サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > 【橘ケンチ×手塚マキ】読書の愉楽

――毎年恒例になってきた夏の「EXILEと本」企画も今年で第三弾。今回はEXILEきっての読書家・橘ケンチ氏にご登場いただき、「本」を通じて新たな出会いをかなえてもらった。歌舞伎町での書店経営や、ホストクラブでの読書会など、一風変わった読書の楽しみ方を提供する手塚マキ氏との邂逅は、果たしてどんな化学反応を起こすのか……。

1907_MG_0431_520.jpg
↑画像をクリックすると拡大します。
(写真/増永彩子)

 過去2年、本誌の「本」特集ではEXILEメンバーに読書愛を語ってもらう企画をお届けしてきた。2017年7月号ではEXILE兼三代目 J SOUL BROTHERSメンバーである小林直己氏が村上春樹愛を熱く語り、18年7月号ではEXILE兼EXILE THE SECONDメンバーの橘ケンチ氏が自己啓発書・ビジネス書を中心とした読書愛を語ってくれた。

 1年おきの連載の様相を呈してきたこの企画が、今年も無事敢行。ご登場いただくのは、ご覧の通り、昨年と同じく橘ケンチ氏である。だが今年は少々趣向を変えて、対談と相成った。お相手は、元歌舞伎町No・1ホストにして、現在はホストクラブやバー、ヘアサロンなど複数店舗を運営するSmappa!Group会長の手塚マキ氏だ。

1907_P054-059_book003_230.jpg
手塚氏が4月に上梓した『裏・読書』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)では、夏目漱石や村上春樹、東野圭吾などの名著についてカリスマホスト・経営者ならではの独特の視点で語っている。

 手塚氏は、「LOVE」をテーマにした本だけを扱う書店「歌舞伎町ブックセンター」を17年にオープン(現在は移転作業のため閉店中)。ホストが店員を務める異色の書店は、オープン前から話題を呼び、各種メディアで取り上げられた。手塚氏自身も、『裏・読書』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)を今春に上梓しており、相当な本好きと見受けられる。「EXILE×本」「ホスト×本」――とても乱暴な物言いになってしまうが、いずれ劣らぬ珍しい取り合わせではないだろうか。なぜEXILE/ホストは本を読むのか――?

――ケンチさんは、ファンの方とオススメの本を紹介し合う書籍レコメンドサイト「たちばな書店」を主宰し、書店でのブックフェアなども行っています。一方、手塚さんは歌舞伎町ブックセンターのオーナーとして、ホストと本の距離を近づける取り組みをされています。ウェブと実店舗という違いはありますが、いずれも一風変わった“本屋さん”といえると思います。そこには何か相通じるものがあるのではないか……というのが今回の対談の狙いでして。ではまず、手塚さんは、なぜ歌舞伎町ブックセンターを作られたのですか?

手塚 僕は基本的に従業員のためのアクションしかしてきてなくて。その中でなかなか堅苦しいことを聞いてくれない彼らに向いている教育の仕方ってどんなものだろう、とずっと考えてきたんです。僕らホストにとって必要な教育は、人がうれしいときには共感して喜べて、悲しいときにはちゃんと一緒に泣けるような人間になるためのものだと思うんです。それには読書が一番効果的なのかな、と思ってきました。それで従業員たちに向けて、本を読んでブログに感想を書いて、その本をお店に持ってきたら書籍代を出す取り組みをやったことがあるんですけど、みんな全然持ってこないんですよね(笑)。だったらもう本屋をやっちゃえば読むんじゃないかな、と思って作りました。

 僕はお店にお邪魔したことはないんですが、超面白い取り組みですよね。

手塚 歌舞伎町ってやっぱり、すごく軽薄な街なんですよ。そこで生まれる会話も、深く考えない表面的なキャッチボールが多い。だからこそ、昼間一生懸命働いている人たちが、夜に来てお酒を飲んでリラックスする場所になってるんだと思います。でもそこで働いている人間がそれに慣れすぎると、本当にただの軽薄な大人になってしまう。それはあんまりよろしくないんじゃないかな、と思っていたんです。僕の周りにいるのも気のいい奴らなんですけど、その浅さのまま年を重ねていって、楽観的だった性格がだんだん卑屈になっていくパターンを結構見ています。だから、もうちょっと物事を深く考察する時間や習慣をみんなが持てるようになったらいいな、と思っていました。

 歌舞伎町に本屋って、全然イメージがなかったので、「どういう感じなんだろう?」とすごく想像が膨らみました。そういうミスマッチが僕は好きだし、面白いと思うんです。自分自身、EXILEでありながら本好きを公言しているのは、そういう狙いもあります。

手塚 公言すると、それまでよりも本を読むようになりますよね。

 そうなんですよね。たちばな書店をオープンするとき、「これを始めたら一生やらないといけないな」と思いました。でもむしろ、仕事にすると責任感が生まれてしっかりやろうと思うじゃないですか。自分で書評を書くようになると、書き方も考えるし読み方も変わるし。そういう負荷が心地いいんですよね。

手塚 わかります。良い負荷は楽しいですよね。

1907_P054-059_img004_520.jpg
↑画像をクリックすると拡大します。
大学時代の学部が理系だったという共通点もある2人。「でも僕はほとんど行ってないんで」「僕もダンスばかりしてたのであまり行ってません(笑)」と意気投合(?)。(写真/増永彩子)

――お2人とも、昔から読書は好きでしたか?

 僕は20代半ばくらいから読むようになりました。たぶん根本的に、自分に自信がないタイプなんですよ。だから「学ばなきゃ」と思う。その頃から、それを本に求めるようになっていったんだと思います。

手塚 読書家の人って、そう言う方が多いですよね。僕の場合は、高校のラグビー部の先生が「映画を観ろ、本を読め」ってずっと言っている人だったのが頭に残っていました。でもしっかり読むようになったのは、歌舞伎町ブックセンターを作ってからです。若い頃は好きなものを適当に読んでるだけでした。ダブル村上――村上龍と村上春樹は、かなり読みましたね。

 2~3年前に、EXILEメンバーの小林直己から『ノルウェイの森』をもらって読んだのが、初めての村上春樹さん作品でした。

手塚 面白かったですか?

 面白かったです。ちょっとエロいところもあるんだな、と(笑)。

手塚 村上春樹の小説の主人公って、『ノルウェイの森』のワタナベもそうですけど、結構優男じゃないですか。あんまりEXILEっぽくない気がするんですが。

 いや、そういうイメージがあるとは思いますけど、僕もハードコアな人ばっかり好きなわけではないですから(笑)。ああいう主人公も好きです。

――手塚さんは新刊『裏・読書』の発売イベントとして、ご自身の経営されるホストクラブで『ノルウェイの森』を読む「夜の読書会」を開催されていましたね。

手塚 面白かったですよ。開店前の時間に開催したんですけど、1テーブルに1人ずつホストが入って、お客さんと『ノルウェイの森』の話をするんです。

 それは、お店にいつも来るお客さんが集まったんですか?

手塚 いや、初めての人たちですね。だからグチャグチャな気持ちになるわけですよ。初めてのホストクラブで、なぜか『ノルウェイの森』を読むっていう変な体験で。

 いいですね。本屋でそういうイベントをやるのって普通じゃないですか。だから、逆に山の中でやるとか、工場の中でやるとか、そういうほうが面白いなと僕も思っていたところなんです。

――ケンチさんは作家の三浦しをんさんと、小説『舟を編む』について語り合うイベントをやってらっしゃいましたね(18年11月12日@日本出版クラブ)。

 100人くらい来てくださったんですけど、講演会みたいになるのも嫌だったので、お客さんの間の壁を取っ払う仕掛けはいくつか用意しました。事前に「『舟を編む』に出てくる4人の男性キャラクターのうち、恋愛対象にするなら誰ですか?」というアンケートをとって、お客さんには内緒で、席をその回答ごとに分けていたんです。隣に座ってる人と価値観/好みが一緒だとわかると、ちょっと連帯感が生まれるじゃないですか。そういうイベントはひとりで来る方も多いので、会が盛り上がるように仕掛けをしました。

手塚 ライブっぽいですね。

 でもお客さんからの最初の質問で「私は恋愛対象が女性なので、このアンケートには答えられませんでした」と言われたんですよ。「そうか、そういう人もいるよな」と勉強になりましたね。

手塚 お客さんは全員女性だったんですか?

 ほぼ女性でした。

手塚 100人の女性か……すごいな。

――ケンチさんの本を読む姿が、ファンの方にとっての読書の原動力になっているんでしょうね。好きなアーティストやアイドルのオススメする本を読んでみようという人は多いと思います。

手塚 例えば嵐が何かを勧めたら、それだけでイデオロギーが作れますよね。

 僕はそれを逆手に取ってます。影響を受けてくれる方が少なからずいるから、僕が本を勧めたり日本酒を勧めたりしていると、小さなコミュニティができてきますよね。今って、興味や好みが細分化されていて、すべての人が「これが好き」と思うものがない時代じゃないですか。だから「僕はこれが好きです」って提示して、食いついてくれる仲間を集めていくほうが今の時代に合っている気がするんです。

手塚 価値観を共有しているほうが、一方通行じゃなくなるから長くて深いつながりを作れますよね。

 それがまさにたちばな書店の大きなテーマです。いろんな人の価値観を知って、それを共有して新しい発見を得る場所にしたい。

手塚 なるほど。楽しくコミュニティを作る上でのツールが本だということですよね。いい話ですね。本を変に高尚なものだと思わないで、それくらいの感覚がいいですよね。

言葉は人間の“格”になる――LDH流の語彙力教育

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ