サイゾーpremium  > 連載  > 小原真史の「写真時評 ~モンタージュ 過去×現在~」  > 小原真史の「写真時評」/「富士の写真家」(中)
連載
写真時評~モンタージュ 現在×過去~

「富士の写真家」(中)

+お気に入りに追加
1912_P108-111_img001_520.jpg
「神韻霊峰」(七面山)1943年3月、岡田紅陽写真美術館蔵

 6月7日、政府は新天皇の即位を祝う献上品を皇室が受け取ることができるように閣議決定をした。議決案によれば、即位の礼の前後に皇室は天皇の即位を祝うために贈与品を受け取ることができ、贈与できる団体についての基準は内閣が設けるようだ。個人からの品や金銭は受け付けないという。

 今回、安倍内閣一同からの献上品は、あいちトリエンナーレへの補助金不交付問題で時の人となった金工作家の宮田亮平・文化庁長官(東京藝術大学前学長)による令和時代をイメージしたイルカと波の作品なのだという。

「富士の写真家」岡田紅陽も1943年に「神韻霊峰」【108ページ】と題する作品を天皇に献上している。また、1894年に鹿島清兵衛も明治天皇の大婚25年を記念して大写真「富岳 戴雪之照影」を献上しているように、富士山をモチーフにした作品が数多く皇室に献上されてきた歴史がある。神武天皇の即位から2600年目に当たるとされた1940年に横山大観が皇室に献上した富士山の絵「日出処日本」同様、「神韻霊峰」も雲上に高く聳える富士山と天皇、もしくは日本という国家を重ね合わせたものだといえる。

 紅陽と大観という富士をモチーフにした作品で知られる2人の大家の名が入った写真集がある。40年にアルスから出版された『富士山』である。カバーには「紀元二千六百年記念出版」という文字が入り、カバーを外すと大観の印の入った絵が出てくるという構造になっている。「富士の写真家」と「富士の画家」の共演という趣だ。紅陽は富士山を通して大観をはじめとした画家と交流があり、日本画家の川端龍子も「聖紀と霊峯」と題した文章をこの写真集に寄せている。川端が「日本民族は実は今日の休火山としての富士に対して、黙示的な崇高な霊威をさへ感じ来つたことであつて、凡そ日本国民の感情は、この霊峯が秘めた含蓄の内に総てを抱懐されいることでもある」と記しているように、紅陽の写真は、単純に富士山をモチーフにしたということを超えて、「日本民族」や紀元二千六百年を迎えた皇室との関係においてとらえられているのである。

 写真それ自体は、前景に自然物を配してさまざまな角度から富士山の様子をとらえた、ピクチャレスクな風景写真が多く、とりたてて政治的な意図を持って撮影されたとは思えない「美しい」風景写真が終始続いている。説明文のほうも戦時とは思えぬ牧歌的で自然賛美的なものが大半を占めるのだが、ところどころ政治的な色彩を帯びる箇所がある。例えば、表紙写真に選ばれた「黎明」のページには、次のようにある。

 東雲の空を衝いて昇り出づる太陽の偉大さ、その旭光一閃を銀色の肌に受けて巍然と秀づる霊峯の雄渾さ、正に「黎明日本」の姿である。

 東京から夜行で中央線大月駅に到り富士山麓線に乗換へ暮地駅で下車、未明、尾根を伝つて三ツ峠に向ふ。途中、七合目付近で日の出を待つ。

 擬人化された富士山と日本という国の威容とが重ね合わされている前半と撮影に至るまでの旅程を淡々と記した後半の文章との分裂ぶりには驚かされるが、日中戦争が長期化し、太平洋戦争を1年後に控えたこの時期、フィルムや印画紙などの物資も不足し、防衛上の観点から山に登ることさえ禁止されていく時局の中で、ただ自然や写真を愛するというだけでは、写真家であり続けることができなくなっていた。ほかにも「洋上に聳ゆ」には、次のような言葉が添えられている。

 眼前に寄せ来る波は荒い。駿河湾の風は強い。だが彼方に聳える富士の峯は泰然として微動だにしない。――太平洋の護り、揺るがぬ盤石の姿である。

 神風が元軍の襲来から日本を救ったという言説や先日の「即位礼正殿の儀」の直前に雨がやみ、虹がかかったことを天皇の神通力と結びつけてしまうのと同じように、戦中富士山もまた、「神国日本」を守護する霊峯という位置づけでさまざまな媒体に登場し続けた。太平洋側から攻め入る米軍に対して自然物である富士山が「微動だに」せず、その霊威を発揮することもなかったのは、改めて言うまでもないだろう。富士山は「盤石」でも、それを仰ぎ見る人々の心情は、時代によって千変万化したのであり、岡田紅陽という写真家の描いた軌跡もそのことをよく物語っているのかもしれない。

(次号につづく)

岡田紅陽(おかだ・こうよう)
1895~1972年。本名は賢治郎。新潟県出身。早稲田大学卒業後、米殻取引所に就職。1920年に東京府の嘱託写真家となり、関東大震災の被害状況を記録。富士山の撮影をライフワークとして約40万枚を残したほか、内地や台湾で国立公園の写真も撮影。戦前・戦後を通して紅陽の富士写真は、紙幣や切手の原図として採用された。著書に『写真の知識』(帝国教育会出版部/30年)、『国立公園写真集』(国立公園協会/36年)、『富士山』(アルス/40年)、『富嶽百景』(日本美術社/68年)、『富士』(求龍堂/70年)ほか。2004年に山梨県忍野村に開館した岡田紅陽写真美術館で作品が収蔵・常設展示されている。

小原真史
映像作家、キュレーター。監督作品に『カメラになった男ー写真家中平卓馬』。著書に『富士幻景―近代日本と富士の病』、共著に『時の宙づり―生・写真・死』『戦争と平和―〈報道写真〉が伝えたかった日本』『森の探―無人カメラが捉えた日本の自然』がある。IZU PHOTO MUSEUM研究員として荒木経惟展、宮崎学展、小島一郎展、増山たづ子展などを担当。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

サイゾーパブリシティ