サイゾーpremium  > 特集  > なぜバレーボールワールドカップの年に? ...
第1特集
先行き不安なワイド5連発!【3】

なぜバレーボールワールドカップの年に? Kis-My-Ft2デビュー決定も事務所はおそるおそる!?

+お気に入りに追加

──2010年の一年は、日本の芸能界をAKB48と嵐が席巻した年だった。まだ加熱を続けるAKB48を横目に、嵐ブームはやや落ち着いてきた6月、新たにジャニーズ事務所の新ユニット・Kis-My-Ft2(キスマイフットツー、以下キスマイ)のCDデビューが発表された。正確には、今年2月の単独コンサート「Kis-My-Ftに逢えるde Show vol.3」において、5月にエイベックス・トラックスよりデビューする旨が発表されていたのだが、東日本大震災を考慮して曲の内容などを変更し、8月10日にシングル「Everybody Go」で韓国・台湾・タイ等8カ国同時デビューを飾ることとなったのだ。

1108_kismy.jpg
ファンの間では「藤北」の愛称で親しまれている藤ヶ谷(左)&北山(右)コンビ。シンメ(ステージの立ち位置等が左右対称であること)であり、ドラマ『美咲ナンバーワン!!』(日本テレビ)での共演や、今年5月には2人でのライブを行うなど、2人セットで推されている様子。

「メンバーの北山(宏光)くんは今25歳で、V6の坂本(昌行)くんが持っていたデビュー最年長記録を更新しました。彼は以前にインタビューなどで『25歳までにデビューできなかったら、事務所を辞める』なんて言っていたので、本当によかった。ほかのメンバーも20代ばかりで、Hey !Say! JUMPやNYCboysに先を越された焦りもあったでしょうし……」(キスマイファン)

 このタイミングでメンバーの2人(藤ヶ谷太輔、玉森裕太)がドラマ『美男ですね』(TBS)に主演することも発表され、当然ファンの間には応援ムードが広がっている。だが、一方ではこんな不安要素を挙げる声も。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年6月号

令和時代の(新)タブー

令和時代の(新)タブー

NEWS SOURCE

インタビュー

連載