サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > ハイテク強国のタブーなき裏側【2】/日本にも浸透する中国アプリ&サービス
第1特集
ハイテク強国のタブーなき裏側【2】

日本人も大好き中国アプリ――日本にも浸透する中国アプリ&サービス

+お気に入りに追加

――我々が身近に触れられるのが、スマホなどに入っているアプリ。欧米製のものだと思って使っていると、実はそれか中国系のものの場合もあるようだ。すでに日本でも浸透している、中国系アプリ&サービスをご紹介!

1809_BeautyPlus_200.jpg

集めたデータは化粧品会社へ?
「BeautyPlus」

Meitu(美図)社が提供するAI画像補正アプリ「BeautyPlus」や仮想メイクアプリ「MakeupPlus」は、日本の若い女性にも大人気。同社アプリは世界で11億ダウンロードを突破し、香港市場にも上場している。

1809_TikTok_200.jpg

手軽にアーティスト気分♪
「Tik Tok」

日本の女子高生の間で今、爆発的な人気を誇る動画ソーシャルアプリ。多くの若者が、15秒動画でダンスや歌を披露する。Byte Dance社が開発。現在、150カ国以上に進出し、世界中に5億人以上のユーザーがいるという。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年11月号