サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > テロだけじゃない!中東を描いた作品たち【2】/間違いだらけの【中東描写】

――情報の少なさなどがネックとなり、中東を知る人間から見ると、日本のマンガには思わず首をかしげてしまう描写が少なくないという。

1901_P066-069_byousya_kintaro_300.jpg

【1】初歩中の初歩の凡ミス
「新サラリーマン金太郎」

第1巻/170ページ
アラビア投資庁での活躍を描いたシリーズ。アラブをよく知る人間が見ると思わず眉をひそめてしまう描写が数多い。そのひとつが、文字の書き方。「YAMATO ARABIA CORPORATION」という看板の下には、同じ内容のアラビア語が表記されている。単語そのものは適切なのだが、すべての単語が、右から読むアラビア語を、英語と同様に左から配置している。あまりにも単純なミスに、保坂氏も「聞いてくれればいいのに……」とため息を漏らした。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年5月号

新タブー大全'21

新タブー大全'21

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る
    • 【小川淳也】政治とコロナと与野党を語る

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】ボブ、マジ楽なんです。
    • 【アレンジレシピ】の世界
    • 【愛】という名のもとに
    • なぜ【AI×倫理】が必要なのか
    • 【萱野稔人】人間の知性と言葉の関係
    • 【スポンサー】ありきの密な祭り
    • 【地球に優しい】企業が誕生
    • 【丸屋九兵衛】メーガン妃を語る
    • 【町山智浩】「ノマドランド」ノマドの希望と絶望
    • 【総務省スキャンダル】と政府の放送免許付与
    • 【般若】が語った適当論
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【田澤健一郎】“かなわぬ恋”に泣いた【ゲイのスプリンター】
    • 【笹 公人】「念力事報」呪われたオリンピック
    • 【澤田晃宏】鳥栖のベトナム人とネパール人
    • 【AmamiyaMaako】イメージは細かく具体的に!
    • 【稲田豊史】「大奥」SF大河が示した現実
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 伝説のワイナリーの名を冠す【新文化発信地】
    • 【更科修一郎】幽霊、ラジオスターとイキリオタク。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』