サイゾーpremium  > 連載  > 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」  > 町山智浩の「映画がわかるアメリカがわかる」第134回/【運び屋】イーストウッドの罪滅ぼしと懺悔
連載
町山智浩の「映画がわかるアメリカがわかる」第134回

『運び屋』天才園芸家の運び屋と巨匠・イーストウッドの罪滅ぼし、そして懺悔

+お気に入りに追加

『運び屋』

1902_machiyama_200.jpg

天才園芸家として名を馳せたアール・ストーンは、家庭よりも仕事一筋に生きてきた。だが、90歳になった今、ビジネスは失敗し、自宅も差し押さえられている。そんな彼に目をつけた麻薬カルテルは、「車の運転だけすればよい」と、ストーンに仕事を持ちかけた。だが、それはコカインの運び屋だった……。監督兼主演作品としては10年ぶりにメガホンを取った、巨匠イーストウッドの最新作。
監督・主演:クリント・イーストウッド、出演:ブラッドリー・クーパー、ローレンス・フィッシュバーンほか。3月8日、全国公開。

 2011年10月、デトロイトに向かうフリーウェイでDEA(連邦麻薬取締局)のジェフ・ムーアは黒いリンカーンのSUVを検挙した。

 それはDEAが追い続けていたコカインの運び屋だった。リンカーンに積まれていたコカインは100キロ、末端価格3億円にもなる量だ。驚くべきことに、その運び屋レオ・シャープはなんの前科もない87歳の老人だった……。

 その実話を基にした映画『運び屋』は、米寿を迎えたクリント・イーストウッド40本目の監督作。彼が久々に自ら主演し、シャープをモデルにした老人を演じている。

 シャープ(映画の役名はアール)の本職は園芸家。デイリリーという百合の新種を生み出し、品評会で数々の賞に輝く、その道では有名人だった。父ブッシュ大統領の時代にホワイトハウスに招かれて庭に花を植えたこともある。

 だが、2000年代に入って栽培の仕事は赤字になり、メキシコ系の従業員に誘われて、悪名高き麻薬王ホアキン・グスマン、またの名をエル・チャポ率いるシナロア・カルテルに雇われ、コカインの運び屋になった。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年5月号

新タブー大全'21

新タブー大全'21

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る
    • 【小川淳也】政治とコロナと与野党を語る

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】ボブ、マジ楽なんです。
    • 【アレンジレシピ】の世界
    • 【愛】という名のもとに
    • なぜ【AI×倫理】が必要なのか
    • 【萱野稔人】人間の知性と言葉の関係
    • 【スポンサー】ありきの密な祭り
    • 【地球に優しい】企業が誕生
    • 【丸屋九兵衛】メーガン妃を語る
    • 【町山智浩】「ノマドランド」ノマドの希望と絶望
    • 【総務省スキャンダル】と政府の放送免許付与
    • 【般若】が語った適当論
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【田澤健一郎】“かなわぬ恋”に泣いた【ゲイのスプリンター】
    • 【笹 公人】「念力事報」呪われたオリンピック
    • 【澤田晃宏】鳥栖のベトナム人とネパール人
    • 【AmamiyaMaako】イメージは細かく具体的に!
    • 【稲田豊史】「大奥」SF大河が示した現実
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 伝説のワイナリーの名を冠す【新文化発信地】
    • 【更科修一郎】幽霊、ラジオスターとイキリオタク。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』