サイゾーpremium  > 連載  > 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」  > 町山智浩の「映画がわかるアメリカがわかる」第141回/【おしえて!ドクター・ルース】90歳のセックス・セラピスト
連載
町山智浩の「映画がわかるアメリカがわかる」第141回

『おしえて!ドクター・ルース』セックス・セラピストはキュートな90歳!――時代に翻弄された半生

+お気に入りに追加

『おしえて! ドクター・ルース』

1909_P133_img001_200.jpg

80年代、アメリカでは性のお悩み相談が好評を博していた。悩みに答えるのは“おばあちゃん”。小柄で愛くるしい顔、そして強いドイツ訛りの、優しく、鋭いアドバイスで、たちまち人気者になった。だが、彼女の生い立ちは決して平坦なものではなかった……。監督:ライアン・ホワイト、出演:ルース・K・ウエストハイマーほか。8月30日全国公開。

「あなたの彼氏が、セックスの時、ちゃんとクリトリスを刺激してくれないなら別れなさい」

 そんな言葉がテレビやラジオから聞こえるとドキっとするが、言ってるのが、ちっちゃくて可愛くてニコニコ顔のおばあちゃんだとわかると、さらにビックリする。

 ドクター・ルースことルース・ウエストハイマー博士は、40年間近くにわたって、アメリカで最も有名なセックス・セラピストとして活躍してきた。彼女が90歳になった2018年、その生涯を描くドキュメンタリー『おしえて! ドクター・ルース』が製作された。

 ルースはテレビやラジオで、一般の人からの電話によるセックス相談にキツいドイツ訛りで明るく楽しく答えていく。

「女の子がオナニーしても何も悪くないですよ。本当はみんなしてるんだから」

「ペニスの大きさよりもセックスに大事なのは頭と心なのよ」

「私が嫌いなのはノーマルという言葉。セックスにおいてノーマルも異常もありません」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』