サイゾーpremium  > 特集  > 社会問題  > 副業で稼ぎたい人に忍び寄る罠【2】/蔓延する【コンサル】の誘惑
第1特集
副業で稼ぎたい人に忍び寄る罠【2】

情報商材だけじゃない!?――日本経済にまん延するコンサルの誘惑

+お気に入りに追加

――悪質な情報商材は、一般市民から小金を巻き上げていくビジネス。一方で、大手企業の担当者や個人事業主なども、似たようなパターンで騙されている可能性もあるのだ。

1905_konnsaru_200.jpg
『コンサルティング業界大研究[最新]』(産学社)

「基本的に、コンサルタントというポジションが飽和している業界というのは、そもそも稼げないか、すでに稼げなくなっているかのどちらかだと言い切ってもよいかもしれません。だって、稼げるならコンサルタントを受けずとも、本人たちがやっているわけで」

 リスティング広告など広告代理店業務で起業した経営者・A氏はそう話す。A氏は仕事柄、さまざまな業種のビジネスモデルに触れているが、稼げない業種ほどコンサルが幅を利かす傾向があると日々、感じているそうだ。

 コンサルティングを名乗ると格好はいいが、そうした、“儲けられる情報”を提供する仕事というのは、本質的には情報商材と似た部分があることは否めない。なぜならA氏が言う通り、その情報を使えば本当に稼げるのなら、わざわざそのネタを他人に教える必要はないからだ。情報商材を悪とするならば、世間にはびこるそうした情報も、情弱ビジネスと言えるのかもしれない。

「そもそも、他人に自分より儲けさせてやろうと思うビジネスマンはいないんですよ。切れ端をくれるだけ。それが、世の中の仕組みです」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年8月号

中韓エンタメ(禁)大全

中韓エンタメ(禁)大全

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー
    • 【ジェナ】韓国の美モデル参上

インタビュー

連載