サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 現代アートの今がわかる書籍群

――西洋の名画のような“教科書的な読み方”では理解不能な作品が多く、「作品について調べてみたけど腑に落ちない……」と言われることもある現代アート。本稿では、そんな現代アートの本質的な面白さや革新性、そして現代社会との関わりがわかる書籍を関係者の声をもとに紹介していく。

2003_P090-093_img001_320.jpg
自身の作品の前でポーズを取るオラファー・エリアソン。(写真:Judith Burrows/Hulton Archive/Getty Images)

「現代アートについて知りたい」と思った人の多くがまず手に取るのは、やはり初心者向けに書かれた入門書や、近年ブームの続く大人向けの教養書だろう。『1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365』(文響社)のヒットに前後して、アートの分野でも「教養としての~」「世界のエリートが~」といったタイトルの書籍は増加中だ。

 だが本稿で「現代アートの今がわかる本」を紹介してくれた現代アートの識者たちは、「そうした本はあまり……」と口を揃える。アート専門出版社・アートダイバー代表の細川英一氏は「個人的にはそうした本に魅力を感じません」と話す。

「“教養”の名を謳う書籍の多くは、『西洋や日本の美術史や名画の見方を学びましょう』と教科書のような内容が並んでいる印象です。そうした本から『教えてもらおう』という感覚や、権威的な名画をありがたがる姿勢とは真逆のところに、現代アートの面白さはあると思います。また現代アートを投資と結びつけて紹介する本もブームですが、そうした本の書き手は作品を売る商売の人が大半。アートマーケットを深く知る人にとっては、『世界中で発表されているアートの99・9%は値が下がる』というのが現実ですから、それを告げずにポジティブなことばかりを語るのは危険だと思います」(細川氏)

 そして細川氏は、現代アートへの真摯な手引書として、まず椹木野衣氏の『感性は感動しない』【1】を薦める。

「今の日本の美術界を代表する批評家の著作ですが、本書は至って平易な文章で書かれています。その内容も、『美術作品は見たままに感じ取って、そこから自分の感性を深堀していけばいい』というシンプルなもの。シンプルで本質的であるがゆえ、実践するのは実は難しいかもしれないですが、現代アートに抵抗がある方にも最初の1冊にオススメです」(細川氏)

 感性よりも論理の方向から、現代アートを読み解いていきたい人には、『スペキュラティヴ・デザイン』【2】もいい。推薦してくれたのは、視覚文化全般を中心としながら美術批評も手がける塚田優氏だ。

「本書ではデザイナーの仕事も紹介されていますが、アーティストによる作品も多数収録されています。コンセプトの成り立ちを丁寧に紹介しているので、現代アートを理解する思考法のレッスンとしておすすめですし、オールカラーなのでパラパラと見るだけでも楽しい本です」(塚田氏)

 現代アートに関わる美術史の本では、細川氏と塚田氏の両氏が山本浩貴氏の『現代美術史』【3】を推薦。1986年生まれの若手研究者の初の著書だ。

「本書は『芸術と社会』というテーマのもと、現代アートの歴史を紡いでおり、戦争や民族問題、貧困問題などの社会問題に対して、アーティストが行ってきた取り組みが書かれています。『現代アートってなんのためにあるの?』といった、素朴な疑問へのひとつの回答として読める良著だと思いますね」(細川氏)

 同書は「美術史における西洋中心主義への異議申し立て」もひとつの主題となっている。塚田氏は「地政学的な観点から社会と現代アートの関わりを書いているし、通史としても読める。多様化するアートの実践にアジャストした、新時代の入門書がついに出てきたなという印象です」と話す。

「現代アートは、絵画や彫刻の歴史・知識を学んでもテーマを理解できないことがありますし、オルタナティブな美術史の掘り起こしも盛んです。そんな中で本書は『トランスナショナル』という切り口で、マイナーなジャンルともいえる『ブリティッシュ・ブラック・アート』(イギリスの黒人作家の芸術)などを取り上げた。アジアや、世界各国の作家を紹介する展覧会が増えているように見える、近年の日本の美術館とも共通の問題意識を感じさせます」(塚田氏)

 芸術と社会との関わりという点では、環境問題への取り組みで注目を集める作家が出てきたのも、現代アートの今を象徴する出来事。アイスランドの芸術家、オラファー・エリアソンはそのひとりだ。国内外の現代アート作家の展示会図録を多く揃える、ワタリウム美術館のミュージアムショップ「オン・サンデーズ」の店長・草野象氏は、その図録『In Real Life』【4】を推薦する。

「彼は地球の環境問題を作品の中核に据えたアーティストで、今年の3月には東京都現代美術館でも個展を開催します。『In Real Life』は火力発電所の建物をリノベーションしたイギリスのテート・モダンで行った展覧会の図録ですが、2018年にはテート・モダン外のバンクサイドでグリーンランドの氷河を設置し、それがだんだん溶けていく作品(『アイス・ウォッチ・ロンドン』)も展示していました」(草野氏)

 彼の環境問題への取り組みは、展覧会に展示する作品の製作のみにとどまらない。

「彼は太陽光発電式のLEDランプを製作し、送電網が未整備の地域の人々に照明を届ける『リトルサン』というプロジェクトも展開中です。『リトルサン』の太陽光発電式LEDランプは、そうした場所でも夜の読書や勉強を可能とするサスティナブルな光源になり、現在は世界中に販売の拠点と、読書会やパーティを行うコミュニティが広がっています。オラファー・エリアソンはシステムのエンジニアリングにも優れた作家であり、存在としてはスティーブ・ジョブズや『ホール・アース・カタログ』を創刊したスチュアート・ブランドに近いと思います」(草野氏)

美術史は「あるもの」ではなく「作るもの」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ