サイゾーpremium  > 特集2  > 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア

――元世界王者の戸高秀樹氏が会長を務める戸高秀樹ボクシングジム主催の「ザ・グレイテストボクシング」。本誌2月号でも紹介した通り、毎回、10人以上のラウンドガールたちが腰を振り振り、リングに華を添えている“日本一セクシーなボクシング興行”である。4月12日に開催された同大会では、ここに紹介する4人のニューフェイスもラウンドガールデビュー! しかも、熱戦を繰り広げるボクサーをサポートする彼女たちにも、それぞれ“男をオトす必殺技”があるらしくて……?

1905_20190328_cz_7405_520.jpg
(写真/尾藤能暢)

篠原まきほ(画像右)

 4月から新たに「ザ・グレイテストボクシング」のラウンドガールになったのは、普段は撮影会モデルとして活動している篠原まきほクン。マネージャーさんいわく「小悪魔キャラ」らしいですが、そんなまきほクンの必殺技は?

「私が男をオトすときに使うのは“不意打ち”です。人って自分の意識していないところで、アクションを起こされると、気になっちゃうもんなんです」

 ちなみに、その必殺技を繰り広げたエピソードとか教えてくれませんか?

「それは内緒です(笑)」

 なるほど。これは不意打ちですね。

1905_20190328_cz_7720_230.jpg

しのはら・まきほ
1995年3月23日、東京都生まれ。身長157センチ、B87/W58/H86。今年は「グラビアをメインに、マルチに活動していきたい」とのこと。
ツイッター〈@snhrm25
インスタグラム〈shinoharaaaa

ごつはちゃん(画像左)

 まきほクンと熱戦を繰り広げているのが、こちらも撮影会モデルのごつはちゃん。芸名ですでに「ちゃん付け」強要なんですね。

 普段、撮影会ではスタッフさんに「ふざけていい?」と、聞くようなお調子者のようですが、撮影時とは打って変わってインタビュー中はなかなか目を合わせてくれませんね。そんなごつはちゃんの必殺技は?

「笑顔です。シーンとした場を、笑顔で和ませます。おなかにくる感じです」

 身体に直接くる笑顔のボディブロー。ところで、撮影会でシーンとなる瞬間ってどういう状況なんでしょう?

1905_20190328_cz_7780_230.jpg

ごつはちゃん
日本人とフィリピン人のハーフ。身長162センチ、B86/W56/H88。「Fresh!撮影会」などで撮影会モデルとして活躍中。
ツイッター〈@go6262

1905_20190328_cz_7670_1_520.jpg
(写真/尾藤能暢)

Jenna

 さて、続いては韓国から来ましたモデルのJenna(ジェナ)クン。現代自動車の中国のCMなどにも出演していたようですが、そんなJennaクンの必殺技は?

「私のキラーテクニックは、コミュニケーションスキルです。旅行が好きなので、旅行中に得た知識や体験を、男性との会話で大切にしています」

 ちなみに、印象的だった旅行はありますか?

「5年前に、ムエタイを習うため、タイに2カ月間行きました。有名な師匠がついてくれたのですが、指導はとても厳しかったです。私はダイエット目的で行っただけなのに……」

 それは、もう旅行ではなく、修行ですね。

1905_20190328_cz_7686_230.jpg

じぇな
韓国のソウル出身。身長170センチ、B84/W58/H87。日韓を股にかけ、モデルとして活動中。
インスタグラム〈shiningjinique

1905_20190328_cz_8073_520.jpg
(写真/尾藤能暢)

浪瀬まゆみ

 ノックアウトされてリングに倒れ込んでいるのは、浪瀬まゆみクン。ボクシングのラウンドガールは今回が初めてだそうですが、そんなまゆみクンの必殺技は?

「『オレのこと好きなのかな……イケるかも!』と思わせたところで引く。そしたら、向こうから寄ってくるんですよ」

 まさに「蝶のように舞い、蜂のように刺す」という感じですね。今後の意気込みを聞かせてください。

「今回ラウンドガールをやらせてもらっているので、これからはひとりでも多くの人にボクシングの魅力を伝えられるよう、がんばりたいです」

 模範解答ありがとうございます! ラウンドガール目当てでも気になった読者の方は、ぜひ試合にお越しください。

1905_20190328_cz_7913_230.jpg

なみせ・まゆみ
大阪府出身。身長165センチ、B87/W57/H86。レースクイーンやイベントコンパニオンなどとして活躍中。
ツイッター〈@namisemayumi
インスタグラム〈namisemayumi

戸高秀樹ボクシングジム主催「ザ・グレイテストボクシング」の大会情報は、同ジムHP(http://boxing-gym.jp)にて。

(文/編集部)
(写真/尾藤能暢)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学
    • 【都丸紗也華】とタピオカのモード撮
    • 三代目JSB【ELLY】の七変化
    • 【西村歩乃果】TikToKのアイドルが魅せる
    • 【MC・DK】ヒップホップの筋肉美
    • 奇跡の三十路【森ニーナ】がB-GIRLに!
    • 【100センチバスト】がウケる理由
    • 【撮影会】の元祖は海女さんだった!?
    • 【#MeToo時代】の問うグラビアの是非
    • 【心霊写真】のグラビア的価値とは

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那
    • 【大和田南那】20歳目前の美ボディ

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

    • 【中村里帆】──変顔が得意なCM美女
    • 【なみちえ】──藝大JDがラップする理由
    • 【DaichiYamamoto】──京都の新世代ラッパー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』