サイゾーpremium  > 特集2  > 【88rising】世界戦略の真実
第2特集
<特別企画>迫力のステージルポ

アジアン旋風を巻き起こす〈88rising〉世界戦略の真実

+お気に入りに追加

――アメリカをはじめ世界の音楽市場で、アジアにルーツを持つラッパーやシンガーを続々とバズらせている〈88rising〉というレーベル/YouTubeチャンネル。その日本公演があった1月、CEOのショーン・ミヤシロを直撃し、アジアン旋風を巻き起こした背景、そして日本についても話を聞いた。

1903_P106-111_img001_520.jpg
〈88rising〉東京公演におけるハイヤー・ブラザーズのライブ。「WeChat」(中国版LINEともいわれる「微信」の英語名)という曲でアジアの若い客たちが熱狂していた。

 1月10日、お台場のライブハウスZepp Tokyo。そこで行われていたのは、アメリカの音楽レーベルであり、クルーであり、YouTubeチャンネルでもある〈88rising〉の初の日本公演だ。リッチ・ブライアンやハイヤー・ブラザーズといった所属アーティストのエネルギッシュなライブには大いに魅了されたが、なによりバラエティ豊かな客層に驚かされ、そして戸惑いを感じたのだった――。

 公演はまず、その後のアーティストのライブでバックDJも務めていたドン・クレズによる、2018年の米ヒップホップのヒット・チューン・メドレーというべきDJプレイでスタート。すると、シャイな日本人客だけでは考えられないほど、客が各曲のフック(サビ)を大合唱していたのである。ただし、こうした光景は、例えばLAの人気ラッパー、タイラー・ザ・クリエイターの来日公演でも見られたものではあった。なぜなら、日本に住む欧米の観客が多く集まるからである。しかし、この日、中国は 成都出身のラップ・グループであるハイヤー・ブラザーズのライブが始まり、メンバーが中国語で観客をあおると、ドン・クレズのDJの際と同じくらいか、それ以上の勢いでフロアから中国語のレスポンスがあったのだ。

 そう、フロアを埋めていたのは欧米のキッズではなく、中国をはじめとしたアジア圏の国々出身の10代・20代とおぼしき観客たち。彼らは思い思いの服装をしていたが、アメリカのラッパーなどが発信源となっているストリート・ファッションの最先端モードを共有しており、華やかな空気を醸し出していた。そんな若者たちでごったがえすフロアに身を置くと、前からは中国語、後ろからは韓国語が聞こえ、日本ではないどこかにいるようにさえ感じてしまった。

 いや、中国や韓国からの観光客、コンビニで働くベトナム人実習生など、街中にもアジアの人々はすでにたくさんいるではないか、という意見があるかもしれない。だが、いわゆる嫌中・韓ムードが依然として漂い、日本において彼らはどこか殺伐とした視線を浴びせられている。そんな状況に比して、この日は〈88rising〉の音楽を通じてピースフルな“アジア”の一体感が生みだされていたのだ。

インドネシアの少年がラップする動画の衝撃


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学
    • 【都丸紗也華】とタピオカのモード撮
    • 三代目JSB【ELLY】の七変化
    • 【西村歩乃果】TikToKのアイドルが魅せる
    • 【MC・DK】ヒップホップの筋肉美
    • 奇跡の三十路【森ニーナ】がB-GIRLに!
    • 【100センチバスト】がウケる理由
    • 【撮影会】の元祖は海女さんだった!?
    • 【#MeToo時代】の問うグラビアの是非
    • 【心霊写真】のグラビア的価値とは

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那
    • 【大和田南那】20歳目前の美ボディ

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

    • 【中村里帆】──変顔が得意なCM美女
    • 【なみちえ】──藝大JDがラップする理由
    • 【DaichiYamamoto】──京都の新世代ラッパー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』