サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 女性も楽しめるエンターテイメント空間【1】/グラビアで見る【バーレスク】文化概論
第1特集
女性も楽しめるエンターテイメント空間【1】

多様性が重視される時代の美しさを追求――起源は古代ギリシア!? “バーレスク文化”とは何か

+お気に入りに追加

――最近、にわかに「バーレスク」という言葉を聞くことが増えてきた。東京・六本木の「バーレスク東京」などが人気を集め、ダンサーからはグラビアモデルなども輩出している。そんな盛り上がりを見せる“バーレスク文化”をひもといていく。

1810_P076-081_img001_520.jpg
(写真/若原瑞昌)

 欧米発のエンターテインメントであるバーレスクが今、日本でも大きな注目を集めている。クリスティーナ・アギレラ主演の映画『バーレスク』(2010年)のヒットを皮切りに、冒頭のグラビアで登場している六本木の「バーレスク東京」も盛んにメディアで取り上げられている。ほかにも、女性向けのエクササイズとして、ポールダンスなどを取り入れた「バーレスクダンス」のレッスンも人気だ。

 しかしその一方で、言葉だけはよく耳にするようになったものの、バーレスクの実態についてはよく知らない、という人もまだ多いのではないだろうか。基本的には“夜の世界のエンタメ”に属するイメージの強いバーレスク。興味はあっても、実際に観に行くには少々勇気が必要、と考える読者もいるはずだ。

 そこで本稿では、謎に満ちた“バーレスク”の世界をグラビア写真と共にご紹介。きらびやかでセクシーなその世界観のルーツをひもときながら、バーレスクをテーマにした店舗の興隆の経緯や、在籍する女性ダンサーの実態についてまでを追った。

 まずはバーレスクというジャンル自体について見ていこう。

 日本では「派手で露出度の高い衣装に身を包んだ女性が、舞台上でダンスパフォーマンスを見せるショー」というイメージが強いバーレスクだが、もともとはヨーロッパの舞台芸術を下敷きに、20世紀のアメリカで花開いたエンターテインメントである。露出度の高い服で踊れば、それがただちにバーレスクかというとそうではない。

 バーレスクの定義とその特徴について、シェイクスピアや舞台芸術史を専門とする英文学者であり、国内外のバーレスクの動向にも詳しい武蔵大学人文学部の北村紗衣准教授は次のように話す。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年11月号

Netflix(禁)ガイド

Netflix(禁)ガイド
    • SNS時代の【アメリカ】動画
    • ケガしても【拡散希望】の狂気
    • 海外ポルノ界の【全裸監督】たち
    • 本家【全裸監督】の海外での評判は?
    • 【小林直己】ネトフリで世界進出
    • 世相を反映【ディストピアSF】傑作選
    • 【A-THUG】が推すドラッグ番組
    • 下品なだけじゃない【恋愛リアリティ番組】
    • 【恋愛リアリティ番組】一挙レビュー
    • 【みうらうみ】ネトフリドラマグラビア
    • ネトフリ人気作の【エロ依存度】
    • 【人気作6作】のエロシーン検証
    • 【奈良岡にこ】再生数アップのサムネ術
    • 【スタンダップコメディ】作品のトリセツ
    • 【スタンダップコメディアン】が語るAマッソ問題
    • 【クィア・アイ】と女言葉翻訳の問題
    • 【差別語】翻訳の難しさ
    • 配信で見返す【90年代ドラマ】
    • タブーな【民法ドラマ】6選

収監直前ラッパーD.Oの告白

収監直前ラッパーD.Oの告白
    • 【ラッパーD.O】悪党の美学

NEWS SOURCE

    • 【関電スキャンダル】3つのタブー
    • 【あいちトリエンナーレ】騒動の余波
    • 【浜崎あゆみ】ドラマ化と引退疑惑の真相

インタビュー

    • 【松本妃代】──実は踊れる演技派女優
    • 【FUJI TRILL】──モッシュを起こすヒップホップDJ
    • 【Neon Nonthana & Eco Skinny】──カップルの日常ラップ

連載

    • 表紙/福井セリナ「ポッと入ったんです。」
    • 【石田桃香】紫に包まれる肢体
    • 【真帆】がいるだけで
    • 【日本】で新しいことができないワケ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(後)
    • 追悼【高須基仁】という男
    • 不要な【アレンジ】おもてなし魂
    • 【Lizzo】女性MCたちの一斉開花
    • 町山智浩/【ハスラーズ】ストリッパーの逆襲
    • 【アメリカに依存する】日本のサイバー戦争対策
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/TOKIOの晩年
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【愛がなんだ】がヒットする日本のヤバさ
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元エンジニアが作る【古代クジラ】を冠したビール
    • 更科修一郎/幽霊、TVの国でキラキラの延長戦。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』