サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 【ダニエル・ウェリントン】バカ売れの謎

 現在、ファッション界には、でかでかとロゴを載せたアイテムで溢れかえっている。本稿は、ファッション・アイテムとロゴの関係性について、出版社の代表としてカルチャーマガジンを手がけながら、企業のブランディング戦略にも関わる編集者の小田明志が、紐解いていく。

1711_logo_P058-059_photo001_230.jpg
「ダニエル・ウェリントン 芸能人」で検索したら、“広瀬すずが愛用”という記事出てきたが……ホントか!?

 僕が通っているジムのある自由が丘から、中目黒にあるオフィスへ向かう東横線の道すがら、薄型で大きな文字盤とクラシックなフォルムが目立つ時計を、20代の女性が身につけているのをちらほら見かけるようになったのは、確か2年ほど前のことだったはずだ。当初は「大きな文字盤の時計が流行なのだな」 くらいの認識しかなかったが、友人がインスタグラムにその時計の写真を投稿しているのを見て、それがすべて「Daniel Wellington(ダニエル・ウェリントン、以下DW)」という1本2~3万円と比較的リーズナブルな同一ブランドの時計であったことを知った。

 DWは、そのクラッシーな見かけから、老舗と誤解されがちだが、実は2011年にスウェーデンで創業したばかりの生まれて間もないブランドで、その創業者は当時30歳にも満たない青年フィリップ・タイサンダーだ。そのクラシカルなデザインの源泉は、タイサンダーが06年にオーストラリアを旅していた時に出会ったイギリス紳士が身につけていた、黒とグレーのNATOストラップ(引き通し式のナイロン製ストラップ)にあわせられたロレックスにあり、この紳士の名前こそがダニエル・ウェリントンなのだという。

 旅を終えスウェーデンの地元ウプサラに帰ったタイサンダーは、ネクタイと時計を販売するECサイトを立ち上げた。その事業で2万4000ドルを手にした彼は、オリジナルブランドであるDWを立ち上げ、創業から5年足らずで年間1億8000万ドルのセールスを上げるブランドに成長させた。今年32歳を迎えるタイサンダーは、若くして巨万の富を築いたのだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』