>   > 俺たちは劇場でEXILEとタイマン張ったんだ――「ハイロー」続編の行方を予想する!
第3特集
2016年一番の怪ヒット!? 『HiGH&LOW THE MOVIE』大研究【3】

俺たちは劇場でEXILEとタイマン張ったんだ――『HiGH&LOW』でHIROが望むのは「親殺し」? 今後の展開を予想する!

+お気に入りに追加

【前編】はコチラ

――今夏、元来のLDHファンのみならず、一部の層にやたら突き刺さった映画『HiGH&LOW THE MOVIE』。一体、何が我々をそんなに惹きつけたのか……? ヤンキーマンガや映画を長年見続けてきたライター・藤谷千明氏と、アクション映画やバイオレス映画に造詣の深いライター・加藤ヨシキ氏が、その理由を戸惑いながら分析します。なお、同席している担当編集は重度のLDHヲタです。

【鑑賞POINT・6】『HiGH&LOW』とは「信頼」の映画である

1609_hl08.jpg
雨宮兄弟の長男(中央)誰かに似ている気が…。(『THE RED RAIN』公式HPより)

藤谷 映画本編の話に戻すと、2000年代以降の不良マンガ、たとえば『QP』や『莫逆家族』、『サムライソルジャー』がそうだったように、不良のグループでカリスマだった人が大人になれないというストーリーって、この十数年くらい不良マンガの大きなテーマなんですよ。でも『サムライソルジャー』にしても『QP』にしても、あまりうまい落とし所が見つかってない気がするんです。例えば『QP』の場合は我妻涼はラストに撃たれて声を失ってしまうけどそのまま生きつづける、というある種美化した結末で、『サムライソルジャー』もバタバタした感じで終わっていて。

『QP』も『サムライソルジャー』も、同年代の主人公が、大人になれないヤツに対して「お前いいかげんにしろよ」って言うのがこれまでのパターンだったんですけど、『HiGH&LOW』の場合、先に大人になった人間である龍也はすでに死んでる。だから琥珀さんはおかしくなってしまって、それを下の世代の人たちが頑張って止める。さっきの『B-BOYサラリーマン』の話もそうですけど、下の世代に対する信頼があるのではないでしょうか。これは2冊めの著書『ビビリ』にも書かれているんですが、ZOOの解散からドン底だった時代を経験しているからこそ、「永遠に続くグループ」という夢がHIROさんの中にはある。だから自分の意志を継いだ下の世代を絶やしたらいけない、さらにEXILE TRIBEをどんどん広げていって永遠のものにしないとならない。そういった身内に対する信頼とさっき言ったようなプロフェッショナルに対する信頼がある。つまり『HiGH&LOW』は「信頼」の映画なんですよね。

加藤 それはすごくわかります。たぶん下の世代に対する信頼はすごい強い。だいたいヤンキーマンガで下の世代の人って、上に叱られる立場ですよね。

藤谷 それに下の世代を中心にした続編はだいたいうまくいかないですよね。

加藤 強烈なカリスマ性がある人がいて、その人のカリスマ性を下は受け継げないというか、そのせいで下が屈折しちゃうとか、そういう話はすごく多い。『ゴッドファーザー』みたいな感じなのかなぁ。

藤谷 『ゴッドファーザー』も最終的には、下の世代にうまく繋げなかったという話ですしね。

加藤 「『HiGH&LOW』=HIROさんの私小説」説に戻っちゃうんですけど、今は多分まだHIROさんの「回想編」なんですよ。ZOOという名のMUGENが解散してどうしようもなくなって、行き詰まったあとに居酒屋で「HIROさぁん!」って言われるところまでの話で。次が描かれるとしたら、そこからEXILEとして成り上がっていく話だと思う。で、そこを描いてしまったら、作品が現実に追いついちゃうんですよね。

藤谷 『THE RED RAIN』はまったくMUGENとは関係ない雨宮兄弟の話になるのでしょうか。とはいえ、『THE MOVIE』の最後にちらっと登場した雨宮長男は、HIROさんに見た目そっくりじゃないですか。

加藤 そうなんですよ。その雨宮兄弟がこれから成り上がっていく話になったら、いよいよ「『HiGH&LOW』=HIROさんの精神世界」説が……。

【鑑賞POINT・7】「九龍グループ=芸能界・テレビ界」?

藤谷 雨宮兄弟=HIROさん=LDHとすると、『THE RED RAIN』が雨宮兄弟が九龍グループをぶっ潰す話になるんだとしたら、LDHが旧来の芸能界・テレビ界を叩き潰す比喩として受け取ることもできますよね。


サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本
    • 【ジャンプ】部数暴落へ
    • 【マンガアプリ】成功の秘訣
    • 【ウェブ発エッセイマンガ】乱れ咲き
    • 【エッセイマンガ】あるある
    • 【こじらせ女子マンガ】の功罪
    • 人気マンガ【AKIRA】の寿命
    • マンガの常識を超えた【大友発明】
    • 日常を語る【戦争マンガ】の現在
    • 【手塚治虫】の戦争マンガ
    • 【しりあがり寿】4コマ描写の禁忌
    • 【接吻】で読む最新少女マンガ
    • 読むべき【キスマンガ】6選
    • 【ティーンズラブ】が熱い理由
    • 広告バナーでよく見る【TL】の中身
    • 時代は射精より【ウ♡チ】?
    • 【封印マンガ】はなぜ生まれたのか
    • 【筋肉マンガ】を科学検証!
    • 【刃牙】筋肉名場面
    • 経済評論家が読む【闇金マンガ】
    • 【日本マンガ翻訳】の限界
    • 変化する【フランス】マンガ市場
    • 【フランス】翻訳出版社6大勢力
    • 【マンガ雑誌】の危機的状況

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」