サイゾーpremium  > 連載  > 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」  > 町山智浩の「映画がわかるアメリカがわかる」第142回/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
連載
町山智浩の「映画がわかるアメリカがわかる」第142回

『アメリカン・ファクトリー』中国資本の米工場は奴隷労働か……でも最低賃金は日本の倍!!

+お気に入りに追加

『アメリカン・ファクトリー』

1910_machiyama_200.jpg

2008年、リーマン・ショックの影響により、米大手自動車メーカー「ゼネラルモーターズ」が経営破綻した。翌年、アメリカ大統領に就任したオバマは、公的資金により同社を救済すべく働きかけるも、オハイオ州デイトンの工場は間に合わなかった。やがて、好景気に湧く中国企業が再生に着手。だが多くの弊害が従業員に……。監督:スティーブン・ボグナー、ジュリア・ライカート。Netflixで配信中。

 オバマ前大統領が映画会社を始めた。その名も「ハイヤーグラウンド(スティーヴィー・ワンダーの歌から)」。

 第一作は、すでにネットフリックスで全世界に配給された『アメリカン・ファクトリー』。閉鎖されたアメリカの自動車工場を、中国資本が再生させる過程に密着取材したドキュメンタリーだ。

 2008年、リーマン・ショックの中で、GM(ゼネラルモーターズ)の経営が破綻し、オハイオ州デイトンにあった工場も閉鎖され、1万人が職を失った。オハイオはラストベルト(錆びついた工業地帯)と呼ばれ、1970年代以降、重工業の縮小が続いている。09年に大統領に就任したオバマ大統領はさっそくGMに公的資金を投入して再建させたが、そのデイトンの工場は間に合わなかった。

 それから6年たった15年、中国のフーヤオ(福耀)グループがその工場を再生させることになった。フーヤオはGMやクライスラー、トヨタなど、自動車のための窓ガラスを製作する国際企業である。オハイオ州が補助金1500万ドルを提供して誘致したのだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー
    • 暴力団だけじゃない【反社】の定義
    • 【山口組分裂】報道の最前線
    • 【嵐】休止後の芸能界にタブーはあるか?
    • 本当の【氷川きよし】論
    • 【社会学者】きーちゃんを苦しめる疑惑フォーマット
    • 【湯山玲子】ミサンドリー時代に合った戦略
    • 【音楽学者】芸能の性別越境を回復する存在に
    • 【丸屋九兵衛】ヒップホップときよしの交差点
    • 【ANARCHY】初期衝動を落とし込んだ映画
    • 【SEEDA】ラッパーの禁忌な生き様を描く
    • 世界の過激な【保守派リーダー】
    • 【元芸人】が政治の世界に進出するワケ
    • 【アナ雪】ステマ問題ほんとの戦犯
    • 時代を先取りする【新・麻薬王】の肖像
    • 【医療観察法】の知られざる実態

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』