サイゾーpremium  > 特集  > アダルト  > アイドル“接触ビジネス”その最前線を探る【3】/握手がエロい【アイドル】選抜
第1特集
アイドル“接触ビジネス”その最前線を探る【3】

あなたも触れれば即座に勃起しちゃう!?握手がエロすぎるアイドル2017

+お気に入りに追加

――本誌編集部が取材をした多数のアイドルファンの声をもとに、いまもっともエロい握手をするアイドルを選出!

あなたも触れれば即座に勃起しちゃう!?握手がエロすぎるアイドル2017の画像1

■ガチ恋を誘引する包み込みスタイル
【1】小栗有以
15歳/AKB48 チーム8
「2万年にひとりの美少女」と呼ばれている、チーム8の筆頭エースで、握手会対応は48系グループ随一とも。両手でファンの手をしっかりと包み込む握手スタイルで、わずか15歳にして、すさまじい親密感を一瞬にして醸し出す超絶スキルの持ち主。顔の距離を40~50センチくらいにまで近づけてくれるため、女性への免疫に乏しい童貞マインドにあふれるファンならば、ほぼ一発で勘違いをしてしまう。要は、「私はあなたを好意的に見てるんだよ」とファンに思わせるわけだ。身体的なエロさがあるわけではないものの、手足が極めて細いため、「守ってあげたくなる」感も強く感じさせるのだという。


あなたも触れれば即座に勃起しちゃう!?握手がエロすぎるアイドル2017の画像2

■ズッキュンポーズと恋人トーク
【2】秋元真夏
23歳/乃木坂46
水着のソロ写真集も出している、乃木坂46の人気メンバー。握手会にはオフショルダーの私服で臨むことが恒例となっている。さらに下半身はミニスカートと肌の露出度が高く、露骨なエロさが特徴。手をピストルの形にして構える「ズッキュン」ポーズが定番で、初期は実際に「ズッキュン」と同時に指でファンの体を突いてくれたという。いまでも、リクエストすれば体の近くで突くフリはしてくれる。握手の際は「私も大好きだよ」「私に会いに来たんでしょ?」と、恋人前提の語り口で会話してくれる。ファンの両手を両手で包み込むような握手も得意技。恋人気分を味わえるのがたまらない。“天性の釣り師”といえるだろう。


あなたも触れれば即座に勃起しちゃう!?握手がエロすぎるアイドル2017の画像3

■「見えてましたよ!」で認知を演出
【3】宮崎由加
23歳/Juice=Juice
Juice=Juiceのリーダー、通称“ゆかにゃ”。ハロプロは基本的に、握手会時の衣装はステージ衣装のまま。握手はファンの手を両手で包み込むスタンダードなタイプながら、キュートなタレ目で上目遣いをしつつ、顔をぐっと近づけてくるのが特徴。「あざといまでにかわいい」ので、「あざかわ」と呼ばれている。ハロプロのアイドルは48系などと違って、「認知」(アイドルがファンの名前と顔を覚えていること。握手の際にアイドルの側から名前を呼ぶ)は基本的にナシなのだが、代わりに彼女は「ライブのときに会場の〇〇のあたりにいましたよね?」「目が合いましたよね?」とのレスをくれる。そうした健気な姿勢に惚れるオタが続出中だ。



ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年11月号

Netflix(禁)ガイド

Netflix(禁)ガイド
    • SNS時代の【アメリカ】動画
    • ケガしても【拡散希望】の狂気
    • 海外ポルノ界の【全裸監督】たち
    • 本家【全裸監督】の海外での評判は?
    • 【小林直己】ネトフリで世界進出
    • 世相を反映【ディストピアSF】傑作選
    • 【A-THUG】が推すドラッグ番組
    • 下品なだけじゃない【恋愛リアリティ番組】
    • 【恋愛リアリティ番組】一挙レビュー
    • 【みうらうみ】ネトフリドラマグラビア
    • ネトフリ人気作の【エロ依存度】
    • 【人気作6作】のエロシーン検証
    • 【奈良岡にこ】再生数アップのサムネ術
    • 【スタンダップコメディ】作品のトリセツ
    • 【スタンダップコメディアン】が語るAマッソ問題
    • 【クィア・アイ】と女言葉翻訳の問題
    • 【差別語】翻訳の難しさ
    • 配信で見返す【90年代ドラマ】
    • タブーな【民法ドラマ】6選

収監直前ラッパーD.Oの告白

収監直前ラッパーD.Oの告白
    • 【ラッパーD.O】悪党の美学

NEWS SOURCE

    • 【関電スキャンダル】3つのタブー
    • 【あいちトリエンナーレ】騒動の余波
    • 【浜崎あゆみ】ドラマ化と引退疑惑の真相

インタビュー

    • 【松本妃代】──実は踊れる演技派女優
    • 【FUJI TRILL】──モッシュを起こすヒップホップDJ
    • 【Neon Nonthana & Eco Skinny】──カップルの日常ラップ

連載

    • 表紙/福井セリナ「ポッと入ったんです。」
    • 【石田桃香】紫に包まれる肢体
    • 【真帆】がいるだけで
    • 【日本】で新しいことができないワケ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(後)
    • 追悼【高須基仁】という男
    • 不要な【アレンジ】おもてなし魂
    • 【Lizzo】女性MCたちの一斉開花
    • 町山智浩/【ハスラーズ】ストリッパーの逆襲
    • 【アメリカに依存する】日本のサイバー戦争対策
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/TOKIOの晩年
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【愛がなんだ】がヒットする日本のヤバさ
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元エンジニアが作る【古代クジラ】を冠したビール
    • 更科修一郎/幽霊、TVの国でキラキラの延長戦。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』