サイゾーpremium  > 特集  > IT  > 自社作品ではもうヌケない?プロが見る【ヌケるAV】セレクション
第1特集
自社作品ではもうヌケない?

自社作品では、もうヌケない? 隠れた“傑作”を探せ! プロがガチで見るヌケるAV

+お気に入りに追加

AV業界に携わっているスタッフは、普段、どんなAVを見るのだろうか? 我々と同じく、DMM.comなどのサイトで検索し、ブラウザで視聴しているのだろうか? 気になる、とても気になる。だから直接聞いてみた!「AV制作のスタッフは、普段どんなAVで抜いているんですか?」

1710_avjimusho02_230.jpg
いまだ、巨乳モノは鉄板ジャンルだという。(※写真はイメージです)

 こちらでは、各デバイスに最適なオナニー方法をリサーチしてみたが、読者諸兄のみならず、多くの殿方はPCやスマホでAVの動画を愉しんでいることだろう。そこで、動画特集の最後を飾る当企画では、AV制作のプロフェッショナルであるメーカーの社員は、普段どのような作品を視聴しているのか調査してみたい。

 AVに精通した彼らだからこそ、我々が知らないような傑作を見ているのか? あるいは、普段仕事でAVとかかわっている彼らはプライベートではAVと距離を置いているのだろうか?

「私の会社では、『AV業界の人間たるもの、日頃からAVを見まくって、次はどんな作品がヒットするのか研究しろ』と教え込まれます。そのために、社内にあるサンプルを視聴したり、経費でAVを買ったりします。最初は自分が好きなシーメールと保育士モノばかり見ていたら、『単に自分のオナニーのために見てるだけだろ!』と怒られてしまいました」

 こう嘆くのは、入社2年目で、最近自身の作品も動かし始めた駆け出し社員のA氏。彼によると、AV業界の社員たるもの、作品の抜きどころはどこかを常に考えていなければならないため、「どこで抜いたかもきちんとメモっておけ」と言われているそうだ。「射精まで会社に管理されて、まいっちゃいますよ」と彼は声をひそめる。

 会社の業務命令によって、入社前は見ることのなかったさまざまなジャンルのAVを視聴し始めたA氏。そんな彼をもうならせた、型破りなタイトルを紹介しよう。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』