サイゾーpremium  > 連載  > 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」  > 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」【70】
連載
更科修一郎の「批評なんてやめときな?」【70】

幽霊、時代を映し出す大河ドラマ史。

+お気に入りに追加

――ゼロ年代とジェノサイズの後に残ったのは、不愉快な荒野だった? 生きながら葬られた〈元〉批評家が、墓の下から現代文化と批評界隈を覗き込む〈時代観察記〉

2109_51+dkb5wzIL_200.jpg
テレ東の再ドラマ化では沢田研二のチャーリー田宮をムロツヨシが演じたが、『まんぷく』の岡崎体育はひどいパロディであった。

東京五輪開会式、90年代サブカル業界人辞任ドミノの一方で、ゲーム音楽が入場行進曲に使われ、筆者と同じ氷河期世代のオタクが喝采を送っていた。まあ、長年日陰者だったから「やっと報われた」と喜ぶ気持ちはわかるのだが、こういう救済が何度繰り返されても、宮崎勤事件とオタクバッシングのトラウマを忘れることはない。彼らの信仰は「選ばれし者の受難」によって支えられているからだ。小山田圭吾の辞任報道も渋谷系嫌いの80年代バンドブーム世代が煽りまくり、ジャンル内世代闘争に大義名分を与えただけだった。どちらにしても氷河期世代のノスタルジーに依拠しすぎて、上と下の世代は白けていたし、メインカルチャーの不在を痛感するというか、森喜朗がねじ込んだ灰皿テキーラ海老蔵がそれを代表してしまうことが一番の虚無だ。森山未來のコンテンポラリーダンスは良かったが。

森山もそうだが、聖火ランナーで金栗四三モードの中村勘九郎が走ったこともあり、開会式前日に『いだてん』総集編が放送されていた。海老蔵歌舞伎の中国人差別問題があったからか、関東大震災で朝鮮人と間違われた金栗が襲われる場面や、孫基禎と播磨屋足袋店のエピソードは丸々カットされたが、物語の核にあるユダヤ人通訳の自殺や、田畑政治が嘉納治五郎に言った「いまの日本はあなたが世界に見せたい日本ですか」は削れなかったので、本放送当時よりも洒落にならなくなっていた。こうなってしまうから、NHKは近代大河をやりたがらないのだ。

そもそも大河ドラマは「映画に対抗できるテレビドラマを作る」ことが目的だったから、大型時代劇として始まったが、10年以上も続けばネタも尽きる。現在、BSプレミアムで名作『黄金の日日』(78年)が再放送されているが、70~80年代の大河は山田太一、市川森一、橋田壽賀子ら人気脚本家が腕を競うことでマンネリ化を防いでいた。しかし、女性側の視点で戦国時代の抗争を描いた『おんな太閤記』(81年)や、忠臣蔵を赤穂の製塩事業をめぐる経済戦争として描いた『峠の群像』(82年)など、異色作が続いた結果、「時代劇でなくてもいいだろ?」となってしまった。確かに、自由民権運動に身を投じた会津藩士を描いた『獅子の時代』(80年)は、後にも先にも秩父事件を描いた唯一のテレビドラマだったし、『龍馬伝』(10年)の岩崎弥太郎の描写程度でも薩長政府筋から圧力がかかる現在のNHKでは不可能な大傑作だった。薩長政府の会津藩士への弾圧自体は、近年も『八重の桜』(13年)で描かれていたが、東日本大震災復興支援名目でどさくさ紛れに通した企画だったせいか、後半はトーンダウンしていた。筆者は父方の祖母が会津西郷家の出だが、薩長政府が今も会津と沖縄を日本だと思っていないのは、復興五輪を謳っていたはずの東京五輪を見ればよくわかる。

それはそれとして、筆者が一番好きな大河ドラマは「近代大河3部作」の『山河燃ゆ』(84年)だ。原作小説は山崎豊子の『二つの祖国』で、日系人強制収容、原爆、東京裁判の太平洋戦争史幕の内弁当だが、文壇で嫌われていた山崎豊子も大河になる時代が確かにあったのだ。脚本は『黄金の日日』の市川森一だが、橋田壽賀子も名乗りを上げ、『おしん』(83年)執筆とかぶっていたので却下されたという逸話もある。どれだけ貪欲なんだ。後に橋田はTBSで『99年の愛〜JAPANESE AMERICANS〜』(10年)という、『山河燃ゆ』と似た筋のオリジナル作品を書いたが、松本幸四郎(白鸚)が担っていた政治外交パートが皆無で、代わりに沖縄戦で辛酸を嘗める川島海荷のパートが描かれていた。橋田壽賀子という人が徹底的に女性の大衆史にしか興味がなかったことがよくわかる。

時代劇大河の復活にして中興の祖だった『独眼竜政宗』(87年)の大ヒット以降、大河ドラマは基本、大型時代劇枠で固定されたが、舞台になった地方都市は「聖地巡礼」的な観光振興を行うようになった。そのため、大河誘致を夢見る地方自治体から金を受け取り、ご当地有名人の提灯小説を粗製濫造しては講演活動やコメンテーターで稼ぐ、出来損ないの山岡荘八みたいな時代小説家も出てきた。もっとも、近年の大河は原作小説がないオリジナル企画が大半なので、大河狙いも便乗狙いか「BS時代劇」枠狙いへ縮小されているが、大河とは逆に時代劇をやらない連続テレビ小説で潮出版社が『あさが来た』(15年)をぶっ込むことに成功するなど、ロビー活動は現在も行われている。

更科修一郎(さらしな・しゅういちろう)
コラムニスト&〈元〉批評家。90年代から批評家として活動。2009年、『批評のジェノサイズ』(共著/弊社)刊行後、休業。15年に活動再開。90年代サブカル雑誌の隣でベタなエロ本を作り、DTPで洒落たミニコミとは対極の批評同人誌を作っていたので、懐かしいやら苦笑いするやら。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

サイゾーパブリシティ