サイゾーpremium  > 連載  > 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」  > 町山智浩の「映画がわかるアメリカがわかる」第142回/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
連載
町山智浩の「映画がわかるアメリカがわかる」第142回

『アメリカン・ファクトリー』中国資本の米工場は奴隷労働か……でも最低賃金は日本の倍!!

+お気に入りに追加

『アメリカン・ファクトリー』

1910_machiyama_200.jpg

2008年、リーマン・ショックの影響により、米大手自動車メーカー「ゼネラルモーターズ」が経営破綻した。翌年、アメリカ大統領に就任したオバマは、公的資金により同社を救済すべく働きかけるも、オハイオ州デイトンの工場は間に合わなかった。やがて、好景気に湧く中国企業が再生に着手。だが多くの弊害が従業員に……。監督:スティーブン・ボグナー、ジュリア・ライカート。Netflixで配信中。

 オバマ前大統領が映画会社を始めた。その名も「ハイヤーグラウンド(スティーヴィー・ワンダーの歌から)」。

 第一作は、すでにネットフリックスで全世界に配給された『アメリカン・ファクトリー』。閉鎖されたアメリカの自動車工場を、中国資本が再生させる過程に密着取材したドキュメンタリーだ。

 2008年、リーマン・ショックの中で、GM(ゼネラルモーターズ)の経営が破綻し、オハイオ州デイトンにあった工場も閉鎖され、1万人が職を失った。オハイオはラストベルト(錆びついた工業地帯)と呼ばれ、1970年代以降、重工業の縮小が続いている。09年に大統領に就任したオバマ大統領はさっそくGMに公的資金を投入して再建させたが、そのデイトンの工場は間に合わなかった。

 それから6年たった15年、中国のフーヤオ(福耀)グループがその工場を再生させることになった。フーヤオはGMやクライスラー、トヨタなど、自動車のための窓ガラスを製作する国際企業である。オハイオ州が補助金1500万ドルを提供して誘致したのだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年12月号