サイゾーpremium  > 連載  > 彼女の耳の穴  > 彼女の耳の穴/池田美優

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】

1807_F_DSC7644_520.jpg
(写真/三浦太輔・go relax E more)

Touching song

1807_LOVEppears_100.jpg

浜崎あゆみ
「Who…」

1999年11月に発売された2ndアルバム『LOVEppears』所収の1曲。アルバム曲ながらファン人気は非常に高い名曲である。


 小さい頃から、家では浜崎あゆみさんの曲がよく流れてました。うちのママが大ファンなんですよね。一緒にカラオケに行ってもあゆばかり歌うし。ママは今47歳だから、そんなジャストな世代じゃないとは思うんですけど、ママの元彼がずっとあゆを聴いてて、それでハマったらしく(笑)。なのであゆの曲は子どもの頃からすごいなじみがあるし、大好きなんです。カラオケに行ったら、私もめちゃめちゃ歌うし。「BLUE BIRD」「HEAVEN」「TO BE」あたりが定番ですね。昔、『恋空』って小説がすごいはやったじゃないですか? 私はまだ小学生だったのでマンガ版で読んだんですけど。その中に、あゆの「Who...」って曲が主人公2人の思い出の曲みたいな感じで出てくるんです。歌詞を見ながらその曲聴いたら、めちゃよくて。結構な恋愛ソングなんですけど、小学生ながら、グッときたみたいな(笑)。

 私が小学生の頃AKB48がめちゃめちゃはやりだして、クラスの子はみんな聴いてたし、私も聴いてましたね。その頃から私はギャルっぽいものが好きだったので、もちろんともちん(板野友美)がすごい好きでした(笑)。ともちんがソロになってから出した「Dear J」も買った気がするし。あと、ギャルっぽい感じだった頃の西野カナさんも好きで、「Dear…」なんかもよく聴いてましたね。自分のお小遣いで初めて買ったCDは西野カナさんだったかも。たぶん、小5か小6の頃。そのあたりからオシャレに目覚めて、ギャル系に目覚めたんですよ。だから、そういう恋愛ソングみたいなのが好きだったんだと思います。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』