>   >   > 【町山智浩】マッチョなカウボーイが戦った"エイズ"という暴れ牛とアメリカ政府
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第75回

マッチョなカウボーイが戦った"エイズ"という暴れ牛とアメリカ政府

+お気に入りに追加

雲に隠れた岩山のように、正面からでは見えてこない。でも映画のスクリーンを通してズイズイッと見えてくる、超大国の真の姿をお届け。

『ダラス・バイヤーズ・クラブ』

その日暮らしで刹那的に生きてきた男性原理主義なカウボーイのロン・ウッドルーフ。彼はある日、自身が忌み嫌う同性愛者の病気と思われていたエイズにかかってしまう。そんなロンを、仲間たちは拒絶する。生き延びるために彼はメキシコへ渡り、抗エイズ薬の密輸のための組織を作り上げるのだった──。本作は、同名の実在人物の生涯を元に製作された。

監督/ジャン=マルク・ヴァレ 出演/マシュー・マコノヒー、ジャレッド・レト、ジェニファー・ガーナーほか 日本での公開は、2014年2月22日より


 マシュー・マコノヒーは露出狂スターである。男性ストリッパーを演じた『マジック・マイク』をはじめ、あらゆる映画で脱ぎまくり、そのムッキムキの体を見せびらかす。さらに、毎朝上半身裸で近所をジョギングするので有名だ。

 その筋肉男が骨と皮のように痩せた。『ダラス・バイヤーズ・クラブ』で実在のエイズ患者ロン・ウッドルーフを演じるため、体重を20キロ以上落としたのだ。ロンは1980年代終わり、アメリカ政府が認可しないエイズの治療薬を外国から密輸して多くの患者の命を救った。

 ロンもマコノヒーも絵に描いたようなテキサス男だ。カウボーイハットをかぶってウェスタンブーツを履く。ロンはその上、拳銃を振り回し、西部劇みたいに酒場でケンカする。そしてロデオが大好き。暴れ牛に乗っていられる時間を賭けて、稼いだ金をパッと使ってしまう。賭けに勝てば、娼婦とコカインで散財する。だから36歳になるのに貯金も家も家族もない。トレイラーハウスで気ままな独り暮らし。明日なんか考えない。

 85年10月、映画『ジャイアンツ』で豪快なテキサス男を演じたロック・ハドソンがエイズで死んだ。「がっかりだぜ」と毒づくロンたち。男らしいカウボーイたちは同性愛者が何より嫌いだから。その数カ月後、ロンは血液検査でこう診断された。

「エイズです。あと1カ月の命です」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

ウェブ(禁)新論

ウェブ(禁)新論

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

インタビュー

連載

    • 【アンジェラ芽衣】けっこう根暗なんです。
    • 【宮下かな子】森田童子にゾクゾク
    • 【冨手麻妙】映画界に愛された女優の身体
    • 密かに好成績を残した剣の貴公子
    • 【由美子】の夢は夜ひらく
    • 行政法研究者が語る日本の行方
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【品川ヒロシ】が夜通し語る映画愛
    • 継続危機と対峙する【秋田の伝統祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【XXX Tentacion】SNS厄介者たちの続く伝説
    • 【元スパイ襲撃被害】スパイによる本当の諜報活動
    • ナチスの【優生学】が投げかけるもの
    • 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」/『サバービコン』
    • 実話を元に描かれた【映画でわかる】社会の病巣
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/森友ふたたび
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 女はなぜ皆【星野源】を欲するのか?
    • 俺と伝説のラッパーたちとの交遊録
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化系連合赤軍な雑誌の終焉。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』