>   > ビームスのバイヤーはポンコツ!明暗を分けるセレクトショップ

「サイゾーpremiere」キャリア決済キャンペーン実施にともない、「別冊サイゾー 2016年5月号 ファッション大全」を期間限定で大公開!ファッション誌では絶対に読めない!ググっても出てこない!アパレル業界の裏側を大放出しちゃいます!(キャリア決済で登録すると2ヶ月間は無料でお読みいただけます)

――セレクトショップは、もはや“セレクト”しなくなっている!? ビームス、ユナイテッドアローズ、シップス、トゥモローランドといった多くの読者が耳にしたことがある大手を中心に、トホホな実態をつまびらかにしたい。

1610selectshop01.png
トゥモローランドが運営するセレクトショップ・SUPER A MARKETのホームページ。

 90年代、渋谷や原宿といった街の路面店が流行発信基地となり、一世を風靡したセレクトショップ。ビームス、ユナイテッドアローズ(以下、UA)、シップス、トゥモローランド、ジャーナルスタンダード、アーバンリサーチ、ナノ・ユニバース……などのショップで実際に商品を購入した読者も多いだろう。

 その中で、セレクトショップの代表格のひとつといえるのがビームスだ。段ボールなどを製造する会社を経営していた設楽悦三氏が1976年に創業し、アメリカ西海岸から直輸入したカジュアルな衣料や古着を扱う6・5坪の洋品店としてスタートした同社は、80年代末あたりからのいわゆるアメカジ・ブームの火付け役になった。しかし89年、創業時からバイヤーを務めていた重松理氏が、粟野宏文氏らほかのバイヤー30名を引き連れ、大手アパレル・メーカーのワールドの出資でUAを立ち上げたのである(現在はワールドより独立。重松氏は名誉会長、粟野氏は上級顧問を務める)。

 それによって一時、ビームス社内は大混乱となったというが、その後は両社ともに売り上げを伸ばし、路面店のみならずルミネやアトレなどの駅ビル、郊外のショッピングモールにも出店。それと並行する形で“レーベル”も増やし、例えば現在、ビームスはレディース向けのBEAMS BOYやTシャツに特化したBEAMS Tといった41レーベルを、UAは低価格ラインのBEAUTY&YOUTH UNITED ARROWSやunited arrows green label relaxingなど20レーベルを抱える。

「ひとつの商業施設に出店する場合、原則的に同じ名前のショップは1店舗しか構えられません。ただ、複数のレーベルを抱えている会社であれば、結果的にレーベルの数だけ自社のショップを出すことができるのです。また、ビームスやUAは90年代のある時期から自社開発商品(PB商品)を増やしていきました。一般的に、仕入れ値が販売価格の6割程度のセレクト商品よりも、製作費が価格の1~2割で済むPB商品のほうが儲かりますからね。レーベルによってセレクト商品とPB商品の点数の比率に差異はありますが、現在、両社の後者の割合は6~7割といわれています」(ファッション業界関係者)

 セレクトショップとは本来、国内外のブランドの商品をバイヤーが独自のセンスで横断的に買い揃えた空間のはずだが、今や名ばかりになっているということなのか?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年9月号

日本のタブー2017

日本のタブー2017
    • 【ハクソー・リッジ】はなぜ炎上?
    • 【フリーメイスン】ビジネスの裏側
    • 【ネタ消費】されるフリーメイスン
    • 世間を洗脳する【PR会社】の実像
    • 有名事案で暗躍した【PR会社】の功績
    • 【世界遺産】乱立の真相
    • 【福岡・北九州】相克の近代100年史
    • 九州で蠢く【闇ビジネス】の実相
    • 【七社会と麻生グループ】の癒着
    • 【ナマモノBL】は本当にタブーなのか?
    • 【福山雅治】もハマったBL妄想
    • 【音楽業界】の歌詞"自主規制"問題
    • キスもNG?保険ありきの【MV】事情
    • 【ぱちんこ】出玉規制強化に見る警察の本音
    • 【ぱちんこ】は北朝鮮の資金源か!?
    • 急増する【仮想通貨】詐欺の最前線
    • 【仮想通貨】誕生の背景
    • 【優生学】の歴史的背景と真実
    • 日本国内外の【優生保護法】
    • 【うんこドリル】から考えるミソジニー
    • 【うんこドリル】に見る哲学的例文集

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 園都「B90センチGカップを隠しながら」

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ
    • 【18歳の現役JD女優】禁断のカラみ

NEWS SOURCE

連載

    • 【小倉優香】運気上がってるんです。
    • 【早乙女ゆう】食品サンプルとカラむ!
    • 【萩原みのり】ゆずの「いつか」に涙する
    • プロで日本王座も獲ったボクシング選手
    • 俺が大丈夫って言えば【すず】はきっと大丈夫で
    • 日本の遅れた【IT】事情を改善する最後のチャンス
    • サブカルチャーの終焉を見た
    • 【田原総一朗】というジャンルが見せるトークの妙
    • 祭りと【フリースタイル】の相性
    • デイヴィッド・ヒュームの【人性論】を読む
    • 【モブ・ディープ】黄金期を支えた巨星墜つ
    • 世界はいま本当に【テロ】の時代か?
    • 謎の【スメリズム】は18世紀欧州の"気功法"!?
    • 『この世に私の居場所なんかない』義憤に燃える介護士の血みどろコメディ
    • 【ポスト安倍候補】が語る自民党の「これまで」と「これから」
    • 戦死者たちの肖像(上)
    • もやもや籠池劇場
    • 男にはマネできないこの回転!まわるバイブで未知の体験を
    • 【サプリ】「こじらせ女子」とは社会に立ち向かう女性たち
    • 「フェティポップ」とはなんぞや?
    • 【紀宮様の婚約会見】を振り返り、眞子様と小室さんの未来を占う
    • タブーすぎる野球裏話…幽霊、興行は清濁併せ呑む暇つぶし
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』