サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 米ラッパーとドラッグの関係性【2】/【元売人トリオ】と契約したエミネム
2012_column_ph2_320.jpg
(右から)ベニー・ザ・ブッチャー/コンウェイ・ザ・マシーン/ウエストサイド・ガンで構成されるグリゼルダ。この世界観、あの頃を尋ね求めている感じ!(写真/Getty Images)

――2017年、エミネムが主宰するレーベル〈シェイディ・レコーズ〉と契約したヒップホップ・グループ、グリゼルダ。ドラッグ抗争で絆を深めたトリオのスタイルとサウンドは、どこか懐かしくあたたかみ。

 ラッパーに関する情報の中でも、エミネム絡みのものは日本のメディアを通じて、いまだに結構伝えられている印象がある。だが、彼自身のレーベルであるシェイディ・レコーズを通じて配給契約を結んだ、ラッパーのウエストサイド・ガンとそのレーベル、グリゼルダについては扱いが小さかった。

 ニューヨークのバッファローを本拠地とするこのレーベルの核となるのはガン、その弟のコンウェイ・ザ・マシーン、そして、ベニー・ザ・ブッチャーの元売人トリオだ。子どもがするような連射銃の発砲音の口真似を、曲中で自分の登場時などにアドリブでかます現在38歳のガンは、かなりの量のドラッグを売りまくり、銃撃戦と刑務所とスタジオを行き来していたという。彼が音楽活動を本格的に始めたきっかけは、ラッパーとして先に活動していたコンウェイが、ミックステープのプロモ巡業から地元に戻った際、何者かに銃撃され、1発が肩、もう1発が後頭部に当たるという事件だった。この銃撃で顔面半分が麻痺し、ラッパーとしてキャリアを断念しかけたコンウェイに対し、ガンは仲間のベニーと共に、「顔面麻痺でもラップはできる」と自信を持たせたい一心で売人から完全に転身したのだった。実は、ベニーにもラップを嗜んでいた兄がいたが、銃撃戦で命を落としている。最新アルバム『WWCD』では、「もしも兄貴が戻ってくるなら、すべてを差し出す」と訴えている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年10・11月号

伊織いお「パワフル&セクシー」

 伊織いお「パワフル&セクシー」
    • 【伊織いお】ボディメイクで鍛えた体!

(秘)読書案内

(秘)読書案内
    • 【YouTuber本】ヒット戦術
    • 【RYKEY DADDY DIRTY】ムショ読書
    • 【イスラム】を理解するための本
    • 尖端的すぎる【写真集】
    • 【フェティシズム】写真集の華麗なる変遷
    • 【スピリチュアル出版社】イチオシの本
    • 【エロ本】衰退史
    • エロ本業界の【歴史】がわかる参考文献
    • 【現代のエロマンガ家】の4冊
    • 【ヒップホップ文化】を学ぶ本
    • 17歳の【新鋭ラッパー】に聞く
    • 今流行りの【中国ミステリ】の世界
    • 占領下生まれのイビツなニッポン【図書館】

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【マルサの女】高崎かなみ
    • 【高槻実穂】グラビア
    • 【藤木由貴】グラビア
    • 【グレイテストラウンドガール】プールパーティ
    • 【後藤直義】GHOST IN THE TECH
    • 【丸屋九兵衛】バンギン・ホモ・サピエンス
    • 【稲田豊史】オトメゴコロ乱読修行
    • 【萱野稔人】超・人間学
    • 【クロサカタツヤ】ネオ・ビジネス・マイニング
    • 【神保哲生×宮台真司】マル激 TALK ON DEMAND
    • 【辛酸なめ子】佳子様偏愛採取録
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人×江森康之】念力事報
    • 【田澤健一郎】体育会系LGBTQ
    • 【澤田晃宏】外国人まかせ
    • 【大石始】マツリ・フューチャリズム
    • 【AmamiyaMaako】スタジオはいります
    • 【DJ DARUMA(PKCZ(R))& JOMMY】BLACK PAGE
    • 【友清哲】ビールの怪人
    • 【西国分寺哀】大丈夫?マイ・フレンド
    • 【町山智浩】映画でわかるアメリカがわかる
    • 【更科修一郎】批評なんてやめときな?
    • 【花くまゆうさく】カストリ漫報