サイゾーpremium  > 連載  > 荻上チキの新世代リノベーション作戦会議  > 善意が煽る不安に踊らされるな! 「正しく...
連載
荻上チキの新世代リノベーション作戦会議 [最終回]

善意が煽る不安に踊らされるな! 「正しく怖がる」ために報道すべき"リスク"とは?【前編】

+お気に入りに追加
1201_chiki_main.jpg

──若手専門家による、半熟社会をアップデートする戦略提言

■今回の提言
「リスク報道の役割を果たす為 科学的思考の共有を目指せ」

ゲスト/石戸諭[毎日新聞記者]

近年、ホメオパシーなどのニセ科学問題を中心に科学報道のあり方が論じられていたが、震災以降、原発問題を引き金に、その炎は一気に燃え上がった。こうした状況下で最も有効であるはずの「リスク報道」は機能したのか? 本連載最終回となる今回は、毎日新聞記者・石戸諭氏を招き、これまでのリスク報道の蓄積の成果と、メディアに携わる者が目指すべき地点を探る。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論