サイゾーpremium  > 連載  > 伊藤文學の薔薇族回顧譚【5】/【ゲイメディア史】群雄割拠時代の幕開け
連載
伊藤文學の薔薇族回顧譚【5】

【薔薇族回顧譚】ゲイメディア史、群雄割拠時代の幕開け

+お気に入りに追加

――日本初のゲイ雑誌「薔薇族」創刊編集長が見た、ゲイメディアの勃興とその足跡をたどる

1902_P113_img001_300.jpg
「薔薇族」以前のゲイ雑誌は、同人誌である「ADONIS」などに限られていた。「薔薇族」以後、商業ゲイ雑誌の文化が花開くこととなった。

「薔薇族」は、1971年の誕生以降、出会いや自己表現の場を求める男性同性愛者の強い支持を受け、多いときで3万部ほども発行されるようになった。この数字は今と違い、出版界に活気があった当時としてもそれなりのものである。

 この「薔薇族」の商業的成功は、70年代半ば以降、後続雑誌を多数生んだ。具体的に名前をあげれば、74年に「アドン」「さぶ」、78年に「The ken」(81年に「The Gay」に改称)、82年に「SAMSON」、86年に「豊満」、93年に「Badi」、95年に「G-men」などが登場している。

 現在、これらはほとんどが廃刊、あるいは休刊に至っているものの、80年代前半などは、複数のゲイ雑誌が同時に刊行されしのぎを削っていた。いうなれば、ゲイ雑誌の群雄割拠時代が訪れたのである。

 では、このような状況の到来を「薔薇族」編集長であった伊藤はどう見ていたのか?

「そりゃ、ライバル意識はあったね。『アドン』が出る前には、うちの編集部の間宮浩と一緒に『アドン』編集部の入っていた新宿の建物まで行ったよ。今だから言えるけど、どんなものを作ってるのか気になってゴミ箱をあさったの(笑)」

 なお「アドン」を創刊した編集長の南定四郎は、日本におけるゲイリブ運動の先駆者だ。そんな南の人権意識を反映して、「アドン」の誌面も徐々にポルノ色を廃し、HIVについて情報を発信するなど、啓蒙色を強めていったという。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年5月号

新タブー大全'21

新タブー大全'21
    • 【森発言は女性差別?】高齢者座談会
    • 広がる【陰謀論とGAFA】の対応
    • 【Qアノン】の主張
    • ビジネス的な【福音派】の布教
    • 【ザ・ボーイズ】が描く福音派
    • 【反ワクチン運動】の潮流
    • 取り沙汰されてきた【ワクチン4種】
    • 【メガIT企業】が触れたタブー
    • 【民間PCR検査】の歪な構造
    • 【NHK】に問われる真価
    • 【テレ東】が身中に抱えた爆弾
    • 【キム・カーダシアン】の(危)人生
    • 【仰天修羅場】傑作5選
    • 月収12万でアイドルが【パパ活】
    • 【パパ活】の背景にある雇用問題
    • 金融の民主化【ロビンフッド】の闇

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る
    • 【小川淳也】政治とコロナと与野党を語る

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【朝日ななみ】新人役者は“嫌われるほど悪い役”を目指す!
    • 【はるかりまあこ】新風を巻き起こす三人官女のサウンド
    • 【SILENT KILLA JOINT & dhrma】気鋭ラッパーとビート職人
    • 【松居大悟】自身の舞台劇をどのように映画化したのか?
    • 【BOCCHI。】“おひとりさま。”にやさしい新人7人組

連載

    • 【都丸紗也華】ボブ、マジ楽なんです。
    • 【アレンジレシピ】の世界
    • 【愛】という名のもとに
    • なぜ【AI×倫理】が必要なのか
    • 【萱野稔人】人間の知性と言葉の関係
    • 【スポンサー】ありきの密な祭り
    • 【地球に優しい】企業が誕生
    • 【丸屋九兵衛】メーガン妃を語る
    • 【町山智浩】「ノマドランド」ノマドの希望と絶望
    • 【総務省スキャンダル】と政府の放送免許付与
    • 【般若】が語った適当論
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【田澤健一郎】“かなわぬ恋”に泣いた【ゲイのスプリンター】
    • 【笹 公人】「念力事報」呪われたオリンピック
    • 【澤田晃宏】鳥栖のベトナム人とネパール人
    • 【AmamiyaMaako】イメージは細かく具体的に!
    • 【稲田豊史】「大奥」SF大河が示した現実
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 伝説のワイナリーの名を冠す【新文化発信地】
    • 【更科修一郎】幽霊、ラジオスターとイキリオタク。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』