>   >   > 町山智浩の「映画がわかるアメリカがわかる」第125回/『サバービコン 仮面を被った街』
連載
町山智浩の「映画がわかるアメリカがわかる」第125回

『サバービコン 仮面を被った街』――トランプが掲げるグレートなアメリカは誰のためのものか?

+お気に入りに追加

『サバービコン 仮面を被った街』

1805_P165_200.jpg

1950年代のアメリカで、実際に起こった事件をモチーフに製作された、ジョージ・クルーニー監督最新作。白人限定を謳い話題となった、閑静な住宅街の一家に強盗が押し入り、母親が惨殺された。不審に思った息子ニッキーは父親を疑い、街で唯一の黒人一家を中心に事態は思わぬ方向へ向かう――。
監督/ジョージ・クルーニー、出演/マット・デイモン ジュリアン・ムーアほか。5月4日全国公開。


 1959年、サバービコンという名のニュータウンの建売住宅に住む少年ニッキー・ロッジ。父は優秀なサラリーマン(マット・デイモン)。母(ジュリアン・ムーア)は体が不自由で、同居する双子の姉マーガレットが世話をしている。そのロッジ家がある晩、2人組の強盗に襲われ、母は惨殺される。

 ところが、ニッキーは次第に気づく。父がマーガレットとデキてしまったので、邪魔になった母を、殺し屋を雇って殺させたのではないか、と。

 映画『サバービコン 仮面を被った街』は、『ノーカントリー』のコーエン兄弟が80年代に書いたシナリオで、普通の気弱な男が殺し屋を雇うというプロットは、コーエン兄弟の監督デビュー作『ブラッド・シンプル』や『ファーゴ』と共通する。当初、ジョージ・クルーニーが出演する予定だったが、コーエン兄弟がこの映画を監督するのを辞めたため、クルーニー自らが監督することになった。

 ただ、『サバービコン』には、もうひとつのプロットがある。ロッジ家の隣にマイヤーズという一家が引っ越してくる。彼らを見て住民たちは驚く。黒人の家族だったからだ。サバービコンのセールスポイントは「白人だけの街」だった。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年6月号

オトナの写真学

オトナの写真学

忍野さら"暗室"グラビア

忍野さら
    • 【忍野さら】の危険な部分にレンズが迫る

インタビュー

連載

    • 【日向カリーナ】筑前煮が好きなんです。
    • 【優木まおみ】アイドルから教わる初心
    • 【原あや香】モグラ女子の謎の習慣
    • パラリンピック1964-2020
    • 【彩芽】とスキャンダル
    • 漫画村が開けた「ブロッキング」のヤバさ
    • 高須基仁の「全摘」
    • 異様な空気が高揚を促す【奇祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ミシェル・ンデゲオチェロ】丸刈り才女の面目躍如
    • 【森友文書改ざん】法務省が抱えた積年の恨み
    • 統合失調症や自閉症は【母親】のせい!?
    • 町山智浩/『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』正義のラケットで女生憎悪を打ち砕け!
    • 【フェイスブック】個人情報商用利用の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/燃える宇船
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【星野源】ドラえもんの歌詞の妙技
    • ガンズ・アンド・ローゼズTシャツをめぐる裏話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、性からの逃走に聖痕の闘争を。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』