サイゾーpremium  > 連載  >   > DJ DARUMA & JOMMYの「BLACK PAGE」【3】/【少年イン・ザ・フッド】と宇田川町の喧騒
連載
DJ DARUMA & JOMMYの「BLACK PAGE」【3】

【DJ DARUMA & JOMMY】『少年イン・ザ・フッド』と宇田川町の喧噪

+お気に入りに追加

――ダンスフロアからの新たな刺客。DARUMAとJOMMYの画期的音楽探究。

2011_0928_074_520.jpg
(写真/岩澤高雄・The VOICE)

――本日の装いですが、お2人とも90年代を思い返さずにはいられないアイテムを着られてますね。

DJ DARUMA(以下、D)JOMMYがブーキャン【編註:ブート・キャンプ・クリック。ブラック・ムーンやスミフン・ウェッスン、ダ・ビートマイナーズらを中心に90年代前期に結成されたヒップホップ・クルー】のTシャツを着ていたんで、自分も負けじと、一旦パーカーを取りに自宅に帰りました。

JOMMY(以下、J) そして着てきたのが、ダックダウン・レコード【編註:ブーキャンのメンバーたちが在籍するヒップホップ・レーベル】。

――つまり、今回のテーマは90年代……。

D の、要素が感じられるGhetto Hollywoodこと、SITEくんのマンガ『少年イン・ザ・フッド』です。

――『週刊SPA!』(扶桑社)で連載中の青春を謳歌する学園ストリートマンガですね。

D 90年代と現在のストリートの空気感をうまくクロスオーバーさせていて、めっちゃリアルなマンガなんですよね。

J 90年代におけるミックステープ・カルチャーとか、懐かしい雰囲気もあるんだけど、それだけに偏っていないところがいいんだよね。

D 例えば、映画だと『パルプ・フィクション』(94年)や『ラスベガスをやっつけろ』(98年)なんかに見られる劇中でのドラッグの扱いに関するオマージュや、登場するヤクザのボスがシュグ・ナイトをもじった「内藤 傑」だったり、パブリック・エネミーやブラック・シープのアルバム・ジャケットをサンプリングしたタイトル画だったり。そういった90年代リスペクトがあった上で、去年オーバードースで亡くなったラッパーのジュース・ワールドに対してはタギングで「Rest In Peace」って追悼していたり。主張の入れ方が巧みで、オタク心をくすぐられる。

――確かにSITEの描写には「ドヤァ」のような慢心が見られないですよね。ちなみに彼は過去のインタビューで、「人種差別は絶対に許さないけど、ドラッグやグラフィティの罪は自己責任でOKという、ある意味Netflixのドラマに近いモラルのライン引きをしている」と話していました。

D ここまでリアルなヒップホップ・マンガってなかったですよね。細かな描写も含め、SITEくんが描ける理由って、確実にストリートの中心で育ったからだと思うんですよ。「『池袋ウエストゲートパーク』以降、ストリート・チーマー的な作品は出ていない」って、先日何かのインタビューで読みまして。本当は映像化を前提としてプロットを映像関係の人たちにプレゼンしてたみたいなんですよね。でも、「原作がないと映画化やドラマ化は難しい」って言われて、「だったら自分で描くしかない」と腹を決めたようで。過去にはミュージックビデオの監修や撮影もこなしてたから、それこそドラッグカルチャーや暴力なんかのギリギリのラインを攻めた映像作品をNetflixや映画などで制作する、っていうのはリアリティがある。

――そうした描写も魅力ですけど、憧れの師匠的存在や学生時代のストリートにおける諍いなんかもリアルで面白いんですよね。自分は『少年イン・ザ・フッド』を読んで、友達と「高校時代、ラジカセは何を使ってた?」なんて思い出話になりました。

J 俺はラジカセがパナ(ソニック)で、コンポがソニーだったような気がする。

D あとはショックウェーブ【編註:96年にパナソニックが発売したヘッドホンステレオ。搭載されたVMSS回路によって、サウンドに合わせてヘッドホンがバイブレーションする機能を持つ】でしょ。当時、中目黒にあった「ONE WAY RECORD」で「お、売ってる!」と思って買ったら、“ショックしないウェーブ”のほうで、マジで超ショックだった。

J 師匠的存在でいったら、やっぱり地元の先輩DJかな。

――JOMMYさんに“夜の街”を教えてくれた先輩ですね。

J そうそう。その後、ダンスに目覚めてからは(DJ)KANGOさんが師匠で、ダンススタイルはハウスだったけど、ヒップホップのライフスタイルを叩き込んでもらいました。しかも当時の第一線の先輩ダンサーたちって、ガンガンニューヨークに行ってたよね。

D 確かに。お金を貯めて、平気で3カ月とか行ってたね。

J しかも帰国すると、みんな最新のNYピンピン。

D そう、頭のてっぺんからつま先まで“ザ・ニューヨーク”で帰国するんだよね。同じ月日を過ごしていたはずなのに、まるで3~4年くらい、どっぷり濃密にヒップホップカルチャーに浸かってました! ってくらい異様にパワーアップして帰ってくる。まさに“精神と時の部屋”みたいな感じで。

――日本でもヒップホップカルチャーが色濃く浸透し始めると、『少年イン・ザ・フッド』でも描写されていましたけど、あいさつするときの独特な“ハンドシェイク”文化も加わってきますよね。お2人の今現在の基本のハンドシェイクというのは?

D 今はヒジとヒジをクロスさせてぶつける感じかな。(新型)コロナの影響もあって。

J グーからスタートしてパーで終わる、パーからスタートしてグーで終わるスタイルとかいろいろあるけど、俺たちは結構シンプルだよね。

D むしろ、その複雑なハンドシェイク側には乗っかりたくなかった側なんですよ、僕たち。

J ただ、地域や音楽のジャンルによってやり方も変わるんで、自分たちからはしないけど、臨機応変に対応します。

D 今は足をぶつけ合うあいさつの仕方もあるけど、いつの時代も“あいさつ噛み合わない問題”ってのは、つきものなので。

2011_0928_049_320.jpg
「わっ、マジ雨とか聞いてねえし!」な写真ではなく、ダルジョミさんは『少年イン・ザ・フッド』の、とあるコマに関連した動きを披露してくれています。

――そうしたことも含め、『少年イン・ザ・フッド』は、忘れかけていたストリートの青春時代を思い出させてくれますよね。

D 僕が真っ先に思い出したのは“宇田川町の喧噪”。90年代から00年くらいまで、「レコ袋片手に宇田川町を歩いている自分が、シーンの一端を担っている」って感覚は、誰しもが持ってたと思うんですよね。日本のヒップホップを語る上では、確実に必要な財産だから、それこそ1冊の本にまとめたら、絶対面白いと思うんだよなあ。

J 宇田川町が持つ、あの独特の空気感、空間に足を踏み入れる勇気というか、歩くだけでそれなりの度胸を試された感覚はあるよね。なんて言うんだろ、ポッと出じゃ簡単にスッと入り込めない感じ。

D 輝かしい時代だったよね。それこそSITEくんは、当時宇田川町をどういうふうに見ていたのか、感じていたのか知りたいくらい。

――もしかしたら、それがマンガの中で描写されてるかもしれませんよね。

J DJもダンサーもラッパーもいて、レコ屋や洋服屋の店員も影響力を持つ時代だったもんね。しかも、そのみんなが宇田川町をどう見ていたのか? っていう角度や温度差もあるだろうし。

D さらにその時代って、まだネットが発達していなかったし、自分で街に出て情報を探さないといけなかったじゃないですか。その当時に経験した“生きた情報”が、良くも悪くも刻み込まれていて、今も仕事に生かせてる。だから、“ショックしないウェーブ”も良い経験だったと思える。

J そういう経験も『少年イン・ザ・フッド』に出てるよね。

D だからリアルで面白いんだと思う。これも何かの縁、きっかけかもしれないんで、サイゾーさんで「あの頃の宇田川町」の本、作っちゃいましょうよ。

(構成/編集部)
(写真/岩澤高雄・The VOICE)

DJ DARUMA(DJだるま)
ヒップホップの魂を持って世界各国のダンスフロアをロックするDJ/プロデューサー。DJ MAARとのユニット〈DEXPISTOLS〉として、EXILE HIROの呼びかけによって集結したユニット〈PKCZ®〉のメンバー(MAKIDAIとVERBALも含む)としても活躍。
Instagram〈djdaruma

JOMMY(じょみー)
10代からストリートダンスを始め、東京のダンスシーン/クラブミュージックシーンを牽引する存在。〈DJ DARUMA & JOMMY〉として、昨年からスタートした新世代ハウス・パーティ『EDGE HOUSE』のレジデントも務める。
Instagram〈jommytokio

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

サイゾーパブリシティ