サイゾーpremium  > 連載  > 彼女の耳の穴  > 彼女の耳の穴/優木まおみ

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】

1806_F_DSC7567_hosei_520.jpg
(写真/三浦太輔・go relax E more)

Touching song

miracle2 from ミラクルちゅーんず!
「Catch Me!」

『アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!』(テレビ東京系)より派生したアイドルユニットの1stシングル。2017年6月発売。


 いちばん最初に買ったCDは、リンドバーグだったかな? たぶん小学生くらいのときに。そのあとミスチルとラルクを聴くようになって……桜井さんとhydeさんがカッコよかったから(笑)。バンド系が好きだったんですよね。ジュディマリも好きだったし、イエモンとかGLAYも聴いてました。佐賀に住んでいたのでライブに行く習慣はなかったけど、高校生の頃、福岡ドームにマイケル・ジャクソンを観にいったことは覚えています。といっても、マイケルの曲なら全部知ってますみたいな感じではなく、周りに流されて。とにかく基本的にミーハーでしたね。昔から音楽は好きでしたけど、音楽を聴いてその当時のことを思い出すことはあっても、歌詞に自分の人生を重ね合わせたり……なんてことはあまりなく。私は昔から、ほんとクセのない、みんなが好きなものが好きっていう人間なんです(笑)。

 ただ、実は小さい頃から芸能界に対する憧れはずっとあったんですよ。小学生の頃から、親にも友だちにも内緒でいろんなオーディションにこっそり応募したとか。で、最終的に「アナウンサーになりたい!」っていう自分的な落としどころを見つけて、大学進学のため東京に出てくるんですけど……最初、大学になかなかなじめなくて。憧れの東京のはずだったのに、何か違うなと(笑)。それで、ハワイに留学するんです。そうなると、耳を英語に慣らしたいという思いもあって、やおら洋楽を聴きまくってましたね。実際、スパイス・ガールズにめっちゃハマったんですよ。あと、クリスティーナ・アギレラとかブリトニー・スピアーズ。そのあたりの曲を聴くと、ハワイに留学していたあの頃を思い出しますね。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年5月号

新タブー大全'21

新タブー大全'21

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る
    • 【小川淳也】政治とコロナと与野党を語る

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】ボブ、マジ楽なんです。
    • 【アレンジレシピ】の世界
    • 【愛】という名のもとに
    • なぜ【AI×倫理】が必要なのか
    • 【萱野稔人】人間の知性と言葉の関係
    • 【スポンサー】ありきの密な祭り
    • 【地球に優しい】企業が誕生
    • 【丸屋九兵衛】メーガン妃を語る
    • 【町山智浩】「ノマドランド」ノマドの希望と絶望
    • 【総務省スキャンダル】と政府の放送免許付与
    • 【般若】が語った適当論
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【田澤健一郎】“かなわぬ恋”に泣いた【ゲイのスプリンター】
    • 【笹 公人】「念力事報」呪われたオリンピック
    • 【澤田晃宏】鳥栖のベトナム人とネパール人
    • 【AmamiyaMaako】イメージは細かく具体的に!
    • 【稲田豊史】「大奥」SF大河が示した現実
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 伝説のワイナリーの名を冠す【新文化発信地】
    • 【更科修一郎】幽霊、ラジオスターとイキリオタク。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』