サイゾーpremium  > 特集  > 模倣とPB商品で構成されているショップが多数!? 国内セレクトショップ名鑑

本文「ビームスのバイヤーはポンコツ!明暗を分けるセレクトショップ」はコチラ

――国内の主だったセレクトショップチェーンの内情を見てみよう。

1610selectshop02.jpg

■バイヤーは伊勢丹を真似ているだけ?
ビームス
[創業年]1976年 [レーベル数]41 [店舗数]国内144・海外12
[売上高]685億円(2015年2月期、前年比5.5%増)

アメカジのインポート商品を扱う小さな路面店としてスタート。現在はカジュアルからデザイナーアイテムまでをセレクトしてはいるものの、利益率のよいPB商品がなければ会社として成り立たない状況。サブカル的な取り組みを積極的に行ってきたが、カジュアルなイメージが抜けず、ハイファッションを好むアダルト層やファッション関係者からの評価はイマイチのようである。



ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年9月号

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ