>   > Android端末はケータイ業界の福音か...
第1特集
先行き不安なワイド5連発!【2】

Android端末はケータイ業界の福音か? 無償OSでも原価アップ"スマホブーム"に泣く企業

+お気に入りに追加

──2011年2月、スマートフォン市場で圧倒的な強さを誇っていたiPhoneの牙城を崩し、グーグルのAndroidを使用するケータイが世界シェア1位を奪取した。また、MM総研によると、10年度における日本国内のシェアでも、Androidが57%、iPhoneが38%と逆転を達成しているという。

1108_cover_wide_android.jpg
石川温氏の著書『グーグルvsアップル ケータイ世界大戦』

 周知の通り、Android躍進の原動力は、同システムが無償で提供されるオープンソースであること。ライセンス料や開発費のコストを安く上げることができるため、各国のメーカーはこぞって採用した。しかし、そこには少なからず弊害もあったようだ。ケータイジャーナリストの石川温氏は、次のように語る。

「これまでの日本のケータイは、キャリアの意向を検討して、メーカーごとにさまざまな差別化を図り、『おサイフケータイ』や『ワンセグ』などの独特なサービスを生み出してきました。しかし、あらゆるメーカーが同一のOSを選択したことで、差別化が難しくなったことはもちろん、多種多様に増え続けるグーグルの新サービスを加味した機能を備えるなど、開発にグーグル側の意向を反映させる必要が生まれています。実際、NECやシャープなどのメーカーは、グーグル本社のあるサンフランシスコに拠点を構えて、同社との距離を密接にしようと動いていますが、サムスンやHTCなどの海外メーカーに後れを取っているのが現状。最近でも、某メーカーの開発担当から『ウチだけが知らない間にOSがアップデートされ、サービスの不具合が出た』という話も聞きました」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年8月号

大人のための「エロ」読本

大人のための「エロ」読本

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 椿原愛「和製ミランダ・カーのチラリズム」

インタビュー

連載

    • 【RaMu】母を沖縄に連れて行きたいんです。
    • ハワイのボンダンスとフクシマオンドの故郷(後編)
    • 話題のユニット【PKCZ】独占インタビュー
    • 【岡田結実】RADWIMPSの歌詞に心打たれる
    • 不定期連載「東京五輪1964-2020」
    • 【渡辺麻友】は、AKBを卒業しまゆゆー!
    • 【日本人エンジニア】の未来と弱点
    • 高須基仁の「全摘」
    • 門外不出のトークショー【名倉潤】のテレビへの愛
    • 【喧嘩祭り】が根絶されない理由
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【TLC】史上最強の女性グループ15年ぶりの最終作
    • 【金塊強盗多発】に見る「警備会社」の歴史
    • 精神錯乱を【マラリヤ感染】で治癒せよ
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 【水道民営化】の目的は老朽化対策か海外事業参入か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/上からマユコ
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【ハッピー・マニア】が変えた日本人女性の結婚観
    • SNSでやりとりされるエロ写真や動画の真実
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』