春樹の空虚さ
第2特集
村上春樹"100万部超"の作り方【8】

【荻上チキ】村上春樹の小説を読む、というのは「なぜ春樹が選ばれるか」考えること

―― 政治経済に社会問題からサブカルまで、幅広く論じる批評家・荻上チキ。本誌でもおなじみの同氏は、新刊『多崎つくる』をどう読んだのか? 少々珍しく、小説について語ってもらった。村上春樹の小説は全部読んでい...

【荻上チキ】村上春樹の小説を読む、というのは「なぜ春樹が選ばれるか」考えること
第2特集
村上春樹"100万部超"の作り方【7】

【谷 一歩】「液体のような私を受け止めてほしい」春樹にインスパイアされた”谷コミューン”

―― 村上春樹さんの作品を初めて読んだのは、高校2年生の時。友達に勧められて『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』を読んで、ものすごく衝撃を受けました。そこには私が長年ぼんやりと抱えていた”欠落感”...

【谷 一歩】「液体のような私を受け止めてほしい」春樹にインスパイアされた”谷コミューン”
第2特集
村上春樹"100万部超"の作り方【6】

【上祐史浩】『多崎つくる』は仏教のありふれたパロディ ”透明”という色が”最強”な時代とは?

―― 今作の最終章にて、”地下鉄サリン事件の悪夢”を主人公つくるが回想する。『アンダーグラウンド』や『約束された場所で─underground 2』という、オウム事件についてのノンフィクションを手がけた村上...

【上祐史浩】『多崎つくる』は仏教のありふれたパロディ ”透明”という色が”最強”な時代とは?
第2特集
村上春樹"100万部超"の作り方【5】

ポルノレビューから等身大グラビアまで 春樹”巨匠化”以前のトホホなお仕事

―― 87年発表の『ノルウェイの森』で巨匠となる以前の春樹は、出たがり出したがりでヘンなポーズのグラビアも全然オッケーだった !?特に日本のメディアには滅多に登場しなくなった今ではすっかり忘れ去られている、...

ポルノレビューから等身大グラビアまで 春樹”巨匠化”以前のトホホなお仕事
第2特集
村上春樹"100万部超"の作り方【4】

一番ヤバい書評は東京新聞でキマり! 『多崎つくる』書評ラッシュを斜めに読む!

―― 前特集まで見てきた通り、圧倒的な人気を見せつけた村上春樹の新刊フィーバー。こうして特集を組んでいる小誌も例外ではないが(苦笑)、各種メディアもその勢いに群がっている。ここでは、紙メディアが取り組んだ、...

一番ヤバい書評は東京新聞でキマり! 『多崎つくる』書評ラッシュを斜めに読む!
第2特集
村上春樹"100万部超"の作り方【3】

『多崎つくる~』の実売は6割程度? 下は3万部、上は140万部!村上春樹作品のホントの”売上冊数”

―― 早くもミリオン到達!」と報じられた村上春樹の最新作だが、大手書店や取次のデータを見ると、実際に”売れた”部数はまだ60万部弱。”バカ売れ”と言われる彼の作品が、実際にどのくらい売れているのか、客観的な...

『多崎つくる~』の実売は6割程度?  下は3万部、上は140万部!村上春樹作品のホントの”売上冊数”
第2特集
村上春樹"100万部超"の作り方【2】

「ボーナスがチョット増えただけです(涙)」 ミリオンセラー編集者の悲喜こもごも

―― 書籍編集者の夢のひとつともいえる100万部超えの”ミリオンセラー”。会社や著者には多額の利益や印税がもたらされるが、こうしたメガヒットを裏で支えた編集者にはどのように還元されるのだろうか? その実情...

「ボーナスがチョット増えただけです(涙)」 ミリオンセラー編集者の悲喜こもごも
第2特集
村上春樹"100万部超"の作り方【1】

作られたミリオンセラー村上春樹狂騒曲

―― 4月、村上春樹の新刊『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』が発売され、各メディアがその熱狂ぶりをこぞって報道した。一体なぜ、これほどまでに村上春樹の作品は売れるのか? 遅ればせながら本誌もこのフ...

作られたミリオンセラー村上春樹狂騒曲
連載
サイゾー×プラネッツ『月刊カルチャー時評』VOL.13

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』──「論外」「これはまずい」村上春樹新刊に何ひとつ褒めるところナシ

―― 4月12日、今や日本を代表する大作家である村上春樹の新刊が発売された。わずか1週間で 100万部を突破し、それ以後のメディアや一部読者の狂騒ぶりは前ページまででもお伝えしてきた通りだ。だがしかし、皆が...

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』──「論外」「これはまずい」村上春樹新刊に何ひとつ褒めるところナシ
第1特集
村上春樹3年ぶりの新刊の中身

ラブストーリーってホント? 緘口令で情報管理!? 村上春樹新刊の"中身"

―― 2月16日、あの村上春樹氏の新刊が発売されることが、文藝春秋より発表された。小説なのか? 初版はいきなり数十万部なのか? ノーベル賞級大作家の新刊とあって、色めき立つ出版業界に書店業界。

ラブストーリーってホント? 緘口令で情報管理!? 村上春樹新刊の
第1特集
タブー破りの文壇本

【文壇端っこ対談】渡部直己×小谷野敦 日本文学はすでに死に体なのか!?

―― ──一般的にタブーとされている事柄、たとえば大企業の裏側や天皇制に触れた気骨ある...

【文壇端っこ対談】渡部直己×小谷野敦 日本文学はすでに死に体なのか!?
連載
宇野常寛の批評のブルーオーシャン 第16回

『リトル・ピープルの時代』

―― ──既得権益がはびこり、レッドオーシャンが広がる批評界よ、さようなら!ジェノサイ...

『リトル・ピープルの時代』
連載
ステキな「古典新訳」の見つけ方【1】

論争の火種か文学の進化か──村上春樹も参入! 古典新訳ブームの正しい"味わい方"

―― ──『星の王子さま』『カラマーゾフの兄弟』『ライ麦畑でつかまえて』──2000年...

論争の火種か文学の進化か──村上春樹も参入! 古典新訳ブームの正しい
連載
CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評第9回──【MOVIE編】

フジ+アスミック・エース×東宝 そして村上春樹×トラン・アン・ユン、ハイブリッド陣営による邦画の可能性

―― 「CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評」とは? 本誌連載陣でもある批評家...

フジ+アスミック・エース×東宝 そして村上春樹×トラン・アン・ユン、ハイブリッド陣営による邦画の可能性
連載
CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評第2回──NOVEL編

『1Q84』をめぐる考察は続く──なぜ"1984"であったのか?

―― ──"ベストセラー"のハードルが下がる小説界に残された小さな希望......そん...

『1Q84』をめぐる考察は続く──なぜ
第2特集
当事者が語るオウム事件の真相【1】

インタビュー集『オウムを生きて』の編者、特別寄稿「麻原を信仰した者は"加害者なのか"」

―― アーレフ公式HPより  日本中を震撼させた地下鉄サリン事件から15年。被害者が今...

インタビュー集『オウムを生きて』の編者、特別寄稿「麻原を信仰した者は
第1特集
嫌いだからこそわかる「村上春樹」の正しい読み方【3】

文芸評論家、渡部直己と小谷野敦に直撃! 「私が村上春樹を嫌うワケ」

―― ――かねてから春樹に対する苦言を呈してきた文芸評論家の渡部直己と小谷野敦。両氏に...

文芸評論家、渡部直己と小谷野敦に直撃! 「私が村上春樹を嫌うワケ」
第1特集
嫌いだからこそわかる「村上春樹」の正しい読み方【2】

有名編集者への憎悪、怒り、怨念......原稿流出騒動から垣間見える「春樹の暗部」

――  06年3月、村上春樹は『文藝春秋』4月号に「ある編集者の生と死〜安原顯氏のこと...

有名編集者への憎悪、怒り、怨念......原稿流出騒動から垣間見える「春樹の暗部」
第1特集
"ノーベル文学賞に最も近い作家"に対するプロたちからの痛烈な批判

嫌いだからこそわかる「村上春樹」の正しい読み方【1】

―― ――『1Q84』が早くもミリオンを突破した村上春樹。しかし、完璧な絶望が存在し...

嫌いだからこそわかる「村上春樹」の正しい読み方【1】
サイゾープレミア

2017年5月号

学校では習わない"日本のキリスト教"史

学校では習わない

姫乃たまグラビアと「アイドル限界説」

姫乃たまグラビアと「アイドル限界説」
    • 連続解散に見る【アイドル】の限界
    • 【里咲りさ】が語るグループの終わり方
    • 【姫乃たま】が語るアイドル3年周期説