サイゾーpremium  > 連載  > 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」  > 【町山智浩】FBIが詐欺師と組んで汚職政治家らを逮捕!"司法の暴走"が喜劇に
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第76回

FBIが詐欺師と組んで汚職政治家らを逮捕!“司法の暴走”が喜劇に

+お気に入りに追加

雲に隠れた岩山のように、正面からでは見えてこない。でも映画のスクリーンを通してズイズイッと見えてくる、超大国の真の姿をお届け。

『アメリカン・ハッスル』

1402_machiyama_01.jpg

1979年に起こった実話である「アブスキャム事件」を題材にしたコメディ。FBIと詐欺師がタッグを組んで大規模な囮捜査を実施。その結果、大物議員が大量に摘発されることとなった。しかし、その捜査方法に世論やほかの議員から批判が噴出。その顛末を面白おかしく映画化している。

監督/デヴィッド・O・ラッセル 出演/クリスチャン・ベイル、ブラッドリー・クーパー、エイミー・アダムスほか 日本での公開は、1月31日(金)より全国ロードショー


「ハッスル」という言葉は日本では「がんばる」の意味で使われているが、「無理やりに何かをする」というニュアンスもあって、そこから「売春や詐欺、博打などで儲ける」というスラングにもなった。『アメリカン・ハッスル』は、1970年代にひとりの詐欺師がアメリカの政治を揺るがせた「アブスキャム事件」を基にしたフィクションだ。

 77年、住宅ローン詐欺でFBIに逮捕されたメルヴィン・ワインバーグ(当時53歳)は、罪を免れるため、ある囮捜査を提案した。アラブの大富豪が経営するアブドゥール・エンタープライズという架空の投資会社をデッチ上げ、政治家に賄賂を受け取らせる。アブドゥールのスキャム(詐欺)でアブスキャムというわけだ。

『アメリカン・ハッスル』でワインバーグを演じるのはクリスチャン・ベイル。役名は変更されたが、1:9分けでハゲを隠した頭とビールっ腹、それに葉巻好きはワインバーグそっくりだ。ビールっ腹は特殊メイクではなく、クリスチャン・ベイルの自腹。ハゲもヅラではなく、実際に毛を剃って熱演した。

 ワインバーグのアブスキャム作戦に、FBI捜査官たちは乗ってしまった。78年12月、ニュージャージー州カムデン市長アンジェロ・エリチェッティが最初のターゲットになった。エリチェッティは、カジノを開く認可を得るために有力者に贈る賄賂をアブドゥール・エンタープライズから援助してもらおうとした。『アメリカン・ハッスル』で市長を演じるジェレミー・レナーの不思議な髪型はエリチェッティのそれを真似している。

 FBI捜査官扮する気前のいいアラブ投資家の噂は政界に広がり、政治家が次々と罠にかかった。その網にはマイヤー・ランスキーまで引っかかった。マフィアの全米統一を成し遂げた「ボスの中のボス」ラッキー・ルチアーノの財政係として知られるランスキーは、晩年、マイアミの不動産とアトランティック・シティのカジノ建設費用を求めてアブスキャムに近づいた。『アメリカン・ハッスル』ではマフィア映画のベテラン、ロバート・デ・ニーロが老マフィアを演じている。

 ワインバーグたちは、こうして上院議員1人、下院議員6人、その他合計19人の政治家に札束を受け取らせ、その瞬間をビデオで隠し撮りした。それを見せられた上司は手柄を誉めるどころか頭を抱えた。犯罪者と手を組んで政治家を罠にハメるなんて、司法の暴走だ! ビデオは公開され、ハメられた政治家たちは辞職に追い込まれた。この騙し討ちにはほかの議員たちも激怒した。標的になった議員たちはひとりを除いて全員民主党だったので、政治的な陰謀だともいわれた。国民の税金を賄賂に使ったことも批判された。担当の捜査官は海外の支局に左遷された。

 アブスキャム事件の後、このようなFBIの暴走がないよう、議員に対する捜査の許可には何重ものチェックを必要とするガイドラインが設定された。これによって議員への金の流れはなかなかチェックされなくなり、ロビイストが好き勝手に政治家へ金をばら撒くようになった。00年代には、議会を支配した共和党のトム・ディレイ院内総務がロビイストからの金の流れを仕切って儲けまくり、有罪になった。

 ワインバーグは政治家から賄賂のキックバックを受け取っていたのではないかと疑われ、マスコミに追及されたワインバーグの妻マリーは首つり自殺を遂げた。

 このバカバカしくも悲惨な事件を、『アメリカン・ハッスル』のデヴィッド・O・ラッセル監督は、往年の『スティング』を思わせるコメディに仕上げた。特に事件当時50歳だったワインバーグの妻は、現在22歳のジェニファー・ローレンスが演じ、彼女の運命も事実とはまったく違っていて、観客は快く騙されるだろう。ワインバーグは共犯者だった15歳下の秘書と再婚し、今もフロリダで生きている。

まちやま・ともひろ
映画評論家。サンフランシスコ郊外在住。『〈映画の見方〉がわかる本』(洋泉社)、『アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない』(文春文庫)など著書多数。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ