サイゾーpremium  > 連載  >   > DJ DARUMA & JOMMYの「BLACK PAGE」【4】/ダルジョミ的【第三会議室】
連載
DJ DARUMA & JOMMYの「BLACK PAGE」【4】

【DJ DARUMA & JOMMY】最近の時事ネタを追うダルジョミ的第三会議室

+お気に入りに追加

――ダンスフロアからの新たな刺客。DARUMAとJOMMYの画期的音楽探究。

2012_BLAPE_12_PH_520.jpg
(写真/岩澤高雄・The VOICE)

■嵐・松本潤らに続き、きゃりーぱみゅぱみゅも“断食”トライ! 芸能界を席巻中(10月20日付 日刊大衆)

DJ DARUMA(以下、D) 断食ブーム、キテるんですよ。僕も最長で1週間、何も食べずに水分のみで断食しました。

JOMMY(以下、J) 俺は無理だなあ。

D 飢餓状態にならないと体内で発動しない「オートファジー」っていう仕組みがあって、断食することで脂肪に溜まった毒素をエネルギーに変え、胃腸を完全に休ませることで、細胞も若返る。実際に断食したことで、めちゃくちゃ調子が良くなって、かつ10キロくらい痩せました。しかも断食って3日目くらいからトぶんですよね、気持ちが。朝起きた瞬間から「スンッ!」みたいな感覚。僕はそれを“ヘルシー・ハイ”って呼んでるんですけど、そのクリアな状態をまた味わいたくて、何度もファスティング(断食)してしまう。

――JOMMYさんも断食したくなってきましたか?

J 俺の場合、自分の体内に毒素が溜まってる感じがしないんだよなあ。不調もまったくないし。奥さんが昔から食材には厳しくて、食事も基本は無添加・無農薬だから。

――ナチュラル・ヘルシー・ハイ的なマウンティングですね。

J 実際、それが朝から晩まで毎日だから、調子が悪くなることもないんだよね。必ず行く年1の健康診断もオールA。

D 僕の奥さんもそこはこだわってるんだけど、僕自身は恥ずかしながら少し前まで、オーガニックとかヘルシー志向にまったく興味がなくて。だから何も考えずに、なんでも食べてたんですけど、やっぱり原因不明のダルさに襲われることが多々あって。

――それだとDJ DARUSAになっちゃいますもんね。

J 確かに近くにいて不安だったことある、DARUMAくんの健康状態(笑)。

D ちなみにステイホーム中に勉強して資格も取得したので、ファスティングをコーチングすることもできます。まだコロナ禍ではありますけど、(クラブでの)パーティ上がりの面々には、ぜひともヘルシー・ハイを体験してほしいです。

■多摩区小学生有志 市北部でスケボーを 練習場求め、署名運動(10月2日付 タウンニュース)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』