サイゾーpremium  > 特集2  > 日本とは違うアメリカのコロナ報道

――新型コロナウイルスをめぐっては、国内のどのテレビ局も横並びで、似たような報道が目立つ。他方で「CNNはリベラル寄り」「FOXニュースは保守派」というように、日本以上にテレビ局のスタンスが明確なアメリカのテレビ局の場合、報じ方に違いは出ているのだろうか? 海外情報に詳しいデーブ・スペクター氏に話を聞いた。

2006_davespector1_320.jpg
ロックダウンされたニューヨークのタイムズスクエアから中継しているニュース番組の撮影クルー。(写真/Getty Images)

――今回の新型コロナウイルス(以下、コロナ)をめぐる日本のワイドショーの状況は、阪神・淡路大震災や東日本大震災のときと比べると、どうでしょうか?

デーブ・スペクター(以下、デーブ) これまでとは、だいぶ雰囲気が違うと思います。というのも、コロナは世界的に流行していて、スケールは大きいですけど、一方、原発事故や津波などのように生活基盤を完全に破壊されるものではありませんからね。編成の部分でも、それほど変化はありません。震災の直後は報道一辺倒になって、バラエティ番組は姿を消しました。今回もロケを減らしたり、総集編でつないだりと、苦労はしていますけど、中断まではしていませんよね。リモート出演などの工夫はありますが、ほとんど通常運転。そういった部分の違いは大きいです。

――感染拡大を防ぐために、収録中止になった番組も多いですが、一方で報道や情報系の番組は続けています。テレビ局では今、どのような感染予防対策が行われているのでしょうか?

デーブ テレビ局の入り口で「“研音”が待ってる」って言われて焦ったけど、“検温”だった……。それはさておき、消毒剤がいっぱいあったり、マスク着用が義務化されたり、いろんなルールはできています。『報道ステーション』(テレビ朝日系)のことがあったから、やっぱり緊張感は増していますね。ただ、もともとテレビ局の衛生状況は、あまりよくないんですよ。ADなんかみんな寝不足だったりしますし。あと、今回のコロナ騒動でモロに影響を受けたのはTOKYO MXでした。理由は単純で、スタジオが狭いから、物理的にソーシャル・ディスタンスが取れない。今は再開してますけど、しばらくの間『5時に夢中!』とか僕も出てる『バラいろダンディ』とか、いくつかの生放送の番組の収録が止まりました。

――それでは、地上波に限らず、ケーブルテレビも発展し、テレビ局が多数あるアメリカでのコロナ報道とは、どういったものでしょうか?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』