サイゾーpremium  > 連載  > 稲田豊史の「オトメゴコロ乱読修行」  > オトメゴコロ乱読修行【43】/【おとぎ話みたい】文化系男子が患う恋愛の病
連載
オトメゴコロ乱読修行【43】

“女子を撮る天才”が描く『おとぎ話みたい』にはいかない文化系男女の恋愛四方山話

+お気に入りに追加

――サブカルを中心に社会問題までを幅広く分析するライター・稲田豊史が、映画、小説、マンガ、アニメなどフィクションをテキストに、超絶難解な乙女心を分析。

1811_cyzo1811_inada_JK_200.jpg

 ここ数年の日本映画界で「女子を撮る天才」などと絶賛され、F1層(20〜34歳女性)の一部から、狂ったように共感を寄せられる女性監督がいる。馴染みのない男性諸氏も多いだろうが、本連載で避けて通ることはできまい。その名は山戸結希。小松菜奈主演の『溺れるナイフ』(16)をはじめ、乃木坂46、Little Glee Monster、RADWIMPSなどのPVも手がけるほか、この9月には新木優子主演のカネボウ「suisai」 ウェブドラマ『毎日、思ってた』が、公開4週間で180万回以上再生されて話題となった。平成元年生まれの俊英だ。

 そんな山戸の名を一躍世に知らしめたのが、51分の中編『おとぎ話みたい』(13)である。主人公は、地方の高校に在学中でダンサーを夢見る高崎しほ(趣里)。彼女が東京帰りの若い男性教師・新見(岡部尚)に恋をする模様が、同校の先輩たちが組むバンド“おとぎ話”の楽曲演奏と交互に綴られる。

 本作で描かれるのは、思春期の女子が年上男性に惹かれる病理のメカニズムだ。

 しほが新見を好きになったきっかけは、掃除中に廊下でバレエダンスしているのを新見に見つかり、「すごいね」「ピナ・バウシュ好きなんだね」と言われたこと。なぜそれだけで惚れてしまうのかといえば、この言葉はしほの中でそれぞれ、「同級生などという愚劣で凡庸な田舎者どもではなく、年上かつ東京仕込みの文化教養人の目に留まった自分すごい」「文化教養人たる彼がひと目で影響を見抜いたドイツの天才的舞踊家ピナ・バウシュに以前から心酔していた自分やっぱりすごい」に瞬速で昇華されたからだ。「特別でありたい自分」を担保してくれる手近な存在が、たまたま新見だったというだけである。

 しほは決して新見の容姿や性格や深遠なる知性に惚れたわけではない。「自分すごい」と思わせてくれる言葉をくれる相手なら、誰でもいい。それこそが、自意識の肥大した思春期の文化系女子が年上男性に惹かれる仕組みの、ほぼすべてだ。

 その新見に、かつて東京でダンスをやっていたが今は現役を退いた卒業生の女性が近づいてくると、物語は次の局面に移行する。嫉妬にかられたしほは、その女性ばかりか新見までも、身も蓋もなく壮絶にディスるのだ。「そんなに文化が大事なら、真ん中で戦えばよかったのに。結局こっちに逃げてきたんでしょ。出戻り文化人じゃん!」

 自分は賢く、美しく、正しいものを見分ける力があることを信じて疑わない少女期の全能感。実に微笑ましい。ただ、このあとの展開は男性諸氏にとって少々不可思議に映るだろう。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

禁断の映画と動画

禁断の映画と動画
    • 【ライブ配信】儲けのカラクリ
    • 【本田翼】もハマるゲーム実況
    • 決定!2018年【邦画ラジー賞】
    • 【アジア系】が逆襲するハリウッド
    • 注目のハリウッド【アジア系俳優】
    • 【片山萌美】ショーガールグラビア
    • 俳優に責任を問う【報道の愚行】
    • 【自主制作映画】の現場からの悲鳴
    • 【小川紗良×堀田真由】映画大討論会
    • Netflix産【ヒップホップ映像】の社会性
    • 傑作【ヒップホップ】動画10選
    • 【ネトフリ×ヒップホップ】作品レビュー
    • 映画・ドラマ【サントラ】の裏事情
    • ネトフリの【麻薬ドラマ】のリアル度
    • 奇想天外【アフリカ】の忍者映画
    • 世界は【忍者】をどう描いたか?
    • 【深夜アニメの劇場版】が儲かる不思議
    • 劇場版アニメに見る【ポストジブリ】争い
    • 【ジャニーズ】がキラキラ映画で失敗する理由
    • 意外と面白い【キラキラ映画】レビュー
    • 【中東情勢の今】がわかる映画
    • 【芸能プロ】に映画監督が所属する理由

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論

    • 【石丸元章×海猫沢めろん×MC漢×菊地成孔】対談

NEWS SOURCE

    • タッキーも初出場?【紅白&レコ大】芸能行政
    • 【佐伯泰英】がご乱心?作家と遺産問題
    • 【電力自由化】後の不公平な業界構造

インタビュー

    • 【奥山かずさ】ニチアサで躍進した女優の未来
    • 【TENG GANG STARR】新鋭の男女ユニットラッパー
    • 【ガリットチュウ福島】モノマネ芸人、写真集までの歩み

連載

    • 【橋本梨菜】ギャル男をマネタイズしたいんです。
    • 【RaMu】YouTubeで人気の美女が泡まみれ
    • 【ダレノガレ】は突然に
    • 日本の【AI市場】と日本企業のAI導入の真実
    • 【オスカー社員】が大量退社で瓦解!?
    • 祭事的【渋谷ハロウィン】分析
    • 【出前アプリ】を支えるライダーたちの過酷な日常
    • 【フレディー・マーキュリー】の一生
    • 町山智浩/『ボーイ・イレイスド』ゲイの息子と神のどちらを選ぶのか?
    • ジャーナリスト殺害事件で変わる【サウジ】の覇権
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/それがジュリー
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【カーネーション】フェミ論点全部乗せの名作朝ドラ
    • 「俺たちの人生は死か刑務所だ」ギャングの豪快な人生
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【山陰】でビール造りに励む男
    • 【薔薇族】刊行で去っていく友と、死を恐れぬ編集者
    • 幽霊、紅衛兵たちのアニメ映画興行。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』