サイゾーpremium  > 特集  > 社会問題  > 本場とは異なる“日本風中国料理”進化のヒミツ
第1特集
サイゾーPremium 特別企画「今こそ“食”を考える」

満州引き揚げ者が「焼き餃子」を普及! 本場とは異なる“日本風中国料理”進化のヒミツ

+お気に入りに追加

(取材・文=須藤輝)

2006_premium_nihontyuuka_01.jpg
1971年に発売開始された丸美屋「麻婆豆腐の素」。(写真/Getty Images)

 近年、“町中華”が注目を集めている。町中華とは、簡単にいえば昭和中期~後期に創業した個人経営の大衆的な中華料理店であり、ライターの北尾トロを中心に結成された「町中華探検隊」がブームの火付け役となった。そこで提供されるメニューはラーメンや餃子、炒飯をはじめ、レバニラ炒めや唐揚げなどの各種定食、果てはオムライスやカレー、カツ丼まで実に雑多であり、もはや“中華”から逸脱している。

 もっとも、日本における“中華料理”のスタイルは本場・中国の料理とは異なっているというのはよく知られている。それは“日本風中国料理”とでも呼ぶべきもので、ある意味、町中華のメニューはもっとも大衆的な形でローカライズされた中国料理といえるかもしれない。では、中国から伝わった料理の数々は、いかにして日本化され、定着したのか――。

 食文化に詳しく、外国から伝来した料理が日本で定番化する過程を探った『オムライスの秘密 メロンパンの謎 人気メニュー誕生ものがたり』(新潮文庫)の著者・澁川祐子氏に、まず日本風中国料理のルーツについて聞いた。

「日本は歴史的に中国からさまざまな影響を受けていて、奈良時代には“索餅(さくべい)”という素麺の原型が伝わったりしています。また、一口に“中華料理”といっても地方でまったく異なるため、いつの時代にどこの人が何を持ち込んだかという点でもバリエーションが数多くあります。よって、日本に中華料理が定着した経緯をひと続きの流れで説明するのは難しいですが、江戸時代の鎖国期に長崎で生まれた卓袱(しっぽく)料理が起点になっているとはいえるでしょう」

2006_premium_nihontyuuka_02.png
「長崎卓袱浜勝」のサイトより。

 この卓袱料理は、中国だけでなく洋や和の要素もミックスされたものであるが、日本向けにローカライズされた中国料理という意味で、現在の日本風中国料理のベースになったといえそうだ。ただし、中華料理が日本に根づくのはまだ先の話であり、そこに至るまでに大きな役割を果たしたメニューが、ラーメンと餃子である。そして、澁川氏によれば「ラーメンも餃子も歴史的な出来事を機に世の中に広まった」という。

「まずラーメンに関して、日本の麺料理の歴史をさかのぼると、先述した素麺に始まり、以降、室町時代にはうどん、江戸時代に蕎麦が広まり多様化します。その後、幕末に横浜をはじめとする各地の港が開港されると、周辺に南京街(中華街)が形成され、そこで中国人が食べていた中華麺が“南京そば”として日本人にも広まり、明治末期には“支那そば”と呼ばれるようになります」(澁川氏)

 現在の我々が食べているラーメンの原型は、明治43年(1910年)に浅草に開店した〈来々軒〉(1976年閉店)の看板メニューだった支那そばに見ることができるそうだ。

「〈来々軒〉の支那そばは、豚骨に鶏がらを加えたあっさりした醤油味のスープで、具はネギとチャーシューとシナチク。これが、日本の蕎麦にとてもよく似ているんです。本場中国の麺料理は、中華鍋で具材を調理するので一品料理という趣きがあります。一方、支那そばは独立したスープ、麺、具をどんぶりの中で組み合わせたもので、この具をトッピングする方式は、蕎麦に種物を乗せる食べ方と共通している。スープにしても、〈来々軒〉はタレをスープで割るという調理法を最初に採用した店だといわれ、これは蕎麦つゆが“かえし”と“だし汁”で作られるのと同じです」(同)

2006_premium_nihontyuuka_03.jpg
オーソドックスな醤油ラーメン。蕎麦のフォーマットを援用して生まれた。(写真/Getty Images)

 要するに、中国由来の麺料理を、日本人になじみのある蕎麦のフォーマットに落とし込んだのがラーメンの始まりというわけだ。また、タレをスープで割り、具をトッピングするスタイルにより、いわゆるご当地ラーメンのようにバリエーションが生まれ、全国に受け入れられていったのではないかと澁川氏は見る。

「このラーメンが普及する大きなきっかけになったのが、大正12年(1923年)に起こった関東大震災。このとき、被災地の屋台で売れる料理としてラーメンが広まったんです。蕎麦も江戸時代から屋台でも売られていたので、蕎麦の作り方を踏襲したラーメンも同じく屋台で売りやすかったのでしょう」(同)

なぜ静岡と宇都宮は“餃子の町”になったのか?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』