サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 【ダニエル・ウェリントン】バカ売れの謎

 現在、ファッション界には、でかでかとロゴを載せたアイテムで溢れかえっている。本稿は、ファッション・アイテムとロゴの関係性について、出版社の代表としてカルチャーマガジンを手がけながら、企業のブランディング戦略にも関わる編集者の小田明志が、紐解いていく。

1711_logo_P058-059_photo001_230.jpg
「ダニエル・ウェリントン 芸能人」で検索したら、“広瀬すずが愛用”という記事出てきたが……ホントか!?

 僕が通っているジムのある自由が丘から、中目黒にあるオフィスへ向かう東横線の道すがら、薄型で大きな文字盤とクラシックなフォルムが目立つ時計を、20代の女性が身につけているのをちらほら見かけるようになったのは、確か2年ほど前のことだったはずだ。当初は「大きな文字盤の時計が流行なのだな」 くらいの認識しかなかったが、友人がインスタグラムにその時計の写真を投稿しているのを見て、それがすべて「Daniel Wellington(ダニエル・ウェリントン、以下DW)」という1本2~3万円と比較的リーズナブルな同一ブランドの時計であったことを知った。

 DWは、そのクラッシーな見かけから、老舗と誤解されがちだが、実は2011年にスウェーデンで創業したばかりの生まれて間もないブランドで、その創業者は当時30歳にも満たない青年フィリップ・タイサンダーだ。そのクラシカルなデザインの源泉は、タイサンダーが06年にオーストラリアを旅していた時に出会ったイギリス紳士が身につけていた、黒とグレーのNATOストラップ(引き通し式のナイロン製ストラップ)にあわせられたロレックスにあり、この紳士の名前こそがダニエル・ウェリントンなのだという。

 旅を終えスウェーデンの地元ウプサラに帰ったタイサンダーは、ネクタイと時計を販売するECサイトを立ち上げた。その事業で2万4000ドルを手にした彼は、オリジナルブランドであるDWを立ち上げ、創業から5年足らずで年間1億8000万ドルのセールスを上げるブランドに成長させた。今年32歳を迎えるタイサンダーは、若くして巨万の富を築いたのだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー
    • 暴力団だけじゃない【反社】の定義
    • 【山口組分裂】報道の最前線
    • 【嵐】休止後の芸能界にタブーはあるか?
    • 本当の【氷川きよし】論
    • 【社会学者】きーちゃんを苦しめる疑惑フォーマット
    • 【湯山玲子】ミサンドリー時代に合った戦略
    • 【音楽学者】芸能の性別越境を回復する存在に
    • 【丸屋九兵衛】ヒップホップときよしの交差点
    • 【ANARCHY】初期衝動を落とし込んだ映画
    • 【SEEDA】ラッパーの禁忌な生き様を描く
    • 世界の過激な【保守派リーダー】
    • 【元芸人】が政治の世界に進出するワケ
    • 【アナ雪】ステマ問題ほんとの戦犯
    • 時代を先取りする【新・麻薬王】の肖像
    • 【医療観察法】の知られざる実態

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』