サイゾーpremium  > 特集  > Android端末はケータイ業界の福音か...
第1特集
先行き不安なワイド5連発!【2】

Android端末はケータイ業界の福音か? 無償OSでも原価アップ"スマホブーム"に泣く企業

+お気に入りに追加

──2011年2月、スマートフォン市場で圧倒的な強さを誇っていたiPhoneの牙城を崩し、グーグルのAndroidを使用するケータイが世界シェア1位を奪取した。また、MM総研によると、10年度における日本国内のシェアでも、Androidが57%、iPhoneが38%と逆転を達成しているという。

1108_cover_wide_android.jpg
石川温氏の著書『グーグルvsアップル ケータイ世界大戦』

 周知の通り、Android躍進の原動力は、同システムが無償で提供されるオープンソースであること。ライセンス料や開発費のコストを安く上げることができるため、各国のメーカーはこぞって採用した。しかし、そこには少なからず弊害もあったようだ。ケータイジャーナリストの石川温氏は、次のように語る。

「これまでの日本のケータイは、キャリアの意向を検討して、メーカーごとにさまざまな差別化を図り、『おサイフケータイ』や『ワンセグ』などの独特なサービスを生み出してきました。しかし、あらゆるメーカーが同一のOSを選択したことで、差別化が難しくなったことはもちろん、多種多様に増え続けるグーグルの新サービスを加味した機能を備えるなど、開発にグーグル側の意向を反映させる必要が生まれています。実際、NECやシャープなどのメーカーは、グーグル本社のあるサンフランシスコに拠点を構えて、同社との距離を密接にしようと動いていますが、サムスンやHTCなどの海外メーカーに後れを取っているのが現状。最近でも、某メーカーの開発担当から『ウチだけが知らない間にOSがアップデートされ、サービスの不具合が出た』という話も聞きました」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年8月号

中韓エンタメ(禁)大全

中韓エンタメ(禁)大全

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー
    • 【ジェナ】韓国の美モデル参上

インタビュー

連載