サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 米ラッパーとドラッグの関係性【2】/【元売人トリオ】と契約したエミネム
2012_column_ph2_320.jpg
(右から)ベニー・ザ・ブッチャー/コンウェイ・ザ・マシーン/ウエストサイド・ガンで構成されるグリゼルダ。この世界観、あの頃を尋ね求めている感じ!(写真/Getty Images)

――2017年、エミネムが主宰するレーベル〈シェイディ・レコーズ〉と契約したヒップホップ・グループ、グリゼルダ。ドラッグ抗争で絆を深めたトリオのスタイルとサウンドは、どこか懐かしくあたたかみ。

 ラッパーに関する情報の中でも、エミネム絡みのものは日本のメディアを通じて、いまだに結構伝えられている印象がある。だが、彼自身のレーベルであるシェイディ・レコーズを通じて配給契約を結んだ、ラッパーのウエストサイド・ガンとそのレーベル、グリゼルダについては扱いが小さかった。

 ニューヨークのバッファローを本拠地とするこのレーベルの核となるのはガン、その弟のコンウェイ・ザ・マシーン、そして、ベニー・ザ・ブッチャーの元売人トリオだ。子どもがするような連射銃の発砲音の口真似を、曲中で自分の登場時などにアドリブでかます現在38歳のガンは、かなりの量のドラッグを売りまくり、銃撃戦と刑務所とスタジオを行き来していたという。彼が音楽活動を本格的に始めたきっかけは、ラッパーとして先に活動していたコンウェイが、ミックステープのプロモ巡業から地元に戻った際、何者かに銃撃され、1発が肩、もう1発が後頭部に当たるという事件だった。この銃撃で顔面半分が麻痺し、ラッパーとしてキャリアを断念しかけたコンウェイに対し、ガンは仲間のベニーと共に、「顔面麻痺でもラップはできる」と自信を持たせたい一心で売人から完全に転身したのだった。実は、ベニーにもラップを嗜んでいた兄がいたが、銃撃戦で命を落としている。最新アルバム『WWCD』では、「もしも兄貴が戻ってくるなら、すべてを差し出す」と訴えている。

 3人はドラッグをめぐる抗争を背景に絆を強めたわけだが、彼らと同じ元売人が演っている(?)ラッパー本人の見た目がシュッとしているトラップと比較してみると、まるで真逆のスタイルを貫いているのだ。年季の入ったラップファンなら、こんなグリゼルダの連中に、懐かしさを覚える人は多いかもしれない。と同時に、50セント率いるG・ユニットも、かつてエミネムがフックアップし、ドクター・ドレとの完全バックアップで売り出されたことも思い出すだろう。エミネムとしては、トラップ主流の20年にあって、一見しただけでは単なる遠い昔のスタイルの継承者としてくくられてしまいそうなグリゼルダの面々を通して、今どきのラップファンに温故知新を促そうとしているのかもしれない。「こういうラップもあるんだぞ」と。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

サイゾーパブリシティ