サイゾーpremium  > 特集2  > “ラップスター”を生み出す現場【2】/シーズン4覇者【ralph】の胸中
第2特集
その名に恥じぬ“ラップスター”を生み出す現場【2】

優勝を手にし、何を思うのか……シーズン4覇者【ralph】の胸中

+お気に入りに追加

――シーズン4の放送開始と同じタイミングとなる本誌20年9月号のインタビューに登場したralph。優勝を手にした直後に、率直な感想を聞く。

2012_P108-113_img007_520.jpg
(写真/cherry chill will.)

「ファイナルまで残れたからといって、優勝しなきゃ意味がないとは思っていなかった。ジャッジは審査員によるものだし、とにかく自分はいつものようにベストを尽くすのみ、という気持ちでした。

 自分とItaqが昔作った曲で『言ってみりゃこのGAMEは四角錐/でもバカにゃ頂点しか見えてない/俺がいるのは底辺の角/つまり最先端は1つじゃない』ってラップしたんですけど、今の日本語ラップは気楽に聴けたり、オートチューンだったり、そういった華やかなシーンに憧れすぎているきらいがある。俺の好きな日本語ラップは、重くてアンダーグラウンドにいるような、そんなスタンスなんです。なので、俺がラップスタアに出場した理由っていうのは、もしその華やかさだけがヒップホップだと思っているヤツらがいたなら、それは間違いだと背中を押したかったからなんですよ。本来だったらオーディション番組なんかフェイクだワックだ、って思ってた側の人間だったんですけど、自分が距離をとってたら、いつまで経ってもわかってもらえない。だから、出場することに意味があるんじゃないかなと思ったんです。

 今はラップのスタイルにも多様性がある。そこで頂点だけを見据えるんじゃなく、底辺の角を伸ばしていったらいい。オールドスクールでもいいし、超奇抜なことでもいい、それを各々が伸ばしていくことが大事なんじゃないかなと思ってます」

(取材/佐藤公郎)
(写真/cherry chill will.)


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年12月号

「佐藤あいり」気鋭の女優の美しきボディ

「佐藤あいり」気鋭の女優の美しきボディ

NEWS SOURCE