サイゾーpremium  > 連載  > 小原真史の「写真時評 ~モンタージュ 過去×現在~」  > 小原真史の「写真時評」/台湾と内地観光団(上)
連載
写真時評~モンタージュ 現在×過去~

台湾と内地観光団(上)

+お気に入りに追加
1906_P140-143_img001_520.jpg
拓殖博覧会で展示された「生蕃」の家族を写した絵葉書。(1912年/著者蔵)

 新元号になったからといって昭和の記憶が突然遠のくわけではないし、都合の悪い過去がリセットされるわけでもない。連日マスメディアで報じられている「2000年以上の歴史をもつ天皇制」という時代錯誤の言説は、戦中の皇紀2600年の奉祝ムードを連想させて、辟易するばかりだが、こうした自画自賛的な「日本スゴイ」論が蔓延し始めてすでに久しい。以下の事件も、そんな日本人のナルシシズムにかかわるものだろう。

 いささか旧聞に属するが、2017年4月に台湾南部の烏山頭ダムのほとりにある八田與一の銅像の首が切り落とされた事件があった。この像は烏山頭ダムの築造をはじめとする嘉南平野の大規模な灌漑工事を手がけた八田の功績をたたえるためにダムを見下ろす場所に設置されていたもので、ここでは毎年5月8日の命日に地元の「嘉南水利会」によって慰霊祭が行われていた。ダムの工期は日本の植民地統治時代の1920年から30年。農業と発電のための利水と雨季の洪水を防ぐ治水の機能を備えた、当時「東洋一のダム」であった。その後、台湾人の犯人が逮捕され、すぐに像も修復されたものの、親日のイメージのあった台湾での事件だけに驚きをもって迎えられた。というよりも、31年に住民や部下らの意見で設置され、戦後も守られてきたこの像は、自画自賛的なナルシシズムに酔う日本人にとって親日台湾を象徴するような像ではなかったろうか。ここで事件の詳細を記す紙幅はないが、台湾人と一口にいっても、45年以降に中国大陸から移り住んだ外省人と、それ以前から定住していた漢民族系内省人、山岳系の原住民などから構成されており、台湾を植民地化した日本に対する彼らの複雑な心的地図や戦後の反国民党意識を看過して簡単に親日だということはできないはずだ。八田が人格者であったとか、像の設置を固辞したとかいう美談はさておき、台湾総督府の土木技師だった彼が貢献したのは、なによりもまず日本の植民地経営に対してであって、決して現地住民の生活のためにダムを築造したわけではなかった。この「斬首事件」は、台湾は親日だというステレオタイプや戦中の日本を美化するような言説を穿つだけでなく、かつての「生蕃」を連想させた。

「生蕃」とは、日本統治時代に漢民族系台湾人に同化していない山岳系原住民を指した差別用語だ。首狩りの習俗で知られる彼らが日本人に与えた最初のインパクトは、1871年に宮古・八重山の貢納船が台湾に漂着した際、乗組員54名が原住民に斬首された事件だろう。日本はこの事件を理由に1874年に台湾出兵を行い、1895年、朝鮮の権益をめぐって勃発した日清戦争の勝利により台湾を割譲されることとなる。

 植民地・台湾は日本が東アジアに侵出していく足がかりになったわけだが、南北に領土を拡大する「新しき日本」の威容を国民に宣伝し、そこに住む人々の姿を見せようとした日本初の植民地博覧会が、1912年に東京・上野公園で開催された拓殖博覧会であった。博覧会場では、アイヌや樺太の「ギリヤーク(自称はニブヒ)」らと共に台湾から連れてこられた「生蕃」の展示が行われた(上画像)。会期中、この国家イベントを見学するために台湾から訪れた一行があった。台湾総督府が主導して組織された「内地観光団」の人々である。

 台湾の領有から間もない1897年、台湾総督府は、植民地統治を円滑に進めるための策として台湾原住民の内地への観光事業を始めた。漢化した「熟蕃」に対し、「生蕃」と呼ばれた山岳系原住民は、日本の台湾領有直後から各地で抵抗運動を繰り広げ、日本側の彼らへの弾圧も苛烈を極めた。そこで武力での鎮圧以外の対抗策として考え出されたのが、彼らに日本を見学させるという試みだった。

 明治・大正期に警官に引率されて整列する「内地観光団」の絵葉書がいくつか発行されている。その中の一枚に「入京せる生蕃観光団一行(タイヤル族四十社の頭目、五十二名)」というキャプションが付けられているものがある。山岳民族の中でもタイヤル族の抵抗活動は特に活発だったため、このときには「頭目」と呼ばれる現地で影響力のあった有力者が選抜されて、彼らの日本への印象を操作することが図られた。日本に来たタイヤル族の人数の記録との整合性や絵葉書の通信欄の仕様から、この絵葉書に写っているのは1912年の第3回か第4回観光団の一団だと思われる。

 この年の彼らの見学先は、以下のようなものであった。もっとも多かったのが兵器工場や陸軍師団、軍事演習、陸軍士官学校などの軍関係の施設。そして製紙工場や造船所、製鉄所などの工場がそれに続く。水族館や動物園、公園、寺院など今でいうような観光地へは、わずかに訪れている程度だ。拓殖博覧会の見学は、日本の近代性を見せつけることと娯楽的な要素の双方を満たすものとして選択されたのかもしれない。この会場を訪れたタイヤル族の人々は、柵で仕切られた展示空間の中と外で邂逅することとなったわけだ。

 台湾総督府による内地観光事業は太平洋戦争前まで続くこととなるが、ここでいわれる「観光」が意味するものは、一体なんだろうか。それは我々の知っているツーリズムとは明らかに異なるものだ。30年に鉄道省の外局として国際観光局が発足した際、中国の古典『易経』の「観国之光尚賓也」という箇所を「輝かしい国の光を示し賓客を優遇する」と訳して「観光」の意味が説明された(国際観光局編『観光事業十年の回顧』国際観光局、40年)。「内地観光団」にとっての観光とは、ツーリズムではなく、こちらの意味、つまり国威発揚としての対外宣伝に近いものではなかったろうか。植民地を持つ帝国主義国として船出した日本は、抵抗を続ける台湾原住民に日本の軍事・工業力を悟らせることで、彼らを伝統的な生活形態から脱却させ、帝国の一員として植民地経営に動員する必要があった。そのために選ばれた威圧と宣撫のシステムが内地観光事業だったといえるだろう。戦前・戦中の対外宣伝としての観光と聞くと、グラフ雑誌や映画などの媒体を使ったものだけを思い浮かべがちだが、影響力のある人間の口コミを利用した宣伝にも多くの予算が投じられていた。博覧会で「生蕃」が展示されたのと同じように、生身の人間もまた、宣伝のための重要な媒体のひとつなのであった。

(つづく)

小原真史
映像作家、キュレーター。監督作品に「カメラになった男ー写真家中平卓馬」。著書に『富士幻景ー近代日本と富士の病』、共著に『時の宙づりー生・写真・死』『戦争と平和ー〈報道写真〉が伝えたかった日本』がある。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ