連載
写真時評~モンタージュ 現在×過去~

渚にて(下)

+お気に入りに追加
2108_Photo_01_520.png
南相馬、福島、2011年

潮の満ち引きによって刻々と変化する海岸線をテーマにした笹岡啓子の連作「Shoreline」(海岸線)が「想起」や「記憶」の意味を持つ「Remembrance」という連作へと転換する契機となったのは、2011年の3月11日に東日本の沿岸部一帯を襲った津波だった。海と陸とが重なり、人為と自然とが交錯するアンビヴァレントな領域への継続的な注視を行ってきた写真家は、海岸線における内と外の均衡が大きく突き崩されたこの大震災の余波を10年以上追い続けることになる。

2108_Photo_02_520.png
陸前高田、岩手、2021年

この連作に「想起し続ける」という現在進行形の意味が込められたのは、釜石市で出会った人から故郷の名を聞いたことが契機となったようだ。「隣の大槌町はもっとひどい。広島に原爆が落ちた時みたいだ」という言葉によって大槌町に足を向けた笹岡は、その後、福島第一原子力発電所事故の被害を受けた福島県の内陸部へも撮影範囲を広げ、今日までその変化を見つめてきた。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年9月号

NEWS SOURCE