サイゾーpremium  > 連載  > 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」  > 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」【69】
連載
更科修一郎の「批評なんてやめときな?」【69】

幽霊、批評なき音楽教養番組の虚無。

+お気に入りに追加

――ゼロ年代とジェノサイズの後に残ったのは、不愉快な荒野だった? 生きながら葬られた〈元〉批評家が、墓の下から現代文化と批評界隈を覗き込む〈時代観察記〉

2108_71loy9SCamL_200.jpg
江藤淳も中村とうようも西部邁も最後は自殺しているので、批評家なんて嫌われるだけで何も報われないんだな、とつくづく思う。

コロナ禍のテレワーク(ICT)以前から引きこもりの文筆業なので、1日中、音楽やラジオを流しているのだが、その音楽もすっかりSpotifyやAmazon Musicなどサブスクで聴いているから、納戸に詰め込んだCDの山に困っている。あらかたMP3にエンコード済みなので、まとめて売ってしまえばいいのだが、今さら売っても二束三文だろうし面倒くさい。あと、30年間にどれだけ給料やギャラを注ぎ込んだのだろうか、と思うと暗澹たる気持ちになる。

膨大な金を注ぎ込んで得たのは、構築した趣味と体系化された知識だが、最近はサブスク時代のマニュアルなのか、『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)や『ヒャダ×体育のワンルーム ミュージック』(Eテレ)など、J-POPの音楽的技術を批評的に語る「教養」番組も多くなってきた。確かに『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に代表されるヒットチャートカタログ的な番組を見ても、同時代的な音楽はジャンルが細分化・拡散しすぎて文脈が見えないことが多いので、あればありがたいし、バラエティ番組としても面白い。

なので、基礎トレーニングも兼ねて見ているのだが、たまに冷めるというか、「批評めいたことを言っていても批評のふりをした提灯持ち販促でしかないし、こうやって手の内を明かさないと価値を見出してもらえない時代になってきたのか」という諦念に囚われたりもする。そりゃ、アイドルや声優やアニソンもすべてプロの仕事である以上、それぞれに評価されるべき技術があるのは当たり前だが、技術だけをピックアップして称揚していくと、結局、Creepy Nutsが金子みすゞを引用して四方八方おちょくった『みんなちがって、みんないい。』のような虚無へ辿り着いてしまう。

Creepy Nutsのスタンスは90年代の電気グルーヴだが、1992年に三波春夫と共演した『HARUO IN DANCE BEAT』では、大御所の権威やちぐはぐな企画をおちょくるだけで、三波春夫が中村とうようのワールド・ミュージック論とヒップホップ批判を意識してジョイントライブに挑んだ蛮勇は知ってか知らずか無視していた。電グルと三波春夫の間にニューエスト・モデル(ソウル・フラワー・ユニオン)あたりを差し込めば、両者は地続きになるのだが、観客の大半は「悪趣味サブカル」だけが目当てで、音楽的な構図の面白さには興味がないので、新宿日清パワーステーションで独り憤っていた。嫌な高校生だな。まあ、「ミュージック・マガジン」「レコード・コレクターズ」(共にミュージック・マガジン)の読者がわざわざあんなライブに行くわけがないし、中村とうようの批評も当時は音楽シーンに影響があったけど、今では単に炎上するだけの暴論だ。マイケル・ジャクソンやパブリック・エネミーに平然と0点を付けるし、トム・ウェイツに至ってはマイナス10点だよ。10点満点のレビューなのに。

このコラムのタイトルは『批評なんてやめときな?』だし、ウェブ上で批評めいたことをつぶやくと「何が嫌いかより何が好きかで自分を語れよ」というネットスラングで煽られるのが昨今だが、批評家は「何が嫌いか」を語ることで己の価値観を示す因業な商売だ。好悪の両方を語らなければ、その批評家の評価基準はわからないし、信用もできないからだ。しかし、本気で「何が嫌いか」を語る批評家は、株式投資のように流行を追う売り手からも買い手からも「祭りに水を差すな」と疎まれ、追放される。だから、『批評なんてやめときな?』と警句めいたタイトルにしたのだが、かまやつひろし『ゴロワーズを吸ったことがあるかい』の歌詞のように、構築した趣味で意図的に何かを切断しなければ、マニアックに熱中することはできないのだ。

前述の「教養」番組で、個人的なジャンルの好き嫌いが出ているのは、クリス松村の『ミュージック・モア』(TOKYO MX)だが、最初から好きな70~80年代の邦楽・歌謡曲限定だから、ラジオと違って本気で「何が嫌いか」を語ることはない。『ザ・カセットテープ・ミュージック』(BS12)のマキタスポーツや、やついいちろう、ダイノジ大谷といったサブカル芸人たちも音楽批評めいたことを言うが、批評「芸」なので、本気で「何が嫌いか」は語れない。ただ、小籔千豊はビッグポルノやジェニーハイといった「片手間ではない」音楽活動で明確な価値観を示すことで、批評「芸」が陥りがちな隘路を逃れている。芸人としてはそれほど好きではないのだが。

更科修一郎(さらしな・しゅういちろう)
コラムニスト&〈元〉批評家。90年代から批評家として活動。2009年、『批評のジェノサイズ』(共著/弊社)刊行後、休業。15年に活動再開。アニメ『スーパーカブ』を観るたびに、脳内でPANTA『オートバイ』が流れる異常者の連載も7年目突入で担当さんも三代目に。今後とも宜しく。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ