サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 【ハイロー特集その1】この1年でハイローに何が起こったのか振り返る
第1特集
琥珀さん、今年もやるぞ…!サイゾーpremiumハイロー祭【1】

『HiGH&LOW』にまた殴られた! 今年も大特集を(勝手に)やります!宣誓と、この1年ハイローに何が起こったのか振り返る

+お気に入りに追加
cyzo_hl_03.jpg
どうかしちまったのは琥珀さんだけじゃなかった…。(「HiGH&LOW THE MOVIE」DVD)

『HiGH&LOW THE MOVIE』に殴られてから、1年がたった。

『君の名は』や『シン・ゴジラ』に沸いた昨夏の邦画界において、同作は興行収入21億円にとどまりながら、局地的に絶大なブームを生んだ。世に言う「どうしちまったんすか琥珀さんムーブメント」である。

 本誌編集部でも、一部の編集者がこの作品に脳を焼かれ、焼かれた勢いのままに、「HiGH&LOW」プロジェクトを動かすLDHとも、映画の配給会社である松竹とも特に関係なく、勝手に特集を組んだ。

『EXILEがオタクを殴り倒した夏――興行収入だけでは測れない!映画『HiGH&LOW』ムーブメントに迫る』

『『HiGH&LOW』は〈国産の海外映画〉である。"EXILEへの偏見"が、かえって映画への没入を加速させた!』

『俺たちは劇場でEXILEとタイマン張ったんだ――『HiGH&LOW』でHIROが望むのは「親殺し」? 今後の展開を予想する!』

『『HiGH&LOW』は対ジャニーズ連合軍か!? テニミュ、ジュノンボーイ、メンノンetc…イケメンカルチャーの集大成を見た!』

『幼なじみ、義兄弟、闇堕ち…『HiGH&LOW』を見た腐女子が読み返すべき傑作BL40選』

cyzo_hl300.jpg
別冊サイゾー「想像以上のマネーとパワーと愛と夢で幸福になる、拳突き上げて声高らかに叫べHiGH&LOWへの愛と情熱、そしてHIROさんの本気(マジ)を本気で考察する本」

 あまつさえ、同じように脳を焼かれた方々に協力いただいて、勝手に考察本までつくってしまった。

 それほどまでに、『HiGH&LOW THE MOVIE』の衝撃はすさまじかったのだ。

 あらためて説明すると、「HiGH&LOW」とは、EXILE本体から三代目 J Soul Brothers、GENERATIONSにTHE RAMPAGE、劇団EXILE、そしてE-girlsまで、LDHに所属する面々が大挙して出演する、LDH製作の映画及び一大プロジェクトである。公開前〜直後は「EXILEファンしか観ない」という下馬評が大半だったが、前述の通り、本来のLDHファンではない層にまで突き刺さった。

 その理由としては、さまざまな要因があげられる。LDHのパフォーマーたちの肉体を活かしきったアクション、他事務所の俳優たちの名演、こだわりの音楽とカネのかかった映像、多すぎるキャラ数、ガバガバの設定と世界観……etc,etc。上記の記事やムック本では、そうした魅力をさまざまな角度から語った。それでも語り尽くしたとはいえないくらい、ハイローの沼は深かった。

 さて、この1年で何があったか? 1年前の時点でわかっていたのは、スピンオフ映画『HiGH&LOW THE RED RAIN』が公開されること、ドームライブ「HiGH&LOW THE LIVE」が開催されていることだけだった。『THE RED RAIN』を観る限り、物語はまだ終わらないらしい。続編をジリジリと待つしかない――そう思ったのは、杞憂だった。というか、ハイローをつくりだすLDHという組織をナメていた。

cyzo_hl_02.jpg
元旦に更新された公式HPの画面。正月早々血が滾った。

 2017年元旦、「HiGH&LOW」のウェブサイトが更新された。「謹賀新年」の挨拶と共に、「HiGH&LOW THE MOVIE2 8.19全国ROADSHOW! HiGH&LOW THE MOVIE3 11.11全国ROADSHOW!」という文字が並んでいる。やるのか。一気に2本も。

 そこから堰を切ったように、次々と新プロジェクトが発表されていった。3月にはマンガ家・CLAMPとのコラボ企画「HiGH&LOW g-sword」がスタート。5月によみうりランドとのコラボイベント「HiGH&LOW THE LAND & THE MUSEUM」の開催が発表され、6月にオープン。そうこうするうちに新作映画の情報も更新され、それぞれタイトルは『HiGH&LOW THE MOVIE2/ END OF SKY』および『HiGH&LOW THE MOVIE3 / FINAL MISSION』と判明した。タイトルの含意を考察しているこちらを置き去りに、新規追加キャストが発表され、予告映像、そして各キャラクターの新ビジュアルが公開され……またたくまに8月19日、『HiGH&LOW THE MOVIE2/ END OF SKY』公開日がやってきた(そしてTAKAHIROさんが結婚した。おめでとうございます)。

 率直に言って、『HiGH&LOW THE MOVIE2/ END OF SKY』も想像以上の素晴らしい出来栄えであった。おなじみの面々のキャラクターの作り込み、新登場キャラたちの味付けの濃厚さ、日本映画ではついぞお目にかかれなかったようなカースタント、観たこともない動きをするアクション、掘り下げられたストーリー……ハイローは、さらに強さを増して1年越しで再び殴りかかってきたのだった。

 今年も脳を焼かれることに悔いはない。まだ観ていない方の背中を押すべく、すでに観た方を再び劇場へ誘うべく、今年もサイゾーpremiumでは勝手に祭りを開催することにした。なお、今回も“達磨”は通していない点はご承知おきいただきたい。

■9/14公開予定『前回の予想も的中!加藤よしき×藤谷千明が語るハイロー新作映画のヤバさ』(対談前編)

■9/15公開予定『岩田剛典に畏怖と敬意を!加藤よしき×藤谷千明が語るハイローに残された課題』(対談後編)

■9/16公開予定『小説家も唸る! 海猫沢めろんが語る「『HiGH&LOW』新作の脚本ココがスゴい!」』

■9/17公開予定『山王連合会の正義とは何か? EXILEのドキュメンタリー番組からハイローを読み解く』


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ
    • 【情弱】という言葉の変遷史
    • 【あなたにおすすめ】広告のカラクリ
    • 進化する【情報商材】の最新手口
    • 蔓延する【コンサル】の誘惑
    • 【携帯ショップ店員】ぶっちゃけ座談会
    • 女性たちを惑わす【化粧品】の情報戦
    • 【セレブ】たちのSNSビジネスの裏
    • 世界のお騒がせ【インフルエンサー】
    • 【カニエ・ウエスト】は情弱か?
    • 【裏稼業】と情弱の摂取構造
    • 【ソシャゲ】開発者が語る炎上の裏側
    • 統計目線で考える【占い】の真価
    • 【診断アプリ】の危険な手口
    • 【不動産投資】詐欺まがいの手口
    • 【消費者庁】は被害者を救えるか?

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』