サイゾーpremium  > 連載  > 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」  > 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」【64】/幽霊、去勢の中で少年マンガを描く。
連載
更科修一郎の「批評なんてやめときな?」【64】

中年陰キャに囲まれたサンデーの哀愁――幽霊、去勢の中で少年マンガを描く。

+お気に入りに追加

――ゼロ年代とジェノサイズの後に残ったのは、不愉快な荒野だった?生きながら葬られた〈元〉批評家が、墓の下から現代文化と批評界隈を覗き込む〈時代観察記〉

2012_617-OMNM0AL_200.jpg
週刊少年マガジンの話をしていないが、講談社で少年マンガの話題は『転生したらスライムだった件』が売れたくらいなので省略。

 アニメ版『呪術廻戦』は素晴らしいが、映画版『鬼滅の刃』の話題は何を書いても便乗っぽいし、そもそも多忙すぎて観に行く暇もないから書かない。アニプレックスはTYPE-MOONに一生頭が上がらないだろうな、とは思ったが。地味な中堅作品だった『鬼滅の刃』の権利を早々に買い付けたのも、TYPE-MOON周辺の人々が高く評価していたからで、『空の境界』以来の中二病患者向け伝奇アニメ制作や映画興行のノウハウに「週刊少年ジャンプ」作品のアニメ化ノウハウを上乗せした数え役満だからだ。それでなくてもFGOのガチャは打ち出の小槌だが、ゼロ年代に魂を囚われたセカイ系中二病世代からテラ銭を巻き上げ、若い世代のジャンプアニメの肥料にするのはとても健全だ。

 前回は少年マンガで有限の焦燥感に満ちた青春を描く『チェンソーマン』について書いたが、「週刊少年サンデー」にも同じ狙いの作品がある。『よふかしのうた』(コトヤマ)だ。『チェンソーマン』は「異能バトル」を通して思春期男子の不安と女性観の変化を描いているが、こちらは「団地と吸血鬼(のお姉さん)」という郊外的なモチーフを通して描く。こう書くと「ゼロ年代のギャルゲーかよ」と笑ってしまいそうになるが、だったらわざわざ取り上げはしない。

 作品タイトルの『よふかしのうた』をCreepy Nutsの楽曲から引用している通り、現在進行形の深夜ラジオ的な……ヒップホップ、お笑い第七世代、若手俳優たちのセンスで同時代的にアップデートしているあたり、暴力描写を忌避し、ラブコメも含めて微温的な作品が好まれる雑誌の傾向に合わせた上で新しい解答を提示しているな……と感心していたのだが、肝心の読者層からは思わぬ反発を受けていて驚いた。思春期のモラトリアムと明るいフェティシズムに徹したラブコメの前作『だがしかし』が、四大週刊少年誌でもっとも保守的で老いた読者層から「爺殺し」的に人気を得てしまった反動なのだが、高学歴で去勢された優等生の陰キャ向け雑誌から脱することができず、高橋留美子を女神と崇め奉る80年代ロリコンブームの還暦老人たちもいまだに居座っているサンデー特有の問題に突き当たってしまった、というのが正直なところだ。もっとも、新しいPVではヨルシカの楽曲を使っているあたり、年寄りガン無視な若者向けエモ路線で突き進む覚悟なのだろう。苦難の道だが、正しい判断だ。

 海賊が絶対悪として認識されている東南アジアで『ONE PIECE』が理解され難いように、健全良い子のサンデー中年に不良の音楽(ヒップホップ)を愛好し、深夜に団地を徘徊する登校拒否の少年は理解できない。それでなくても中年世代の陰キャたちは長いことTBSの伊集院光を深夜ラジオの神だと思い込んでいるから、近年のオールナイトニッポンの路線など視野に入るはずもない。伊集院が「深夜の馬鹿力」で、Creepy NutsのANNを上から目線で評したことで、ようやく存在を知る体たらくだ。編集者にしても「一番好きなサンデー作品は何ですか?」と聞いてきたので『KING GOLF』と答えたら「あんなマンガが載っているから、うちはダメなんだ!」と逆ギレする始末だ。『プロゴルファー猿』のヒット以来、ずっとゴルフマンガを連載しなくてはならない申し送りがあったのは同情するが、「サンデーはまんがタイムきららを目指すべきなんです!」という中年の主張は正気ではない。その結果、10年後の現在、『魔王城でおやすみ』やら『トニカクカワイイ』やら連載しているのもわかるが。

 兄弟誌の「ゲッサン」は良質な雑誌だが、名伯楽の市原武法編集長ですら拭い去れない本誌の腐臭には思わず「地獄へおちろ人間ども!」と叫びたくなるし、そんなことをやっている間に「週刊少年チャンピオン」のほうが『BEASTARS』や『魔入りました!入間くん』などのヒット作を連発していた。さすがに「マンガクロス」へ移った『僕の心のヤバイやつ』(桜井のりお)は限界おっさんホイホイすぎると思うが。作者は『みつどもえ』の頃から、陰キャ男性の恋愛妄想を見透かした変態描写に定評があったが、共感性羞恥を悪用して『呪術廻戦』の虎杖が無自覚に使う「偽りの記憶を与える呪い」のように刷り込んでくるので、年齢問わず本当にヤバいやつが『バキ』最凶死刑囚編のように集まってくる大惨事だ。板垣恵介先生風に「陰キャのテレクラだ!」と叫んでしまうほどドス黒い、少年マンガのラブコメ暗黒面がここにある。

更科修一郎(さらしな・しゅういちろう)
コラムニスト&〈元〉批評家。90年代から批評家として活動。2009年、『批評のジェノサイズ』(共著/弊社)刊行後、休業。15年に活動再開。早くも年末進行なので真面目に働いております。コロナ禍で家に引きこもっていたら、そのツケが回って大惨事に。働かざる者食うべからず。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

サイゾーパブリシティ