サイゾーpremium  > 特集  > 社会問題  > 【片瀬那奈】勉強好きのアウトプット論
第1特集
芸能界で学んだ“お作法”を還元

YouTuber1年生・片瀬那奈 勉強好きのアウトプット論

+お気に入りに追加

――2021年、年の瀬。女優・片瀬那奈が長年在籍した芸能事務所を退所し、自身のYouTubeチャンネルを開設した。演技の仕事のみならず、バラエティや情報番組で学んできたスキルは、果たしてどのような形で開花していくのか。そして、彼女はYouTuberとなってこれから何を学んでいくのか。新人YouTuber・片瀬那奈、退所後初のロングインタビュー。

2203_4C_Pro-Capture-One-0019_520.jpg
(写真/若原瑞昌[D-CORD])

「すっぴん初公開」「牛丼食べ比べ」「バッグの中身を初公開」──YouTube業界では粗製濫造されてきた動画コンテンツだが、配信しているのは、紛れもなく正真正銘の「女優・片瀬那奈」だ。芸能事務所を退所し、YouTuberとして新たなスタートを切った彼女は、「新しいやり方で自分がワクワクすることを、自分の力でやってみたいと思った」と、12月17日に自身のYouTubeチャンネルで行われた生配信で事務所退所について言及。「茨の道かもしれないけど、20年以上やってきたからこそ違う形でやりたかった」と続けた片瀬那奈に、「学校と教育」という特集のもと、取材をオファー。「もともと勉強することが好き」と語った彼女はインタビューを快諾。果たして、芸能界で学び、YouTube界で爆ぜさせる片瀬那奈のスキルとは一体何か?

──YouTubeチャンネルを開設した経緯から教えてください。

片瀬那奈(以下、片瀬) もともと多趣味で、それが芸能の仕事にもつながったところが多いんですね。それをずっとアウトプットしたい気持ちが何年も続いていて、「やるとしたらYouTubeだろうな」と考えていたんです。でも、小さい頃から中途半端が嫌いで、「とりあえず芸能人がYouTube始めました」的なことはしたくなかった。やるなら本気で臨みたかったので、ずっと悩んでいたんですけど、昔からずっと仲良くしていたスタッフさんが「片瀬さん、やりましょう!」と背中を押してくれたことが大きなきっかけになりました。ひとりで始めるのは心細かったこともあり、その方がいてくれたおかげでスイッチも入れることができました。決断してからは、すぐに必要機材を揃えて、動画編集も勉強。性格上、用意周到にしてからじゃないと始められなかったなと改めて実感しました。

──「日々の生活がちょっとでも楽しく豊かになるコンテンツを配信」というモットーを掲げていますが、真っ先に浮かんだ動画の内容は?

片瀬 まずは生配信で支えてくれるファンのみなさんと交流したいと決めていました。基本は「楽しい」「穏やかな気持ちになれた」とか、視聴者の方が少しでも幸せな気持ちになれるコンテンツを提供していきたいと考えています。

──芸能の仕事を長く続けられてきて、そもそも〝YouTuber〟という職種に対しては、どのような印象を?

片瀬 芸能の世界はたくさんのスタッフがいて、企画があり、台本があり、スタイリストやヘアメイク、ひとつの制作物に対して多くのスタッフが関わっていますよね。その中で私は演者なので、本番のことのみを思い描き、与えられた仕事をまっとうする。一方でYouTuberは、基本すべてをひとりでまかなう。それがどれだけ大変なことなのか、もともと毎日YouTubeを見ているような生活だったので、尊敬の念を抱いていました。作り続ける苦労、チャンネル登録者への配慮、終わりのないマラソンですよね。いざ自分がやるようになって、さらに尊敬が増しました。芸能界に入ってから23年目になるんですが、YouTubeとテレビは同じ映像・動画であることは間違いないんですけど、似ているようでやっぱり全然違うなと感じています。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年4・5月号

バーレスク東京・ももグラビア

バーレスク東京・ももグラビア

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ