サイゾーpremium  > 特集2  > 日本とは違うアメリカのコロナ報道

――新型コロナウイルスをめぐっては、国内のどのテレビ局も横並びで、似たような報道が目立つ。他方で「CNNはリベラル寄り」「FOXニュースは保守派」というように、日本以上にテレビ局のスタンスが明確なアメリカのテレビ局の場合、報じ方に違いは出ているのだろうか? 海外情報に詳しいデーブ・スペクター氏に話を聞いた。

2006_davespector1_320.jpg
ロックダウンされたニューヨークのタイムズスクエアから中継しているニュース番組の撮影クルー。(写真/Getty Images)

――今回の新型コロナウイルス(以下、コロナ)をめぐる日本のワイドショーの状況は、阪神・淡路大震災や東日本大震災のときと比べると、どうでしょうか?

デーブ・スペクター(以下、デーブ) これまでとは、だいぶ雰囲気が違うと思います。というのも、コロナは世界的に流行していて、スケールは大きいですけど、一方、原発事故や津波などのように生活基盤を完全に破壊されるものではありませんからね。編成の部分でも、それほど変化はありません。震災の直後は報道一辺倒になって、バラエティ番組は姿を消しました。今回もロケを減らしたり、総集編でつないだりと、苦労はしていますけど、中断まではしていませんよね。リモート出演などの工夫はありますが、ほとんど通常運転。そういった部分の違いは大きいです。

――感染拡大を防ぐために、収録中止になった番組も多いですが、一方で報道や情報系の番組は続けています。テレビ局では今、どのような感染予防対策が行われているのでしょうか?

デーブ テレビ局の入り口で「“研音”が待ってる」って言われて焦ったけど、“検温”だった……。それはさておき、消毒剤がいっぱいあったり、マスク着用が義務化されたり、いろんなルールはできています。『報道ステーション』(テレビ朝日系)のことがあったから、やっぱり緊張感は増していますね。ただ、もともとテレビ局の衛生状況は、あまりよくないんですよ。ADなんかみんな寝不足だったりしますし。あと、今回のコロナ騒動でモロに影響を受けたのはTOKYO MXでした。理由は単純で、スタジオが狭いから、物理的にソーシャル・ディスタンスが取れない。今は再開してますけど、しばらくの間『5時に夢中!』とか僕も出てる『バラいろダンディ』とか、いくつかの生放送の番組の収録が止まりました。

――それでは、地上波に限らず、ケーブルテレビも発展し、テレビ局が多数あるアメリカでのコロナ報道とは、どういったものでしょうか?

デーブ 日本とアメリカの決定的な違いを簡単にいうと、アメリカにはワイドショーというものがないんです。朝の情報番組はABC、CBS、NBC、FOXと地上波の各ネットでやってますけど、タレントやコメンテーターがズラッと並ぶような番組はないし、そもそもコメンテーターというポジションも存在しません。レギュラー出演者のキャスターが2~3人いて、あとは特派員(記者)。それ以外は、トピックに合わせた専門家をゲストに呼びます。ただ、例外として、ABCで朝の11時から生でやっている『THE VIEW』という、ウーピー・ゴールドバーグが出ている番組があります。これは日本の『ノンストップ!』や『バイキング』(共にフジテレビ系)みたいな井戸端会議的な番組で、専門家ではないタレントが「あーでもない、こーでもない」としゃべります。そもそも、コロナの情報を知りたい人は、基本的にケーブルテレビでFOXニュース、CNN、MSNBCなどのニュース専門局、あるいはそれらのウェブ版もコンテンツが充実しているので、そっちを見ています。むしろ地上波では、ニュース番組以外はあまりコロナを取り扱っていません。

――FOXニュースは、3月上旬ぐらいまでは、コロナの危険性に対して「誇張しすぎ」と否定的なスタンスを取っていました。

2006_davespector2_320.jpg
トランプ自身はかたくなにマスクを着けないが、ドイツのマダムタッソーに飾られている蝋人形はマスクを着用させられている。(写真/Getty Images)

デーブ いわば芸風ですね。FOXニュースは大衆向けメディア、それも保守系で共和党寄り。ターゲットが絞られているから、そういった視聴者層を裏切りたくないんです。単純な話、アメリカは広いし、感染者が出てない州もまだまだあったので、危機感が伝わりにくかったというのもあります。とはいえ、さすがに今はFOXニュースも米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のアンソニー・ファウチとかに話を聞いたりしてますね。あと、FOXニュースといえばトランプ大統領との蜜月関係が有名でしたが、最近は「トランプってヤバいんじゃないか?」みたいなトーンも増えていて、摩擦が起きつつあります。FOXニュースも24時間、枠を埋めなきゃいけないから、さすがにトランプ批判もせざるを得ないという事情はある。「対応が遅い」とか、事実を伝えたりしてるだけだったとしても、トランプって単純だから、自分がディスられてると思っちゃうわけですよ。だから、ちょっとギクシャクしてる。

――今回ばかりはリベラルなCNN以外のテレビ局も、「消毒液を注射してみてはどうか」などと言ってしまう、トランプ大統領の肩を持つことはできないのですね。反対に、コロナ禍をきっかけに、株を上げた政治家はいるのでしょうか?

デーブ ニューヨーク州知事のアンドリュー・クオモ氏は特にそうですね。彼はトランプよりもリーダーシップを発揮していて、脅すような口調ですけど、しゃべり方にハートというか、アツさがある。トランプもクオモも地元は一緒ですけど、トランプの言葉にはハートがない。そのへんも人気につながっているのかもしれませんね。日本だと大阪府の吉村洋文知事や北海道の鈴木直道知事に近いかな。地方自治体の知事や首長が、非常にがんばっているという印象は、日本もアメリカも同じなんです。

――報道の姿勢などで、日米に違いはあるのでしょうか?

デーブ アメリカのメディアは、この秋に大統領選挙が控えているということもあり、「トランプ政権VS地方自治体の首長」といった構図や、中国・WHOに対する批判が目立ちます。日本はどちらかというと医療崩壊とかコロナ対策とかワクチンとか、自粛要請による経済への影響とか、そういう話題が多いですよね。あと、アメリカは病院の中での撮影が多い。日本は医師とかコロナにかかった人の話は聞けても、肝心の病院の様子、医療崩壊やオーバーシュートの実態はわからないですよね。

――そういう意味では、社会のリモート化が進む中で、今後はテレビの「見せ方」も変わってくるのでしょうか?

デーブ 果たして自宅中継をしてまで、情報番組にタレントを出す必要があるのか、ということはスタッフも考えていますね。スタジオ収録なら、まあにぎやかしというか、画にはなるからいいけど。だから、淘汰される人が出てくる可能性もある。最近だと、スタジオにひとりか2人しかいないし。でも、モニター並べてなんか不気味ですね。『スター・ウォーズ』みたい。アメリカの場合、キャスターの自宅に照明やカメラ、プロンプターなんかも持ち込んでスタジオを作れちゃう。理由は単純で、家が広いから。だから、番組はほぼ遠隔でできるわけです。日本では『とくダネ!』(フジテレビ系)の小倉(智昭)さんがそれに近いことやってますけど、機材に関してはアメリカのほうが予算があって、キャスターの自宅に機材を置きっぱなしにして遠隔操作することが多い。お金かけてますね。でも、日本も今はリモート化が進んでいるから、Zoomみたいなアプリがどんどん進化していますよね。だから、これを機に『ズームイン!!朝!』(日本テレビ系)も復活すればいいんじゃないですかね。徳光(和夫)さんだけじゃなくて、隣には田中律子もいてね。このたび日本に住む人全員に一律で給付金が出るから、名前も「田中一律子」なんかにしちゃったりして……。

(構成/ゼロ次郎)

デーブ・スペクター
アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ出身。アメリカをはじめとする海外の情報や映像などを日本に紹介。ポイントを押さえた的確なコメント、鋭い批評は多方面から好評を博している。ツイッターのフォロワー数は185万人を突破。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年6月号

緊急鼎談“感染文学”のススメ

緊急鼎談“感染文学”のススメ
    • 【石丸元章×海猫沢めろん×吉川浩満】“感染文学”のススメ

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ