サイゾーpremium  > 連載  > 稲田豊史の「オトメゴコロ乱読修行」  > オトメゴコロ乱読修行【42】/【オーシャンズ8】肩肘張ったフェミからの脱出
連載
オトメゴコロ乱読修行【42】

もう“性”とも“業”とも向き合わなくていい。真のフェミ映画『オーシャンズ8』

+お気に入りに追加

――サブカルを中心に社会問題までを幅広く分析するライター・稲田豊史が、映画、小説、マンガ、アニメなどフィクションをテキストに、超絶難解な乙女心を分析。

1810_cyzo1810_inada_JK_200.jpg

「“女性向け”の冠がついたすべての作品は、女性をバカにしたものである」と声を荒らげたのが、筆者大学時代の意気軒昂な同級生女子だったか、フェミニスト論壇の誰それだったかは忘れてしまったが、『オーシャンズ8』を観て、言葉だけは思い出した。同作は日本でメガヒットしているわけでも、批評的に深掘りする何かがあるわけでもない。しかし男性諸氏がオトメゴコロを推し量る思考のスイッチを入れるには、うってつけだ。

 物語は『オーシャンズ11』『同12』『同13』の主人公、ダニー・オーシャンの妹デビー・オーシャン(サンドラ・ブロック)の出所から始まる。彼女は刑務所内で周到に計画した宝石強奪計画を遂行すべく、右腕のルー(ケイト・ブランシェット)をはじめとした犯罪のプロ(全員女性)をメンバーに引き入れ、着々と計画を進めていく。

 ……というプロットを読んで想像する通りの話である。メンバーはそれぞれの特殊技能を生かし、連携プレイで厳重な警備をくぐり抜け、壮大な大騙しをカマす。女たちは皆凛々しく、手際はスマートでクール。それは9割5分がた観客の想像の範囲を超えない。吉野家の牛丼並みに期待以上でも以下でもない、ピッタリ期待通りの満足度を提供する、能天気な娯楽映画だ。

 では何が考察に値するのかといえば、本作に登場する女性たちが誰ひとり女子をこじらせてもいないし、ジェンダーを声高に叫んだりもしないし、家庭と仕事の配分で悩んでもいないという点に尽きる。一言でいえば、“面倒くさい”女が出てこないのだ。

 実は“面倒くさくない”女性キャラが主役を張るエンタメ映画は、意外と少ない。“面倒くさくない”男性キャラが主役の映画が、脳味噌筋肉アクションをはじめ量産されているのと対照的だ。

 宣伝でことさら「女性主人公」を強調するような映画は、その多くが女性客を当て込んで作られているが、概ね6つの類型的なジャンルに分類される。【1】ラブストーリー 【2】働き女子の生き方見つめ直し系 【3】女子同士の友情もの 【4】女性差別糾弾系・社会派 【5】女だてらに過酷な運命を切り開く物語 【6】セクシャルマイノリティ苦悩もの。感情曲線は「情に翻弄される」「自意識が肥大する」「業を背負う」「ジェンダーに悩む」のほぼ四択で、基本的に肩に力が入っている。要は、人物描写的にも、観る側の気分的にも、“面倒くさい”のだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年8月号

中韓エンタメ(禁)大全

中韓エンタメ(禁)大全
    • ブルース・リーからBTSまで【中韓エンタメ受容史】
    • 【中国ヒップホップ】の潜在能力
    • 【K-POP製作陣】が語る日本の課題
    • 【BTS】が成功して少女時代がコケた理由
    • 芸能界革命【中国アイドル】ブーム
    • 乃木坂より良い!?【Cアイドル】6選
    • 国家も支援する中国の【食動画】とは?
    • この【食動画】が見たい!セレクション
    • 【中国ファッション界】急成長とリスク
    • 【中国アート】市場の成熟度
    • 【菊地成孔】フロイディズムが息づく物語
    • 【笛木優子】韓国で女優を志すきっかけ
    • 【韓流ぴあ編集長】恥部も暗部も映像化する底力
    • 【片山慎三】今の韓国映画の原型!?60年前のサスペンス
    • 【キム・ソンフン】隠蔽された民主化の歴史を追う
    • 社会問題化する【韓国ネット民】の闇
    • 今も根強い韓国国内の【地域差別】
    • Jリーグも完敗の【中国サッカー】
    • 【朝鮮族】をつなぐサッカー文化
    • 【カンフー映画】の盛衰と進化の旅
    • 極東【バイオレンス】映画祭
    • 急速に広がる【中国SF】の世界
    • 【中国映画】1兆円市場・真の良作
    • 【2.5次元ミュージカル】13億人が熱視線

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー
    • 【ジェナ】韓国の美モデル参上

NEWS SOURCE

    • レアル移籍の【久保建英】を狙う魑魅魍魎
    • 浜崎あゆみの二番煎じ!?【安斉かれん】て誰?
    • 【参院選】裏の見どころは「不正操作」?

インタビュー

    • 【井桁弘恵】令和初の仮面ライダー美少女
    • 【ゴジゲン】ずっと終わらない永遠の放課後
    • 【FNCY】ヒップホップのニュー・クラシック

連載

    • 【小倉優香】韓国の友達が多いんです。
    • 【日向カリーナ】ブラジル系モデルの古風な一面
    • 愛しさと、切なさと、【熊田曜子と】
    • スマホとSNS以降の【ネットの未来】
    • 【安藤寿康】人間は"教育"によって生かされている(前)
    • 高須基仁/【反社】との交際くらいで騒ぐな!
    • 己の殻を破る【ギャル】が祭に集う
    • 中国【ファッションアプリ】の裏事情
    • 【Lil Nas X】栄光と挫折と突然の告白
    • 町山智浩/【トム・オブ・フィンランド】ゲイ・カルチャーの革命家
    • 医師と大手メディアと【製薬会社】の利益相反
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/闇営業物語
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/『ホットギミック』"鈍い女"がモテる理由
    • LAのDJが懐古する【90年代のクラブシーン】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【都市計画】のスペシャリストがビールで街を盛り上げる!
    • 幽霊、殺されても咎人となるニート。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』