サイゾーpremium  > 連載  > 小原真史の「写真時評 ~モンタージュ 過去×現在~」  > 小原真史の「写真時評」/マッカーサーと昭和天皇(4)
連載
写真時評~モンタージュ 現在×過去~

マッカーサーと昭和天皇(4)

+お気に入りに追加
1905_P108-111_img001_520.jpg
散歩する昭和天皇と娘の孝宮。(サン・ニュース・フォトス/1945年/著者蔵)

 日本人に敗戦の事実を突きつけ、その屈辱を刻印したとされるマッカーサーと昭和天皇の会見写真は、3枚撮影された中の1枚であった。これまで緊張した昭和天皇が直立不動でマッカーサーの隣で写っているとされてきたが、3枚を連続で見直してみると、姿勢や表情を微妙に変えているのは昭和天皇のほうで、マッカーサーは腰に手をやり、足を開いたまま姿勢を変えていないことがわかる。このことから、勝者の立場にあったマッカーサーもまた、昭和天皇と同じく緊張してカメラの前に立っていたのではないか、という疑問が浮上してくる。しかし、たとえそうであったとしても、この写真の衝撃が大きく減じるわけではない。なぜなら、彼らの姿勢よりもその位置関係こそが、会見写真のもっとも重要な要素であったかもしれないからだ。

 天皇と皇后の御真影の「奉掲(ほうけい)」の際には、天皇が向かって左側に、皇后が右側に位置するのが慣習であった。天皇と皇后の公式写真においてもこの位置関係は同じで、皇室では現在でもこの慣習は守られている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年12月号

禁断のSEX論

禁断のSEX論

とももともも初エロス

とももともも初エロス
    • 現役上智大生【とももともも】の美体

インタビュー

連載