サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 女性も楽しめるエンターテイメント空間【1】/グラビアで見る【バーレスク】文化概論
第1特集
女性も楽しめるエンターテイメント空間【1】

多様性が重視される時代の美しさを追求――起源は古代ギリシア!? “バーレスク文化”とは何か

+お気に入りに追加

――最近、にわかに「バーレスク」という言葉を聞くことが増えてきた。東京・六本木の「バーレスク東京」などが人気を集め、ダンサーからはグラビアモデルなども輩出している。そんな盛り上がりを見せる“バーレスク文化”をひもといていく。

1810_P076-081_img001_520.jpg
(写真/若原瑞昌)

 欧米発のエンターテインメントであるバーレスクが今、日本でも大きな注目を集めている。クリスティーナ・アギレラ主演の映画『バーレスク』(2010年)のヒットを皮切りに、冒頭のグラビアで登場している六本木の「バーレスク東京」も盛んにメディアで取り上げられている。ほかにも、女性向けのエクササイズとして、ポールダンスなどを取り入れた「バーレスクダンス」のレッスンも人気だ。

 しかしその一方で、言葉だけはよく耳にするようになったものの、バーレスクの実態についてはよく知らない、という人もまだ多いのではないだろうか。基本的には“夜の世界のエンタメ”に属するイメージの強いバーレスク。興味はあっても、実際に観に行くには少々勇気が必要、と考える読者もいるはずだ。

 そこで本稿では、謎に満ちた“バーレスク”の世界をグラビア写真と共にご紹介。きらびやかでセクシーなその世界観のルーツをひもときながら、バーレスクをテーマにした店舗の興隆の経緯や、在籍する女性ダンサーの実態についてまでを追った。

 まずはバーレスクというジャンル自体について見ていこう。

 日本では「派手で露出度の高い衣装に身を包んだ女性が、舞台上でダンスパフォーマンスを見せるショー」というイメージが強いバーレスクだが、もともとはヨーロッパの舞台芸術を下敷きに、20世紀のアメリカで花開いたエンターテインメントである。露出度の高い服で踊れば、それがただちにバーレスクかというとそうではない。

 バーレスクの定義とその特徴について、シェイクスピアや舞台芸術史を専門とする英文学者であり、国内外のバーレスクの動向にも詳しい武蔵大学人文学部の北村紗衣准教授は次のように話す。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年9月号

戦争と平和

戦争と平和
    • 平和を願った【ジャニー喜多川】の戦後史
    • 【スピルバーグ映画】が訴える戦争
    • アメリカの【アトミック・カルチャー】
    • 【PTSDになった日本兵】の悲しき境遇
    • 【BTSDアメリカ兵】を描いた傑作映画
    • 米軍では反発も…【LGBT自衛隊員】の憂鬱
    • 戦争を金に!【トランプ】の魂胆
    • ドラッグ、殺人【米ラッパー】の司法戦争
    • アイドルが歌う【反戦歌】と音楽業界
    • 【激戦地区】の異文化と気候の地政学
    • 【映画監督・塚本晋也】ベトナム戦争映画のトラウマの意義
    • 【映画監督・想田和弘】GoProで撮影された映画で観客が失神
    • 【映画監督・宮崎大祐】戦争の記憶を掘り起こす異常な暴力映像
    • 【ラッパー・Kダブシャイン】禁断のアメリカ史を描いたフィルムメーカー
    • 【イスラーム映画祭主宰・藤本高之】中東紛争に肉薄した3作品
    • 卍とハーケンクロイツ【ナチスと仏教】の結びつき
    • 国防としての【サイバーセキュリティ】

竹内渉、究極の"美尻"撮

竹内渉、究極の
    • 【竹内渉】が魅せた色香と素顔

NEWS SOURCE

    • 【関ジャニ錦戸】退所報道の舞台裏
    • 【ソニー】音楽ビジネス大改革の裏側
    • 【秋元司・内閣府副大臣】の疑惑とは

インタビュー

    • 【上原実矩】──"年金"で女優業に目覚める !?
    • 【田川隼嗣】──18歳が月9の現場で武者震い
    • 【釈迦坊主】──元ホストラッパーの光と闇

連載

    • 【RaMu】二郎デビューしたんです。
    • 【川上愛】スパイに間違えられたモデル
    • 【菜々子】が一番大事
    • 【動画メディア】の未来と情報発信のあり方
    • 【萱野稔人】人間は"教育"によって生かされている(後)
    • 高須基仁の/【テレビ】はもう終わった
    • 盆踊りに【使徒】襲来
    • 中国大富豪たちの【ポッドキャスト】
    • 【RIZE】逮捕で考える薬物とロック
    • 町山智浩/【おしえて!ドクター・ルース】90歳のセックス・セラピスト
    • ポピュリズム政策【MMT】は日本経済の救世主か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/帝国の翳り
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/マンガ『1122』ソリューションとしての不倫
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 伊賀の里でビールを仕込む【忍者ブルワー】見参!
    • 幽霊、新しい大衆はもう猿を見ない。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』